FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

水分補給はホットで

毎日熱中症に注意の情報が流れ、
こまめな水分補給が促されます。
気温が高くて蒸し暑いと、
どうしても冷たい物ばかり飲んでしまいますが、
胃腸などのためなるべく、
温かな飲み物を飲むように心がけています。

19_kato_0033.jpg
加藤財 ポット 黒平 12.960円
容積450cc
印判手微塵唐草蕎麦猪口


緑茶やほうじ茶や紅茶。
光藤佐さんがドクダミ茶を作ってくれて、
それにならってM氏が作った善福寺産ドクダミ茶も、
時折いただいています。

19_kato_0035.jpg

それぞれ入れたての熱い時にも美味しいのですが、
大きめのポットで淹れておいて、
濃くなって少し冷めたものも、
また違う味わいがあります。

19_kato_0034.jpg


そんな時に甘庵は愛用の加藤財さんのポットで楽しみます。
茶碗も気分で取り合わせると、
それもまた味わいが違って楽しみになります。

19_kato_0036.jpg

少し忙しいと忘れがちになるないがしろになる水分補給を、
お気に入りのポットを茶碗で温かいホットなお茶を入れると、
ホット・・・いえ、気持ちもホッとしてリフレッシュできて、
結果的には能率も上がる気がします。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

涼感の連想が楽しい片口鉢

関東甲信越も梅雨が明けました。
朝から気温も上がり日差しも強く、
スマホには原則運動禁止という情報が届きました。

19_mitufuji_0030.jpg
光藤佐 白磁片口平鉢 大 8,640円
W18cmD13.5cmH6.5cm


少しでも涼感のある器をご紹介します。
と言っても視覚から涼しさを覚えるガラスではありません。
今日は連想から涼感を思い描く、
光藤佐さんの白磁片口平鉢です。

19_mitufuji_0031.jpg

本来片口は注ぐための器です。
注ぐという動きに特化して器です。
そのために注ぎ口が付きます。
片方に口が付くので片口ですね。

19_mitufuji_0029.jpg

当然ながら左右非対称なフォルムになります。
このアシンメトリーが和の美意識から好まれ、
器のデザインにもとい入れられて、
口はあるけど注ぐためではなく
片口鉢が自然に使われています。

19_mitufuji_0032.jpg

話を戻して・・・。
液体を注ぐという動きを伴う器の片口から、
注がれる液体や音を連想して、
涼感のイメージが膨らみ・・。
膨らむのは甘庵を含めた器妄想癖をもつ方だけかな。

まぁ〜それに、穴窯でガンガン焼かれて、
灰が降りかかり自然釉調の表情も、
涼しさが浮かぶ釉調の片口鉢です。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

品があるのに普段使いできるデザート皿

蒸し暑い荻窪です。
午前中所用で出かけていました。
車で移動でしたが・・・、
何度も暑いと口に出てしまいました。
日差しがとても強く感じて、
止めておいた車の中はあっという間に、
オーブン予熱状態になっていて、
エアコンも直ぐには効果が出ず、
しばらくは窓を開けて走った方が、
涼しいことになっていました。
これでも梅雨はまだあけてないんですね。

19_mimata_1003.jpg
巳亦敬一 新スキデザート皿 3,888円
径14.3cmH6cm


さてと今日はご紹介するのは、
巳亦敬一さんのお洒落なデザート皿です。
盛り付けは五寸皿の使い勝手ですが、
凄く豪華で気品のあるしつらえになります。

19_mimata_1001.jpg

高坏型の脚のあるフォルムが、
非日常的な豊かさを見せてくれる器です。
その割には日常的に使える器です。
巳亦さんの使う人への思いやりが、
デザインに生かされています。

19_mimata_1002.jpg

まずは特徴である脚ですが、
安定性が高く、丈夫な納まり、
デザートから料理まで幅広く使え、
品があるのに普段使える気軽さもあります。

19_mimata_1004.jpg

そんな配慮から、
仕舞い込む特別な器にならず、
普段から積極的に使いたくなる、
涼感をご馳走にするこれからの季節には、
自然と出番の多くなるオススメの器です。

              甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

梅酒もいけます

ご紹介している荒川尚也さんのモルトグラスは、
甘庵には思入れのあるグラスです。
そのくだりはまたの機会として・・・。

18_arakawa_0113_20181223115734eeb.jpg
荒川尚也 モルトグラス 3,888円
径5.2cmH10cm


前回モルトグラスをご紹介したブログでは、
「やっぱりモルトウイスキーが似合う」と、
タイトルにしました。
そのことに間違いはないのですが、
梅酒もいけます。

18_arakawa_0114_2018122311573550b.jpg

先日知人からブランデーで漬けた梅酒をいただきました。
これがなかなかいけます。
そのままストレートでも、
一欠片の氷を入れたロックでも、
美味しくいただいています。

