FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

長く使い込んだ先に完成する表情が楽しみな鉢

西から始まり東海までは、
今年は早い梅雨入りでしたが、
関東はまだですが、
今日は朝から雨がしっかり降り、
風も吹き出して梅雨寒のような1日になりそうです。

17_mitufuji_0166.jpg
粉青総刷毛目舟形鉢7寸 9,020円
W23cmD17cmH7.8cm


換気で前回のの窓から流れる外気で肌寒く感じたせいか、
しっかり味のしみた煮物が頭に浮かびました。
盛り付ける器はしっかり焼けて、
こっくりとした表情を持っている・・・。

17_mitufuji_0167.jpg

光藤佐さんの粉青総刷毛目舟形鉢7寸がイメージにぴったり。
轆轤挽き後に楕円に歪めて縁に独特の切り込みが施されています。
異国感のある不思議な造形ですが、
料理の収まりが良く美味しそうに映えるのが、
疑いもなく想像できます。

17_mitufuji_0168.jpg

粉引でも少し淀んだ白なのは、
穴窯で焼かれ窯の中に舞った灰による、
少し自然釉の表情を持っているからです。

17_mitufuji_0169.jpg

しっかりと芯から焼き切られているので、
硬く丈夫です。
その分粉引として使うことでの変化が、
容易くは期待できません。
使って使って長年使い込んだ先には、
絵もいわれぬしっとりと侘びた器が期待できます。

                甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

全部丸い急須

朝から晴れて新緑が眩しい荻窪です。
コロナ対策もありますがまず開け放った窓から、
この季節ならではの心地の良い風が流れてきます。

20_kato_0315.jpg
加藤財 急須後手 黒丸 11,000円
容積280cc


外は気温が上がっても、
開店前の照明を点灯していない時には、
実にほどよい気温です。

20_kato_0316.jpg

起きてすぐのコーヒーをたっぷり飲んで、
動き出して一仕事終え、
一息ついた時には緑茶にしたくなります。
番茶でもいいんです。
上等なお菓子でなくでもいいんです。
少し甘いものと一緒にいただきながら、
午後に向かっての仕事の段取りを考えながら、
リフレッシュしてリスタートします。

20_kato_0317.jpg
蓋のつまみ、取手の面など、
ディテールの隅々まで丸い急須です


器好きとしてはここで大切なのが、
お気に入りの急須と茶碗。
甘庵はもちろん財急須。
数個ある中から気分でチョイス。
湯呑みは季節で変えたくなることが多いですね。
今時分は白磁が多くなりますね。

20_kato_0318.jpg

注いで入れるその流れの時間も、
面倒なのではなく切り替えするのに大切な時間で、
注ぐ時の香りや操作感や器の肌合いなどなど、
楽しめる要素がたくさんあります。

今日の5/14金からの巳亦敬一彩ガラス展の、
HP用の撮影も頑張れそうです。

                甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

濃いめのコーヒーはほどほどのカップが美味い

カフェイン中毒なのかもと思うことがあるほど、
甘庵は日に何倍もコーヒーを飲みます。
比較的煎りの深い豆が好みです。

基本はペーパーフィルターを廉価版のドリッパーで、
コーヒー用にしている銅打ち出しの鍋に2〜3杯分とおとしています。
加熱したい時にも火にかけすぐに温まるのでそうしています。

20_onodera_0650.jpg
小野寺友子 白磁カップ 3,300円
左:径9.2cmH6.5cm
右:径8cmH7cm


濃いめのコーヒーも好きなので、
最近は少し時間のある時や気分転換の場面では、
昔ながらの直火にかけるタイプの、
エスプレッソマシンでも楽しんでいます。

20_onodera_0649.jpg

普段のドリップコーヒーは、
ワンカップほどの容量のマグカップで、
砂糖もミルクもなして飲んでいるますが、
エスプレッソマシンの時には、
ミルクをいれて楽しむことも多くなります。

20_onodera_0651.jpg

面倒な時にはカフェオレ式にそのままですが、
ミルクをかき回して気分だけは、
ラテとかカプチーノ風で味わうこともあります。

20_onodera_0653.jpg

でそんな時には、
いわゆるコーヒーカップサイズの方が、
容量的には程よい感じに収まります。
エスプレッソのままの時には、
さらに小ぶりはデミタスカップにした方が、
コーヒーは嗜好品なので、
器もとても大切になります。
カップの口当たりの違いなどでも、
味わいが変わるのでそのチョイスも、
楽しみになります。

                 甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

次のページ