FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

美しいポット

今日ご紹介するポット瓶子は、
加藤さんが初めて作られたポットです。
形も加藤さんのオリジナルです。

19_kato_0299.jpg
加藤財 ポット黒 瓶子 12,960円
容積350cc


器の美には色々な観点からの美があります。
民藝運動から用の美。
インダストリアルデザインからの機能美。
茶道からの侘びの美。

19_kato_0300.jpg

このポットにはそれぞれの美を引き継ぎ、
活かしている美があると思っています。

加藤財さんのポットや急須が、
キレが良いのはみなさま承知の事実となっています。
注ぎ心地の良さは不思議なほどお茶の味を左右すると思います。

19_kato_0302.jpg

ただ、ここで言う味は、
ストレートなお茶の味という意味ではなく、
お茶をいただく時の環境で、
味わいが変わるに似ています。

19_kato_0301.jpg

雰囲気の良いカフェで心穏やかにいただく時や、
景色の良い席で伸びやかな気持ちでいただく時のように、
一杯のお茶でリフレッシュできる時間になるに似ています。
時空を追求するお茶室での一服にも似ていて、
侘びの美に共通するものがあります。

加藤さんの魅力ある形の特徴として、
丸みが人気ありますが、
その丸み・曲線の美しさも、
この瓶子ポットが原点です。

少し緊張感のある特別な姿で、
使い勝手ではなくデザインと思われる方がいますが、
逆です。
お茶を入れることに関しては機能美です。

一例として高台の径を比べると、
安定感のある気がする丸型のおよそ1割り増しで、
安定感は良いくらいです。
この語りから生まれる注ぎ具合は、
細く静かに注ぐ時に繊細なコントロールができます。

お茶を入れる目的に対して、
総合的な評価でいえばまさに用の美のポットです。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

華やぎのあるデザートカップ

デザートカップは日常の惣菜を盛り付ける器よりも、
少し花があって欲しい器です。

カップ部分とステムの構成は、
デザートカップは日常の惣菜を盛り付ける器よりも、
少し花があって欲しい器です。

18_mimata_0180.jpg
巳亦敬一 デザートカップ 紫 4,212円
径11cmH8.2cm


カップ部分とステムの構成は、高坏形で少し晴れの器感が出ます。
スイーツを盛り付けたり嗜好品を盛り付けるのが中心で、
器にも華やかさが備わって欲しい器です。

18_mimata_0171_20190112110531c0f.jpg

巳亦敬一さんのデザートカップには、
まさにその華やぎがあって、
甘庵には共通の印象が重なります。
デザートカップが花そのものに感じます。

18_mimata_0170_201901121105293e8.jpg

多様な花があって色や形がそれぞれでも、
花には心華やぐの力が備わっています。
巳亦さんのデザートカップを並べると、
競ってさく花が並ぶようです。

18_mimata_0172_20190112110532236.jpg

ゆったりとした膨らみのカップと、
支えるステムからベースのしつらえが、
花弁や蕚のイメージが重なるデザートカップです。
 
                  甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

でっかい鉢の魅力

今日ご紹介するのは、光藤佐さんの粉引片口鉢八寸です。
両手で持つ感じのサイズです。
このたっぷりサイズの存在感がいいです。
料理好きの方、食べるのが大好きな方には、
オススメのサイズ感なのですが・・・。

17_mitufuji_0061.jpg
光藤佐 粉引片口鉢8寸 19,440円
W25.3cmD21.7cmH9.5cm


でも家族数が少なくなり盛り付けす分量が減り、
健康のために糖質カットするために分量が減りで、
出番が少なくなっているのかな。

17_mitufuji_0060.jpg


甘庵も同じような鉢をいくつか使っていて、
もちろん毎日にようにとは行きませんが、
それでも出番があります。

17_mitufuji_0061.jpg


まずは友人たちの飲み会の時、
ど~んと大胆不敵な盛り付けで、
超適当な手抜きの料理をカバーしてくれて、
ちょっと美味しそうに見えます。

17_mitufuji_0062.jpg

そうなんです。
たっぷりの大きさとゆとりのある盛り付けが、
料理が本格的に見えるしつらえになります。
盛り付ける甘庵も実に心地よく、
料理することが楽しい時間になります。

今日は暑くなってきました。
とりあえずは素麺を茹でて、
氷水の中に泳がせて、
ひんやり感をいただくことにしましょう。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

次のページ

FC2Ad