18_arakawa_0115_20181223115737e1b.jpg

アルコール度数はそれなりにあると思うのですが、
ことの外口当たり喉越しが滑らかです。
それでもそう飲める方だはないので、
リキュールグラスのサイズがちょうど良く、
昭和人間としてはこの時期の健康にも良いという、
勝手に思い込みもあるのか、
胃腸にも優しいと感じています。

18_arakawa_0116_201812231157385ef.jpg

荒川さんの澄んだ素地を生かした、
モルトグラスのデザインに琥珀色が生えて、
香りを味わうフォルムで、
美味しさを増してもいるようです。

きっと様々な彩りや香りを楽しむ、
他の果樹酒も似合うと思います。

               甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

美しいポット

今日ご紹介するポット瓶子は、
加藤さんが初めて作られたポットです。
形も加藤さんのオリジナルです。

19_kato_0299.jpg
加藤財 ポット黒 瓶子 12,960円
容積350cc


器の美には色々な観点からの美があります。
民藝運動から用の美。
インダストリアルデザインからの機能美。
茶道からの侘びの美。

19_kato_0300.jpg

このポットにはそれぞれの美を引き継ぎ、
活かしている美があると思っています。

加藤財さんのポットや急須が、
キレが良いのはみなさま承知の事実となっています。
注ぎ心地の良さは不思議なほどお茶の味を左右すると思います。

19_kato_0302.jpg

ただ、ここで言う味は、
ストレートなお茶の味という意味ではなく、
お茶をいただく時の環境で、
味わいが変わるに似ています。

19_kato_0301.jpg

雰囲気の良いカフェで心穏やかにいただく時や、
景色の良い席で伸びやかな気持ちでいただく時のように、
一杯のお茶でリフレッシュできる時間になるに似ています。
時空を追求するお茶室での一服にも似ていて、
侘びの美に共通するものがあります。

加藤さんの魅力ある形の特徴として、
丸みが人気ありますが、
その丸み・曲線の美しさも、
この瓶子ポットが原点です。

少し緊張感のある特別な姿で、
使い勝手ではなくデザインと思われる方がいますが、
逆です。
お茶を入れることに関しては機能美です。

一例として高台の径を比べると、
安定感のある気がする丸型のおよそ1割り増しで、
安定感は良いくらいです。
この語りから生まれる注ぎ具合は、
細く静かに注ぐ時に繊細なコントロールができます。

お茶を入れる目的に対して、
総合的な評価でいえばまさに用の美のポットです。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

華やぎのあるデザートカップ

デザートカップは日常の惣菜を盛り付ける器よりも、
少し花があって欲しい器です。

カップ部分とステムの構成は、
デザートカップは日常の惣菜を盛り付ける器よりも、
少し花があって欲しい器です。

18_mimata_0180.jpg
巳亦敬一 デザートカップ 紫 4,212円
径11cmH8.2cm


カップ部分とステムの構成は、高坏形で少し晴れの器感が出ます。
スイーツを盛り付けたり嗜好品を盛り付けるのが中心で、
器にも華やかさが備わって欲しい器です。

18_mimata_0171_20190112110531c0f.jpg

巳亦敬一さんのデザートカップには、
まさにその華やぎがあって、
甘庵には共通の印象が重なります。
デザートカップが花そのものに感じます。

18_mimata_0170_201901121105293e8.jpg

多様な花があって色や形がそれぞれでも、
花には心華やぐの力が備わっています。
巳亦さんのデザートカップを並べると、
競ってさく花が並ぶようです。

18_mimata_0172_20190112110532236.jpg

ゆったりとした膨らみのカップと、
支えるステムからベースのしつらえが、
花弁や蕚のイメージが重なるデザートカップです。
 
                  甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

でっかい鉢の魅力

今日ご紹介するのは、光藤佐さんの粉引片口鉢八寸です。
両手で持つ感じのサイズです。
このたっぷりサイズの存在感がいいです。
料理好きの方、食べるのが大好きな方には、
オススメのサイズ感なのですが・・・。

