FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

不思議な形の五寸五分鉢

今日ご紹介するのは印象深い形の、
光藤佐さんの粉青総刷毛目船形鉢五寸五分です。

17_mitufuji_0174.jpg
粉青総刷毛目舟形鉢5.5寸 5,400円
W17.5cmD12cmH6.3cm


器としては不思議な形ですね。
器に多いのは圧倒的に丸い形で、
それ以外だと楕円や正方形や長方形です。
その視点から見れば、
変形した楕円にさらに切り込まれていて、
多くの方には初めて見る形に、
まず線を引いて眺めてしまうのではないでしょうか。

17_mitufuji_0175.jpg

でも自然界の造形はバリエーションが豊かで、
斬新なデザイン以上に激しい造形もあります。
器に多い丸い形は造形としてよりも、
作る工程から管理しやすく生産効率が高いという点が、
大きく左右しています。

17_mitufuji_0176.jpg

器が一つづつ作る特別なものであった、
縄文土器にはエネルギッシュな造形が多く、
器に込められた魂が感じられ、
器を受け止める側の覚悟も存在していたと、
感じ取れる造形でありデザインです。

17_mitufuji_0177.jpg

焼き物の器は近世までは今よりも貴重で、
製造にも移動運搬にも苦労があって、
手に入れ使う気持ちに重みが現れていたと思います。

量産方法として轆轤で作られた円形が、
ただ慣習として繋がり型物で増産され、
安定した工業窯で生み出せれた器に慣れて、
手仕事のテンション高い器に、
距離を置いてしまう方も多いのかもしれませんね。

でもご紹介している器を一つ手に入れて、
いつもの料理を盛り付けると、
料理と器の関係の深さや、
食の存在や思いや感じ方が変わると、
信じて疑わない器好きとしては、
少しでもそう感じてくれる方へ、
一人でも多く橋渡しして行きたいと思っています。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

澄んだ素地だからこそのデザイン

桜は満開ですがこの週末は花冷えのようです。
荻窪は曇りで日差しがないのでますます寒く感じます。
荻窪銀花の前を通りバスの経路には、
なかなか見ごたえのあるお花見名所があります。

18_d_arakawa_0052_201903301210260b4.jpg

オススメなのは善福寺公園と石神井公園です。
どちらも池を控えていて、
水辺に映る桜はより映えて見えます。
そのお花見の帰りに途中下車して、
ぜひご来店ください。

18_arakawa_0053.jpg
荒川尚也 ヨーグルトカップ 4,104円 
径9.2cmH7.8cm


さて今日のご紹介する荒川尚也さんのヨーグルトカップは、
控えめな文様ながら気持ちにすっと入って来る、
長く楽しめるデザインです。

18_arakawa_0051.jpg

荒川さんのアワシリーズは人気が高く、
華やかさに定評のありますが、
このヨーグルトカップのアワは、
ぽちぽつと小さな気泡が入るディップシリーズで、
発泡させているアワシリーズとは違う作り方です。

18_arakawa_0055.jpg

どちらにも共通しているのは、
澄んだ素地があってこその美しさです。
でも澄んだ素地をより味わえるのは、
ディップシリーズだと思います。

素地を凹ましてその部分に、
ガラスをかぶせて空気を閉じ込めます。
作る過程や溶けたガラスの柔らかさを、
受け取りながら使える楽しさが、
器好きの甘庵にはしびれるツボです。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

ワンランク上の器選び

今朝は手がかじかむような花冷えの荻窪です。
その分満開になった桜を長く楽しめると良いのですが、
また急に初夏のような陽気になりそうなのが、
この頃の天気なので思うようにはいかないのでしょう。

