fc2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ガラスよりやきものの手法

荒川尚也さんの個展も最終日になりました。
まだご紹介したいものがたくさんあるのですが、
今日はつけ口ピッチャー細をご紹介します。


YouTubeのつけ口ピッチャー細の部分が見られます

ガラスのピッチャーや片口などの口つくりは、
溶けたガラスの特徴を生かした作り方で、
つまんで伸ばして形つくることが一般的です。

22arakawa_0067.jpg
ブルーグレー

ご紹介しているつけ口ピッチャーは、
名称の通り注ぎ口部分を別パーツを取り付けています。
やきものなどではみられる方法です。

22arakawa_0069.jpg

それもあってか甘庵には、
ピッチャーをあっても、
和食器に見えて仕方ありません。

22arakawa_0068.jpg

澄んだ素地の素材感や、
フォルムや手の加え方などから、
甘庵は荒川さんのガラス器からは、
和のテイストが感じ取れ、
手仕事の和食器との取り合わせが、
とても自然になると思っています。

22arakawa_0070.jpg

とはいえ、今は普通に和の食文化の中で、
ワインや洋酒を楽しむので、
違和感少なく融合できるガラス器として、
働いてくれていると思います。

                甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

馬上の響きにからはロマンが

開催中の荒川尚也さんの個展から、
馬上盃をご紹介します。


YouTubeの馬上盃の部分が見られます

22arakawa_0078.jpg
荒川尚也 馬上盃 4,620円
径7cmH10.6~11.4cm


「馬上杯・ばじょうはい」と言われるものは、
古くからあって馬上でお茶を飲むのに使われたとか。
そんな勇猛果敢ながら茶を嗜むロマンのある形が、
戦国武将の茶人たちのマインドにヒットしたのかもしれませんね。

22arakawa_0081.jpg

荒川さんは知っていてあえて杯を盃にしていると思います。
姿をリスペクトして酒器として盃としたのでしょう。

22arakawa_0079.jpg

馬上盃を作り出した頃の甘庵の印象でのフォルムは、
もう少し無骨だった気がしています。
モデルチェンジを重ねて今の少しに優雅な方に振られて、
エレガントになっています。

22arakawa_0082.jpg

冷酒を楽しんだり、
リキュールグラスとして、
多様な彩りを楽しんだりするのに、
ピッタリで人気のグラスです。

              甘庵
   

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

素のガラスの魅力を楽しめる水指

開催中の荒川尚也さんの個展から、
カエル水指をご紹介します。

22arakawa_0021.jpg
荒川尚也 カエル水指 13,200円
W29.7cmD8cmH15cm


古くからのファンには素のままの、
アワ文がなかったり少ない器を愛用する方が、
多くいらしゃいます。
カエル水指はまさにそんな器です。

22arakawa_0023.jpg

荒川さんのガラス器の一番の魅力と特徴は、
美味しそうに澄んだ素地です。
カエル水指はその素地を堪能できます。

22arakawa_0022.jpg

吹きガラスで作った素地に見える、
息で膨らみ伸びていったあとからは、
動きのある溶けた素地を感じ取れます。

22arakawa_0024.jpg

柔らかなガラスをつまみ出した整えた口や、
坩堝から引き出した溶けたガラスを、
伸ばしてハンドルを付け動きも想像できます。

丸い腰と変形しつまみ出した口と、
別パーツでつけたハンドルと、
アワ文がなくても景色の多い造形を持つ、
カエル水指は使って楽しいガラス器です。

                  甘庵
  


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

次のページ