FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

欲張りな使い勝手の盃

今日ご紹介するのは、
荒川尚也さんのほう珪酸茶盃クリアです。
荒川さんらしい澄んだ素地の小ぶりのグラスのようですが、
なかなか多用性を備えた盃です。

19_arakawa_0740.jpg
荒川尚也 ほう珪酸茶盃クリア 4,290円
径6.5cmH5.4cm


荒川さんの工房で調合されたオリジナルの素地の、
耐熱ガラスのほう珪酸ガラスで作られています。
工房内のテストで常温23度で98度のお湯を注いでクリアしています。
つまりほとんどの日常の使い方ができます。
普段ガラスではできない陶器や磁器のような使い方が、
ほぼクリアできるガラス機です。

19_arakawa_0741.jpg

本来の目的の熱いお茶を楽しむように、
熱い飲み物全般がいけます。
熱燗も0Kですね。
暖かい料理の盛り付けもできるので、
見た目にインパクトがあるしつらえが楽しめますね。

19_arakawa_0742.jpg

アワ文のないプレーンな盃のようですが、
腰部分には細かいモールが施されていて、
素地の調合からか白い煌めきが楽しめます。

19_arakawa_0743.jpg

液体が注がれると煌めきが強く見え、
注いだり飲み干したりで変化する、
光の演出が美味しさを後押しします。

使い方の工夫で広がりの生まれる、
欲張りな使い勝手を楽しめる盃です。

              甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

応援グッズのグラス

色々な○○の秋がありますね。
人それぞれに思い浮かべる秋があると思います。
甘庵はすぐに実りのとか収穫のとか、
食べ物がはじめに思い浮かんでしましますが、
この秋はラグビーなど日本チームや選手が活躍する場面が多く、
スポーツの秋を感じています。

19_arakawa_0779.jpg
荒川尚也 カーフグラス アワ 4,730円
径9.6cmH12.2cm


観戦しているとついつい力が入り熱くなります。
冷却のためには扇風機やエアコンの空冷方式もありますが・・。
ここは液体でヒートダウンさせる水冷方式を選びたいところ、
まぁー水というのも味気ないので泡が立ったりするものを、
その場合にはお気に入りのグラスだとなお気持ちよく美味しく。

19_arakawa_0781.jpg

というわけでオススメするのか、
荒川尚也さんのカーフグラスアワです。
いわゆるゴブレットなのでマイグラスとして、
ビール、ワイン、お茶、コーラ、ジュールと、
お好きな飲み物を楽しめます。

19_arakawa_0780.jpg

飲み物の色うつりが良く、
口当たりの良さと掌の良さで、
飲み物が一層美味しくなるグラスです。
そこに観戦の楽しみが加わるのですから、
なお一層美味しく味わえることになります。

19_arakawa_0782.jpg

美味しくて飲み過ぎてしまい、
クールダウンではなく、
かえって気持ちは熱く盛り上がってしまうかも。
それもまた良しということにして、
美味しい応援グッズとして、
熱く応援していきましょう。

             甘庵
              

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

使い方を一捻りしたくなるグラス

開店前に倉庫へ行った来たのですが、
空が澄んでいるのか秋の陽が刺す感じでした。
気温もどんどん上がり十月としては暑い日になりました。

19_mimata_0097.jpg
巳亦敬一 台付グラス メッシュ B 4,400円
径8.5cmH11.5cm


今日ご紹介する器を、
単純な甘庵は直ぐにガラスを選んでしまいました。
巳亦敬一さんの台付グラスメッシュBです。

19_mimata_0098.jpg

少し大人っぽい落ち着いた青で、
さてさてどうやって作り出すのか、
斜め格子状の文様に仕上がっています。

19_mimata_0099.jpg

安定感と使い勝手が良いガラス塊の台は、
金属を焼き付けた質感の赤茶で、
青いメッシュ文を引き立てています。

19_mimata_0100.jpg

透け感を残しながらも、
文様のあるカップと安定した台付グラスは、
飲み物だけではなく一工夫して、
デザートや料理などを盛り付けたくなります。

              甘庵
    

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。
次のページ