19_fujita_0027.jpg
藤田佳三 褐釉輪花四方皿 大 3,450円
□15cmH3.5cm


今日ご紹介する渋目の皿は、
華やかな赤絵や絵付けが人気の、
藤田佳三さんの褐釉輪花四方皿です。

18_fujita_0166.jpg

藤田さんファンの多くが見過ごされているようですが、
古いファンやプロの料理人に選ばれる、
渋い釉薬のシックな器です。

18_fujita_0168.jpg

それは美味しそうに料理を盛り付けるには、
最高のパートナーになって、
手助けをしてくれる器だからです。

18_fujita_0167.jpg

飽きが来ることなく、
様々な料理を受け止め盛り映えさせて、
華やかな一品に仕上げてくれる、
魔法のような皿です。

18_fujita_0169.jpg

輪花仕立てや四方皿が、
上品な佇まいを持った姿で、
毎日の気軽な料理でさえも、
おもてなしの華やかさを演出してくれます。
ワンランク上の器選びを考えているなら、
ぜひオススメしたい皿です。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

使うと違いがわかる八寸皿

画像だとなおですが、
手に取っても普通の八寸皿ですが、
使ってみると・・・違います。

16_open_1004_20190326105131bb0.jpg
小野寺友子 白磁八寸皿 5,400円
径25cmH4.5cm


使い勝手も良いですが、
それよりも料理が美味しそうに盛り映えします。
白磁の釉調や質感がポイントになります。

16_open_1005.jpg

グレーがかったレトロな質感の素と、
自家製の少し青みがった釉調とあいまって、
どこか時代がかった仕上がりです。

ぱっと見は無地でシンプルな八寸皿ですが、
小野寺さんの器に共通のモダンで美しいフォルムは、
多様な料理を軽やかに受け止めて、
美味しそうに引き立ててくれます。

16_open_1006.jpg

見込みのカーブにもポイントがあります。
八寸の大きさの皿を多様に使うのに、
実に具合の良い仕立てられていて、
食材を生かして美しく盛り付ける、
プレートはもちろんのこと、
そこそこのソースや汁も受け止められて、
平たい鉢としても使えます。

小野寺さんはマイプレートとして、
ランチがほとんどこの一枚で用が足りていまい、
器やとして不味いもの作ってしまったかもと、
冗談を行っていましたが、
本当に豊かなランチプレートの盛り付けにもピッタリです。

                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

サンカンシオ〜ン家呑み

昨日元々お客様ですが友人・・・いや呑み友のOご夫婦が、
気に入っているグラスの補充にご来店。
それがご紹介する巳亦敬一さんの新スキビールグラス小です。

18_mimata_0009.jpg
巳亦敬一 新スキビールグラス小 3,348円
径7cmH13.5cm 程よく入れて180cc


O家ではオールマイティグラスだそうで、
お酒好きのお二人の日常愛用グラスになっていて、
ビールでもワインでもマイグラスとして活躍していたのに、
事故的な破損で1客になってしまい、
そうなると出番がなく困っていたところへの、
補充のお知らせメールのと朗報とご来店。

19_mimata_0022.jpg

棚に並ぶグラスから候補を2客絞り、
「場所変えていいですか〜」と、
器選び上級者として、
座って使う視点の高さの台に置き、
手に持ち、目線を変え、
いつも使うような所作の中で、
自分なりのベストグラスを選択。

18_mimata_0011.jpg

事前の連絡もあり甘庵はビールを冷やして待機してましたから、
お買い物も早々にしていただいた後は、
昨日のブログでご紹介した春の花生け込みと、
巳亦さんのビールグラス愛用の談話を肴に、
昼下がりの宴に突入。

18_mimata_0012_2019032510181207f.jpg

Oご夫婦は前日花見を予定していたのに、
冬のような花冷えで断念したそうです。
そんな会話の流れで帰り際にO夫人が、
今の時期に寒さを暖かさがを繰り返す、
「三寒四温ってフランス語見たいって友人と話していたの』と、
春の香りを含んだちょっとお洒落な響きを残して、
帰って行かれました。

                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春の宴には完全非対称の器

春になり各地の開花情報などが話題に登ると、
お花見や春の宴がすぐに連想されて、
何故だかお箏の調べと和の色が濃い情景が浮かびます。
器好き妄想族の甘庵はディテールが細かくなり、
宴の酒器や器まで思い描いてしまいます。

