FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

陶器の楽しみはゆとりから

ほとんどの方が家庭や外食など身の回りで飲食する時に、
焼き物の器を使っていると思います。
ただその多くが炻器や磁器です。

19_fujita_0568.jpg
藤田佳三 粉引飯碗 3,240円(特別価格品)
径11.8cmH6.2cm


焼き物にはもう一つ陶器がありますが、
こちらは好んでお求めになり使う方と、
器の管理に目が届く和食のお店に限られています。

理由は丈夫さや使うことでの変化と、
手仕事の制作が中心になり、
磁器や炻器にはある量産品がなく、
手仕事の価格になる点などだと思います。

19_fujita_0569.jpg
粉引の魅力は柔らかな白い表情だけはなく、
使い込んだときに現れてくる、
貫入や釉下の化粧土の変化を楽しめることです。


素地の硬さという点では、
磁器や炻器に比べて陶器は理屈上は不利ですが、
しっかり焼かれたものであれば、
わずかな差で、むしろ扱う側の心次第の問題かと、
うつわ好きとしては弁護させて欲しいところです。
19_fujita_0570.jpg

扱い方という点でそれはそのまま変化にも関わります。
オーバーに言えば抹茶を点てるお点前で、
茶を点てる前にまずは茶碗に湯を注ぎ、
茶碗を温め湿らせる所作がありますが、
このルーティーンが陶器への思いやりの凝縮形です。

陶器は磁器や炻器に比べて、
素地に吸水性があります。
そこに飲食することで時間とともに、
釉薬の貫入や素地の変化して行きます。
これを汚れと感じるが侘びたと感じるかが、
陶器のオーナーになるかの分かれ目です。

19_fujita_0571.jpg

そこで茶道の所作になります。
染み込む要素のある素地に湯を染み込ませて、
急激に染み込むことを避けて、
少しずつ長く愛用することで、
変化ではなく二つと同じにはならない、
自分好みの景色に染めていく、
育てていくことを楽しむという、
かなり偏った美意識かもしれません。

それでもお気に入りの器が、
使い込むほどに侘びていくさまは実に楽しものです。
ただ碗や鉢や皿を湯や水にくぐらせ湿らせて、
同時に器を温めたり冷やすことにもなり、
料理の冷まさず、温くならない効果もありますが、
そこには心のゆとりが求められるようです。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

黒い器は夏も似合います

熱帯低気圧に変わっって台風が、
関東地方に暑くてしているようです。
荻窪も朝からどんどん気温が上がってきています。
最高気温37度という予報の数字を見ただけで、
ぐったりしている甘庵です。

18_mitufuji_0038.jpg
光藤佐 黒釉八角鉢6,5寸 7,020円
対角18.5cmH7cm


暑さに負けてはいられません。
水分補給と同時に三食きちんと食べることも、
夏バテ防止につながるはずです。

18_mitufuji_0039.jpg

そこで食欲増進になるスパイス・・・ではなく、
スパイシーな器をご紹介します。
光藤佐さんの黒釉八角鉢六寸五分です。
なんでも美味しく盛り付けられ、
ともかく使い勝手が良い器で、
ベストセラー器なのです。

18_mitufuji_0040.jpg

お求めになった方は、
あまりの使い勝手が良く、
さまざな料理を盛り付けて、
四季を通して楽しんでおられます。

18_mitufuji_0041.jpg

確かに季節にかかわらず一年中使える器ですが、
意外なほど夏が似合います。
不思議と涼感を演出でき、
夏野菜をふんだんに使ったおかずサラダや、
冷やし中華や冷製パスタ、
ただ素麺を泳がせても、
実に美味しそうで食欲を増す見栄えになります。

それはちょうど料理にスパイスを効かせるような、
働きにも似ていて食欲増進効果を促すほどです。
夏の器としてお勧めします。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

隅切りは作り手の優しさ

藤田佳三さんから少しだけ入荷がありましたが、
まずはご登録いただいている方へお知らせメール発信すると、
あっという間に大半がご縁をいただいてしまい、
残りはわずかになってしまいました。

19_fujita_0514.jpg
藤田佳三 染付隅切四方小皿
W15cmD12.5cmH3cm


藤田さんのファンの方はとても熱心な方が多いのですが、
それ理由は使っていただくとすぐにわかります。
絵付けが綺麗でおしゃれなデザイン・・・。
確かにそれもありますね。

19_fujita_0516.jpg

でもその先が器作りとしての密度の濃いデザインが、
本当の魅力だと思っています。
例えばご紹介している隅切四方小皿です。
五寸四寸長方形の使い勝手の良いサイズの小皿です。

19_fujita_0515.jpg


名前にある隅切りがミソです。
デザインとして手を加えただけはありません。
普通の角皿では90度の角が生まれます。
デザインとしてシャープなのですが、
使い込むうちにヒットしてしまうことがあります。

19_fujita_0517.jpg

隅切りにすることで135度の鈍角になり、
圧倒的にヒットする危険度が下がります。
お気に入りの器は毎日のように使いたいものです。
これが作り手藤田さんの思いやりのあるデザインです。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

次のページ