17_mitufuji_0061.jpg
光藤佐 粉引片口鉢8寸 19,440円
W25.3cmD21.7cmH9.5cm


でも家族数が少なくなり盛り付けす分量が減り、
健康のために糖質カットするために分量が減りで、
出番が少なくなっているのかな。

17_mitufuji_0060.jpg


甘庵も同じような鉢をいくつか使っていて、
もちろん毎日にようにとは行きませんが、
それでも出番があります。

17_mitufuji_0061.jpg


まずは友人たちの飲み会の時、
ど~んと大胆不敵な盛り付けで、
超適当な手抜きの料理をカバーしてくれて、
ちょっと美味しそうに見えます。

17_mitufuji_0062.jpg

そうなんです。
たっぷりの大きさとゆとりのある盛り付けが、
料理が本格的に見えるしつらえになります。
盛り付ける甘庵も実に心地よく、
料理することが楽しい時間になります。

今日は暑くなってきました。
とりあえずは素麺を茹でて、
氷水の中に泳がせて、
ひんやり感をいただくことにしましょう。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

程よいサイズの日常グラス

なかなか梅雨があけませんね。
今日も朝からシトシト降り続いている荻窪です。
それでも空は明るめで窓の前の銀杏の葉に伝う、
雨の雫がキラキラしながら落ちて行くのが、
見ていて飽きません。

19_2tuyu_0409.jpg

同じように煌めいてアワ文が綺麗な、
荒川尚也さんのアワグラス Cをご紹介します。

18_arakawa_0108.jpg
荒川尚也 アワグラス C 3,024円 
径8cmH9.9cm
八分目で150ccほど満水で220ccほど


甘庵がうつわ屋を始めてから、
器のサイズが大きくなってものが多くあります。
マグカップや飯碗やグラスです。
飲みきり、一膳飯と面倒でないからという、
合理性からなのか・・・確かに、
大きいのも魅力があります。

18_arakawa_0110.jpg

が、程よいサイズ感も捨てがたいものです。
アワグラスCはまさにそのタイプです。
例えばビールなど。
飲兵衛ではない甘庵などは、
このぐらいのサイズの方が、
温くならない冷たいうちに飲めます。

18_arakawa_0111.jpg

テニした時の掌もなかなか良いです。
手の中でドーンと主張する存在感も、
アクティブで楽しい器との接し方ですが、
さりげなくしっとりと納まる、
このサイズ感も良いものです。

18_arakawa_0112.jpg

サイズはともかくとして、
使い勝手はバッチリです。
丈夫で、重なりもよく、
何を注いでも美味しそうに受け止めます。
程よいサイズの日常グラスです。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

レトロで優雅なデザートカップ

今日の荻窪は朝から少しお日様が感じられ、
柔らかい影ですが日差しのある天気になりました。
でも長続きぜず西からまた前線が迫って来ていて、
明日はしっかり降りそうです。

窓から入る日差しにガラスの器が煌めきます。
やはりガラスは光によって大きく表情を変えるため、
久々の明るい光にキラキラしています。

19_mimata_0030.jpg
巳亦敬一 新スキデザートカップ丸平 3,456円
径13cmH7cm


今日ご紹介するのは巳亦敬一さんのレトロ感がある、
新スキデザートカップ丸平です。

19_mimata_0031.jpg

新スキの特徴の黄金色の輝きが、
有効に行かされるデザインです。
優雅な曲線と深い動きのあるモールが、
どの角度から眺めても美しく展開しています。
このモールで歪み集められた光が、
置かれてテーブルには陰影を映し出して、
ゴージャスな気配を漂わせます。

19_mimata_0032.jpg

ゆったり広がって縁を持つデザインが、
貴族的なイメージでよそ行きの器と思いがちですが、
さにあらず。
重ねれば3客は無理なく納まり。
優雅なスタイルなのに安定性が高く、
毎日の器として使い勝手の考えられたデザインです。

19_mimata_0033.jpg

デザート、スイーツはもちろんですが、
冷たい料理をより涼感を美味しさを引き立たせる、
盛りの映えするオススメのガラス器です。

               甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

擬人化が自然なポット

ディズニーの世界は動かないものが命がないものが、
難なく動き出しますがなぜが違和感があまりありません。

そんな中でうつわ屋としては「ポット夫人」が、
昔から気になるところです。

19_kato_0282.jpg
加藤財 ポット黒 なすび 12,960円
容積450cc


うつわの部位の名称に人の体の部分が、
昔からよく使われています。
それはバランスの良いうつわは人の体のバランスに、
准えることが自然と馴染んだからだと思います。

19_kato_0284.jpg

例えば徳利で検証すると、
上の方を持つと「首を持つ」というように、
その部分を首といいます。
下の方を腰といい「腰の張り具合が良い」などと、
表現も自然で伝わりやすい名称です。