18_mitufuji_0011.jpg
光藤佐 粉引片口鉢六寸五分 6,840円
W18cmD18cmH7cm


そんな妄想にぴったりな光藤佐さんの、
完全非対称な粉引片口鉢をご紹介します。
洋食器には稀なアシンメトリーな器が、
和の器には自然に使われています。

18_mitufuji_0010.jpg

片口もその代表ですが、
本来注ぐ器として使うとき姿の、
客付きから見てくちを左にして設えるので、
見た目は非対称ですが、
もし口を手前や奥に向けると、
対象形になるものが普通です。

18_mitufuji_0009.jpg

ところがご紹介の光藤さん粉引片口は、
意図的に歪ませた波打つ縁の摘んだ口が付きます。
それも歪み方も口の位置も一つづつで、
それぞれの個性ある顔付きに仕上がっています。

18_mitufuji_0012.jpg

揃えようとする洋食器の文化とは、
まるで異なる不揃いのフォルムの器は、
侘びの感性でもあるのですが、
特別高尚な美意識でなくても、
私たち日本人が自然と持っている、
緩い造形への近親間なのではないでしょうか。

菜の花や山菜や筍が盛り付けられ、
舞い散った花びらが舞い込んでくる・・・。
そんな絵図を妄想して生唾を呑む甘庵です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

大きい花入は魅力的

荻窪は花冷えの週末です。
咲き出した桜も縮こまっていそうな寒さです。
でも銀花の店内はおお振りの花入に寄せて活けた花が、
満開になって来て散り出している花もあり、
それがまた風情があって良い感じです。

19_arakawa_0002.jpg
荒川尚也 霙文花入 34,560円
径21.5cm25Hcm


大きい花入は花材を揃えるのが大変なので、
なかなか使えないことが多いのでしょうね。
甘庵も同じなのですが、
この時期に競い合ってさく庭木の枝ものには、
甘庵でもただ投げ入れるだけで、
大きな花入が活躍してくれて季節感を堪能できます。

19_arakawa_0004.jpg

そうなんです。
これは花入の力です。
春の息吹を引き出して楽しませてくれて、
いながらにして花見になっております。

19_arakawa_0003.jpg

今日明日の土日はご予約なしでご来店いただけます。
この花と一緒にお迎えいたします。
お気軽にお出かけください。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

わずかに青みがかった白いカップ

今日は春分の日ですね。
昼と夜の長さが等しくなり、
これから夏至までは日が伸びて行き、
温かさが日ごとましてくる季節です。

16_open_0984.jpg
野波実 青白磁 飛びかんなカップ 2,592円
径8~8.5cmH8.7~9cm 程よく入れて200ccほど


今朝の荻窪は春らしい柔らかな日差しです。
雲の合間に見えている春の青空も春らしく、
柔らかな色合いでご紹介するコップをイメージしました。

16_open_1207.jpg

野波実さんの青白磁飛びかんなコップです。
真っ白でない少し青みを帯びた青白磁は、
気品がありながらも温かみがあり、
身近で親しみのある表情を持っています。

16_open_0985.jpg

ぐい呑みや抹茶碗を作るときに多い、
一つずつの表情を生む玉引きという方法で、
一つずつ丁寧に蹴轆轤を挽き出されています。
生まれる穏やかなフォルムが、
使う気持ちまで和ませます。

16_open_0986.jpg

様々な飲み物を楽しめるフリーカップで、
ロート型のフォルムと飛びカンナのテクチャーで、
手に持ちやすくホッとする掌です。
滑らかな口当たりは飲み物の味を引き立てます。

咲き出した桜を愛でて一杯。
緑茶、コーヒー、ビール、酒、焼酎・・・・。
いずれでも美味しく楽しめるカップです。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春分の日の営業と臨時休業のお知らせ

東京の桜開花宣言はいまにも出そうです。
今日は気温が上がるようなので、
予報より1日早くなりそうです。
明日3/21(木)春分の日は荻窪銀花は営業しております。
曇りがちですがチラホラ咲きだした桜を散策しながら、
ぜひお立ち寄りください。

