FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

うつろう四季の情景が見える器

早朝に車で出かけようとしたところ、
黒っぽい車の屋根が白くなっていました。
露が降りていました。
よく晴れていて放射冷却があったためですね。
走り出せば嘘のようにすぐに乾いて消えてしまいます。

18_mitufuji_0352.jpg
黒釉7寸兜皿 8,580円
径21cmH4.3cm


先人たちが儚さのたとえとして、
短歌などに詠み込まれていたのがよくわかります。

18_mitufuji_0354.jpg

光藤佐さんの黒釉の器には、
露が降りたさまを思わせる表情が見て取れるものがあります。
画像の黒釉兜鉢にも黒い釉薬の銀沙を蒔いたような窯変が見えます。
黒釉の中に多く含まれる鉄などの金属が、
釉の表面に結晶化しています。

18_mitufuji_0353.jpg

高温で焼成された窯の中で起きる現象で、
予期してコントロールから生まれるのですが、
絵を描くように確定はせず、
どうしても窯の神様に委ねる部分が多く、
それは人工的でありながらも自然現象に近くて、
生み出せれる釉調などの仕上がりには、
四季折々の情景や風景を思わせるものが多くあります。

18_mitufuji_0355.jpg

そこが手仕事ならではの趣です。
ムラの無い、均一で、違いが出ないように、
完成度を求める高い技術で生み出す量産品も、
それはそれで凄いことですが、
どうも甘庵は一つずつ顔つきの違う器に心惹かれ、
身の回りにはそんな器を置きたく、
肩を持ってしまいます。

               甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

さりげないのは技があるから

さりげないのは技があるから
今日ご紹介するのは巳亦敬一さんの新スキシリーズで、
人気定番の楕円デザートカップと同型です。
カップ部分を紫にベース部分を赤茶にアレンジした、
さりげないのですが手の込んだ逸品です。

19_mimata_0426.jpg

巳亦さんのファンになっていると、
カップ部分が楕円になっていることも、
自然と受け入れて見てしましますが、
これが吹きガラスの器として普通ではありません。

19_mimata_0427.jpg

丸く作るまでは吹きガラスの基本です。
丸いカップを左右から押せば、
へしゃげて楕円・・・・ぽくなります。
でも寄せた部分の縁が高くなり、
押されなかった部分が下がる感じになります。

19_mimata_0425.jpg

巳亦さんの楕円デザートカップでは、
柔らかなガラスを寄せて変形させた気配を残す程度で、
カップの縁はほぼ平らです。
そうなんです。
ここにさりげない技が盛り込まれているんです。

19_mimata_0428.jpg

紫のカップ部分もよく見ていただくと、
均一に紫なのではなく、
連続的な点文様になっています。
同様にベース部分も金属的な光沢があります。
これも一手間かけた焼き付ける手法が施されています。

手間がかかっていてもこれ見よがしではなく、
さりげなくデザインされていて、
手に入れ使う方が使うこむほどに、
じんわりと滲んで来る愛着が湧くような、
仕掛けになっています。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

注いでも花入れに見立ても楽しみ

朝から爽やかな秋晴れの荻窪です。
窓際の棚に並ぶ荒川尚也さんのガラス器たちも、
朝の日を受けて心地の良い煌めきをみせてくれています。

18_arakawa_0147.jpg
アワ水差し 17,280円
W22cmD10.5cmH23.5cm


とりわけ中でも背のたかいアワ水差しが、
本体の面部分と丸から注ぎ口のある縁と、
さらに中空でしつらえた取っ手が、
それぞれの表情で輝きをみせてくれています。

18_arakawa_0148.jpg

たっぷり入る水差しとして使うときに、
巧みなホットワークで作られた、
しっかりしたハンドルとキレのある口が、
動きを楽しめる道具としての性能を堪能できます。

18_arakawa_0149.jpg

また水を入れた水差しは、
本体に満ちた水がレンズの効果を見せて、
通してみる景色を歪めたり、
光を集め虹もみせたりと、
エンターテーメントを見せてくれます。

18_arakawa_0150.jpg

さらに口やハンドルがある姿と、
高身長のフォルムから、
花入れとして見立て使いを誘惑します。

実際に水差しとしてより初めから花入れとして、
お求めいただきご愛用されているお客さまも、
少なくありません。

水差しでも花入れでも使う楽しみがありますが、
ただ眺めているだけでも変化のある姿は、
見飽きないアワ水差しです。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。
次のページ