FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

白磁なのに濁りが魅力

光藤佐さんの作り出す器には、
何気ない姿なのに真の強さを感じます。
特に穴窯での焼成が中心になり、
造形だけでなく表情にも重厚さが加わり、
備えていた使うほどに染み出すような魅力が、
より増してきています。

17_mitufuji_0231.jpg
光藤佐 白磁鎬飯碗 大 5,500円
径12.3cmH6cm


ご紹介する白磁飯碗も、
基本形を変えることなく作られて期待ますが、
穴窯になってから濁りのある釉調や、
高台周りの土見せ部分の緋色の発色など、
器好きの気持ちをぐっと引き寄せます。

17_mitufuji_0232.jpg

光藤さんの鎬は片彫りで、
エネルギッシュな力強い稜線が印象的です。
四季折々の陰影を生み出して、
力強く存在感のある造形ですが、
1番の魅力はご飯の味わいを引き出し、
美味しく味わえることです。

17_mitufuji_0233.jpg

それも白磁でありながらも、
穴窯焼成で薪の灰や炎で、
緑がかった濁りの釉調が、
渋さと落ち着きを与えて、
ご飯が主役になるような構成に、
仕上がっているからです。

17_mitufuji_0234.jpg

器としての魅力にも、
食器としても力にも、
濁りのある白磁が生かされています。

            甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

実践的な器としてオススメ

器の数を絞って選択するときにオススメ
色々使いまわし出来る器としてオススメ
悩まず盛れば美味しそうになるのでオススメ
軽くて使い勝手の良い陶器としてオススメ
とオススメ度の高い丼鉢をご紹介します。
久保田信一さんの栗虎釉丼大です。

18_kubota_0221.jpg
久保田信一 栗虎釉丼大 4,620円
径17.5cmHc7.5m


鉄釉薬を上手に使う久保田さんならではの、
白い陶器の素地と焼成法を生かして、
黄色茶系の発色の器です。

18_kubota_0223.jpg

黄色い器はとても料理映えがします。
伝統の器としても黄瀬戸や黄伊羅保や交趾焼などが、
黄色い釉肌の料理映えから古くから愛されています。

18_kubota_0222.jpg

久保田さんの栗虎釉は黄瀬戸や黄伊羅保と同じ理屈の、
鉄を酸化炎よりで焼くことの発色です。
料理を邪魔せずに素材を美しく見せて、
美味しそうにする後押しをしてくれる器です。

18_kubota_0224.jpg

そしてこの丼鉢は使い勝手として日常的で、
持って食べやすくかつ置いても安定性があり、
色々使えてパーソナルな器として使い勝手が良い器です。
それでいながらも気品のある佇まいを持っていて、
晴れの場には盛り鉢として使える頼もしい器です。

釉を流して文様を描く方法なので、
ちょっぴり不思議で馴染みの少ない表情ですが、
半ば自然任せの絵柄ゆえに懐広く料理を受け止めてくれます。
使っていただくと意外だ〜と思われる方が多く、
想像とは別次元で使いやすいと気づかれることでしょう。

                甘庵
 
ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

季節感が薄くなるから使いたい飯碗

寒暖差はあってもやはり暖かな冬なのでしょう。
積雪する季節になっても雪が少ないようです。
どこか四季が曖昧になっているようで、
異常気象をじんわりと感じます。

18_chujo_0242.jpg
中條正康 飯碗小 3,850円
径11.5cmH5.5cm


四季折々を楽しませてくれる草花が、
季節に咲かなくなるのはみたくないですが、
この先の世代の人々にはありうることかもしれませんね。

18_chujo_0243.jpg

四季があることは日本の文化風習には、
大切な前提になります。
ご紹介している中條正康さんの飯碗小は、
椿文と梅文が描かれています。
早春の季節を愛でる花になりますが、
それを実体験として汲み取ることができなくなると、
可愛い花文様としてだけになってしまいそうで、
悲しい気持ちになります。

18_chujo_0244.jpg

この飯碗は現在では小ぶりと感じる方も多いサイズですが、
おかわりする習慣が普通だった食卓では、
特別小さいとは思えないサイズ感でしたが、
副菜が増えてご飯のおかわりすることが減り、
この飯碗の一膳では確かに物足りないサイズかもしれません。

でも近年は糖質カットというヘルシー志向もあり、
ご飯量を気にしている方にはオススメですね。
それに可愛い季節の花文を楽しむことで、
少しでも食欲をすり替える事に役立てるかもしれません。
さらに小鉢としても思いのほか使い勝手の良いサイズです。
それも器の出番が多くなり食卓に季節感を添えられます。

                    甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

次のページ