17_mitufuji_0459_20190320105320a98.jpg
18_chujo_0279.jpg
18_mimata_0154_201903201053216d3.jpg

明後日3/23(金)は建物全体が終日断水のため、
臨時休業とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

                      甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

巳亦敬一さん新スキグラスが入荷

お待ちどうさま。
巳亦敬一さんの新スキシリーズの、
ビールグラス大と小、ワイングラス、
デザートカップミニなどが入荷しました。
18_mimata_0001_20190317151033ae9.jpg
18_mimata_0005.jpg
18_mimata_0045_201903171510369fa.jpg


HPの巳亦敬一さんのガラス器のページを書き換えました。
こちらから各在庫数がご覧いただけます。
もちろん地方発送も承っております。

            甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

自分色の育てる白い飯碗

「真っ白でない白っぽい器展」から、
柔らかな質感の藤田佳三さんの、
粉引飯碗をご紹介します。

17_afujita_0903.jpg
藤田佳三 粉引飯碗 3,672円
径12.6cmH6cm


今すでに真っ白ではありませんが、
藤田さんの粉引は使うことで、
侘びた味わいを育てて行くのを楽しむ仕立てで、
使うほどに貫入が入ってきたり、
雨漏りでが浮かんだりしていきます。

17_afujita_0904.jpg

育ち方は使い手ごとや個体ごとにそれぞれで、
抹茶碗の表情の変化と同じニュアンスで、
仕立てて行くのを楽しむ飯碗です。

17_afujita_0905.jpg

長く愛用して変化していって、
その時こそ自分だけの、
真っ白でない白い器の完成です。

という器好き好みの仕掛けのある飯碗ですが、
器作りの達者な藤田さんですから、
日常使いの器の基本としての、
口当たりの良さ、掌の良さなど、
使い勝手も外すことなく、
長く愛用のファンの多い飯碗です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

豊かな広がりが魅力の大板皿

「真っ白でない白っぽい器展」から、
少し青みのある釉調が使いやすい野波実さんの、
白磁大板皿をご紹介します。

16_open_0954_20190316105720cb3.jpg
野波実 白磁大板皿 21,600円
W40cmD22cmH4cm


巾が40cm奥行き20cmの存在感のある板皿です。
日常的な皿のイメージからは持て余す大きさと、
思われる方も多いかもしれませんが、
器としてこの大きさだからこそ質感を圧倒的に広げ、
盛り付けして使ったときの魅力は、
病みつきになること間違いありません。

16_open_0956_201903161057235b2.jpg

数人集まる宴の時には料理や肴を、
目一杯にドーンと盛り付けて見ると、
とても豪華で美味しそうに盛り映えして、
盛り上がること間違いありません。

16_open_0955_20190316105721a66.jpg

プレートで焼いたり網焼きしたりする時には、
食材を山盛りにして出す事で、
調理前の食材も目で味わえる楽しみが増え、
焼いて行くのが楽しくなること間違いありません。

16_open_0957_201903161057242a8.jpg

鍋の季節にも同様に美味しそうに食材を並べるて、
鍋が一味アップすること間違いありません。

大きすぎて食材が足らないと思う時には、
葉っぱや和紙やお洒落な紙を敷いたり、
クラッシュした氷を敷いたり、
季節に合わせたレイアウトを、
積極的に楽しめること間違いありません。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

白くない白磁そばちょこ

「真っ白でない白っぽい器展」から、
薪で焼く穴窯でできた光藤佐さんの、
自然釉がかかって白くない白磁そばちょこをご紹介します。

19_offwhite_0080.jpg
光藤佐 白磁そばちょこ 大 3,456円
径8.5cmH6.5cm 程よく入れて150cc


キリリとして気品のある白磁はもちろん魅力的ですが、
同じように作られ施釉された白磁を、
穴窯で芯までしっかり焼かれて、
力強い窯変を見せているのも惹かれます。

19_offwhite_0082.jpg

強う炎の中で溶けている釉薬の上に、
薪が燃えた窯の中に舞った灰が着き、
釉薬に重なって淡く色づかせています。

19_offwhite_0081.jpg

さらに、口に巻いた鉄化粧も釉薬に溶け出し、
淡い黄色や緑ににじませています。
厚くなった釉薬は冷める時に、
クラックを生み出しています。
貫入です。

19_offwhite_0083.jpg

端正というより重厚な仕上がりの白磁そばちょこは、
白磁でありながら陶器に近い、
温かみのある表情を持っています。
それでも磁器の持つ汚れにくく丈夫で、
使いやすい日常の器としても特徴は変わらず、
多様に使えるそばちょこの使い勝手を広げています。

                  甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

重ねて白っぽくしたマグ

「真っ白でない白っぽい器展」から、
力強い手あとが魅力的な鶴見宗次さんの、
手ひねりマグカップをご紹介します。

19_offwhite_0089.jpg
鶴見宗次 マグカップ白 3,240円
径8.5cmH7.5cm


画像の奥にある黒いタイプが、
定番の鶴見さんのオリジナルの表情です。
ざっくりした素地をギリギリまで焼いて、
冷却還元の窯で黒く仕上げています。

19_offwhite_0091.jpg

今日ご紹介の白っぽいマグは、
素地は黒いものと基本的には同じです。
そこに粉引のように化粧がけして、
白いベースを作っています。
ただ、粉引のように白化粧土だと、
その上に施す灰と溶け合い反応して黒くくすんでしまうので、
溶けにくい石の粉を化粧に使っているそうです。

19_offwhite_0090.jpg

化粧した上に、
灰を水で溶いて釉のように施し、
ガンガン焼くことで自然釉のように、
緑のコーティングになります。
そのために真っ白ではない、
程よく彩りが加わっています。

19_offwhite_0092.jpg

冷却還元の黒い彩りとはまた違う、
手ひねりの男性的な造形が生かした、
力に満ちた質感を彩りに仕上がっています。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

陰影のある乳白のそばちょこ

「真っ白でない白っぽい器展」から、
多様に使える小野寺友子さんの、
白マットそばちょこをご紹介します。

19_offwhite_0084.jpg
小野寺友子 白マットそばチョコ 2,160円
径8cmH7.5cm


釉調はフラットは白いのですが、
素地を不規則に縦に削り、
細かな縦線のテクスチャーを作ることで、
陰影を生み出して柔らかな白釉に見せています。

19_offwhite_0085.jpg

縦線は少し厚みのあるマット白釉で、
包まれていて整ってはいません。
というか整わない表情を狙っていて、
確かにそこがこのそばちょこの特徴で、
フリーカップという方がしっくりくる、
モダンな器に仕上がっています。

19_offwhite_0084.jpg

使い勝手としてもこのテクスチャーが、
手に馴染み持ちやすさになっています。
日常食器のそばちょこらしさは失わず、
重ねやすく収納性が高いデザインです。

19_offwhite_0087.jpg

また全体に柔らかな印象も与えています。
でも素地は磁器なので丈夫で汚れにくく、
気軽に使える点も嬉しい日常の器です。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

真っ白でない白っぽい器

今日から「真っ白でない白っぽい器」をテーマに、
白磁たけど少し青みがかったりグレーぽかったり、
粉引だけど黄ばんだ淡く赤く発色したりという、
白いけど真っ白ではない器の魅力を、
お伝えする催しです。

19_offwhite_0076.jpg
久保田信一 粉引茶碗  2,808円
径12.5cmH6.5cm


今日ご紹介するのは久保田信一さんの粉引飯碗です。
これは気持ち的には粉引の名茶碗をリスペクトして、
日常の器の代表の飯碗に仕立てています。
当然フラットな白い粉引ではありません。

19_offwhite_0078.jpg

久保田さんらしい日常食器のデザインなので、
高台を最大限に大きくして安定感を持たせて、
手に持たずに使う小鉢としても十分に使える、
優しい使い勝手の納まりです。

19_offwhite_0075.jpg

また、パーソナルな器の飯碗として、
抹茶碗のように一つずつの仕立てで、
大きさや顔つき、土味や釉調などが、
個性を見せる仕上がりになっています。

19_offwhite_0079.jpg

造形、フォルムも抹茶碗のように、
ゆったり歪んだ口縁だったり、
釉がけや化粧がけに変化をつけて火間を見せたり、
石ハゼや御本を見せたりと、
器好きにはたまらない見所や景色も満載の、
楽しい日常食器になっています。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

掻き落として描いた春

久々に朝からスッキリした天気の荻窪です。
風はまだ冷たくてもお日様の力で、
草木が芽吹く準備しているのが伝わってきます。

17_mitufuji_0194.jpg
光藤佐 粉青掻落皿6寸 6,048円
径18cmH4cm


そう思って今日オススメするのは、
光藤佐さんの粉青掻落皿六寸です。
掻き落としというのは、
作り方そのままの名称です。

17_mitufuji_0195.jpg

基本は粉引と同じで、
器として成形したのちに、
白化粧土を全面に施します。
その後に、線掘り等で白化粧土を削り、
化粧土よりも濃い色の素地を見せて、
白地の文様を浮き立たせます。

17_mitufuji_0196.jpg

この六寸皿の文様が双葉の中から、
芽吹く花を対に描いています。
化粧土の厚み分が立体感を生み出して、
重厚感ある文様に仕上がっています。

17_mitufuji_0197.jpg

シンプルながらも大胆な文様が、
印象深くて盛り付けしにくいと、
思われる方も御出でになるかもしれませんが、
料理を引き立てることはあっても、
決して邪魔をしません。

それはまず文様が器の地肌になっていて、
取ってつけたような浮いた感じがなく、
大胆なのに品格を持っています。
また釉薬が灰かぶりの白化粧部分も素地部分も、
ナチュラルな自然素材の渋い色合いで、
盛り映えする使いやすい皿に仕上がっています。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春雨も良いものです

荻窪銀花のあるマンションが給水管の取り替え工事中です。
営業は通常通りですが、
資材などで足元が少し悪い時や、
作業音が出ることがあります。
三月中はご迷惑をおかけしますが、
ご了承ください。

19_arakawa_0557.jpg
荒川尚也 三角モール M ストライプ深 4,212円
径13.3cmH5.5cm


今日の荻窪は朝から雨です。
このところ3日か4日おきに雨という感じです。
この繰り返しが春の天気なのでしょう。
雨だからと気持ちを下げず、
花粉は少ないし、この雨で春の草花が元気になるし、
春雨も良いものです。
そんな風に思いながら、
発注依頼の梱包作業と次の催しの、
飾り付けで過ごすことにします。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

春を盛り付けたくなる器 3

今日も朝から冷たい雨が降っています。
それでも凍える感じではなくなっているのは、
草木を潤す春の雨なのですね。

18_12_fujita_0506.jpg
染付カップ&ソーサー 7,020円(特別価格)
カップ:径8.5cmH6.4cm
ソーサー:径15cmH2.2cm


というわけで春盛り付けるではなく春を注ぎたくなる、
心まで潤してくれるカップ&ソーサーをご紹介します。
藤田佳三さんの染付カップ&ソーサーです。

18_12_fujita_0507.jpg

染付でも磁器のタイプではない、
陶器ならではの柔らかな表情が、
長閑な気配を持っていて、
春らしさを感じ取れます。

18_12_fujita_0508.jpg

実はこれ訳あり品ということで、
定価よりお安い価格で届いています。
少し歪みが出ています。
というのも染付は安南写しなので、
しっかり焼くことで染付が泣く・・・、
釉が溶けすぎて絵が滲む見所を再現するため、
限界まで焼き切っていて、
このソーサーが少し歪みが出ています。

と言っても使うには全く問題なく、
生焼けが嫌いな甘庵には、
よく焼けた釉調や文様のにじみ具合に、
とても好感を抱いています。

というわけでお好みが合えば、
とてもラッキーな出会いになります。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春陽を映す水

朝から春雨の荻窪です。
気温は下がりましたが、
春の息吹を目覚めさせる雨になるのでしょう。
窓辺に射す光もいっそ柔らかになっています。
そこに置かれた水をたたえた花器が、
春陽を映しています。
荒川尚也さんの球花入です。

18_arakawa_0137_20190303111815a4a.jpg
荒川尚也 球花入 6,240円
径11cmH9cm


水が花入を一体になりレンズ効果を見せます。
背後の景色を写し、光を集め、
歪ませたり大きくしたり拡散して、
様々な表情を楽しませてくれます。

19_spring_0064.jpg

レンズを通すと彩りが弱くなりますが、
虹の煌めきも見せてくれています。

19_spring_0063.jpg

器として本体だけで見ても、
十分に魅力的なのですが、
やはり本来の花入として、
水を入れて使っている時の方が、
生き生きして見えます。

18_arakawa_0138_20190303111817880.jpg

安定性のあるコロンとした可愛い形で、
たくさんの花はいりません。
小さな口なので一輪挿せば十分です。
花でなくても枝を一本でも、
水が季節ごとの陽を映して楽しめる、
手元に置きやすいサイズの花入です。

         甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を盛り付けたくなる器 2

暦が弥生になり後3週間ほどで、
桜が開花することでしょう。
特別な名所へ花見に出かけなくても、
近くの児童公園や並木や学校など、
道すがらの散策でも楽しめるのは、
桜好きであらゆるところに植えられている、
日本ならではの春の景色ですね。

17_mitufuji_0155.jpg
光藤佐 粉青粉引皿4.5寸 3,456円
径13.5cmH3cm


春の空と桜色は柔らかな彩りですね。
同じように柔らかな彩りを持つ小皿で、
春を盛り付けたくなるのは、
光藤佐さんの粉青粉引皿4.5寸です。

17_mitufuji_0156.jpg

穴窯で焼かれた粉引はベージュがかり、
御本と呼ばれる窯変の淡い桜色の発色があります。
灰が降り自然釉が生じたところは、
少し青みがかっています。
遠景の春の景色にイメージが重なります。

17_mitufuji_0157.jpg

この皿器好き好みの見所は他にも、
穴窯らしい焼成として、
古い方法の重ねて窯づめして焼いています。
焼き物同士がくっつかないように、
粘土のつぶや珪砂などを間に挟みます。
そのあとを「目あと」と言い、
景色見所として楽しみます。

長く使い込むことで、
目あとは食べ物などを染み込み、
渋く侘びてきます。
そんな変化を楽しむのが醍醐味になります。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を盛り付けたくなる器 1

寒暖差と予報がコロコロ変わるこの頃ですが、
一雨ごとに春を感じるようになっています。
食材が並ぶ売り場の風景からもますます春を感じます。
そうなれば春の料理を盛り付ける器選びが楽しくなります。

16_open_0935_201903011043486ed.jpg
小野寺友子 白磁片口鉢 4,968円
W18cmD14.5cmH6.8cm


春を盛り付けたくなる器をご紹介します。
今日は小野寺友子さんの白磁片口鉢です。
バランスの良い美しいフォルムで、
食材料理を選ばずに美味しそうに盛り映えします。

16_open_0936_20190301104350d9b.jpg

片口仕立てですが、
基本は盛り鉢としての使いやすいデザインです。
盛り付けがしやすい広い見込みです。

16_open_0937_2019030110435183d.jpg

白磁の色合いも純白ではなく、
少し青とグレーを帯びていて、
柔らかく暖かな表情を持っていて、
日常使いの器としての優しい質感になっています。

春を感じる野菜や旬の魚の料理が、
美味しそうに盛り映えするイメージが、
色々浮かできてしまいます。
お勧めできる片口鉢です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