19_kato_0283.jpg

そのほかにも形状により、
肩、口、尻などが使われます。

話が戻ります。
甘庵はポットも人の姿にイメージが重なります。
口や頭、肩や腰などがゆったりした人のボディと、
重なるフォルムと思っていました。

19_kato_0285.jpg

アニメの美女と野獣でポット夫人を見たとき、
たとえアニメとはいえ現実とは隔離している現象が、
甘庵には全く違和感がなく、自分でも不思議でした。
それはまさにポットは夫人というイメージだったからです。

ディズニーのポット夫人はかなり丸型ですが、
基本は腰がゆったり張った「尻張り型」です。
ご紹介している加藤財さんのポットなすびがそれで、
安定したフォルムと帽子をかぶったように納まった蓋が、
擬人化するべく姿と思っていたので、
ポット夫人は甘庵個人としては、
ごく自然な映像として受け入れられ見ていました。

                   甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

水面を渡る姿が見える舟形鉢

今日からまた梅雨空になって来ました。
また彼方此方での豪雨が心配ですね。

涼感のある器展から小舟を可愛いくアレンジした、
総刷毛目舟形鉢五寸五分をご紹介します。

17_mitufuji_0174.jpg
光藤佐 粉青総刷毛目舟形鉢5.5寸 5,400円
W17.5cmD12cmH6.3cm


涼感を求めて舟遊びは優雅な楽しみだったことでしょう。
船の中で飲食を楽しんだり夜景や花火を眺めるのは、
今日でも続く優雅な遊びですね。

17_mitufuji_0175.jpg

水を連想する船形の器からは、
ゆったり伸びやかな涼感をイメージして、
夏の盛り付けが映えます。

17_mitufuji_0176.jpg

轆轤で挽きだして素地が柔らかいうちに、
楕円に歪めて舟形にします。
縁の中程、両舷を少し削り取り、
船べりのイメージに仕上げます。

17_mitufuji_0177.jpg

粉引と同じ白い化粧土を、
刷毛で全面に施した総刷毛目は、
少しだけ意図して塗り残しを作るところが、
土見せの景色となります。

アブストラクトな形ですが、
料理を盛り付けると、
驚くほど収まりが良く、
何より美味しそうに料理が映えるのは、
舟形鉢の良き伝統が生きているからです。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

氷で作られたようなボール

今日の荻窪は久々に薄日が差して、
気温も上がり涼感のある器が映える天気でした。
すんだ素地にアワ文が映える涼しげな荒川尚也さんの
三角モール鉢アワをご紹介いたします。

19_arakawa_0395.jpg
荒川尚也 三角モール鉢アワ 8,640円
径21cmH6.2cm


また多くの吹きガラスが膨らませて作る、
球体を生かして仕上げますが、
この鉢は簡単は型に合わせて、
ゆったりした三角形に整えていて、
おむすび型の柔らかな表情が、
ますます氷や水の流れを連想させます。

19_arakawa_0396.jpg

使いごろのサイズ7寸の鉢なので、
一人冷たい麺を食べたり、
具沢山の旬のサラダを盛ったり、
デザートを寄せ盛りしたり、
これからの季節には使い方が広がります。

19_arakawa_0393.jpg

一つづつ作るので個体の表情姿が一つずつですが、
この鉢は三角の一角部分が歪み、
肩が落ちている感じです。

19_arakawa_0397.jpg

お好みもあるとは思いますが、
この歪みが和の器らしい魅力になっていて、
焼き物ならば窯変のような、
侘びた魅力がある仕上がりです。

そう思うとわらび餅、
葛饅頭、麩饅頭など、
冷たい和菓子が目に浮かんできて、
ごっくん。
単純な甘庵です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

巳亦敬一さん新スキ補充品が届きました

風邪も滅多にかからない甘庵が鬼の霍乱です。
先週末から急にお休みをいただいたたり営業時間を変更させていただき、
ご迷惑をおかけしております。
ブログも滞り、ランキングもだだ下がり・・。
景気ずけにポチッとお願いします。

突発性難聴という若い芸能人やミュージシャンのような、
原因不明、明確な治療方法もわからないという病気だそうです。
1/3治り、1/3が少し回復し、1/3が治らないという、
なんともアバウトなギャンブルチックな病気のようです。

大学病院へ伺ったところステロイド系の点滴治療で、
眩暈等の副作用もあるので入院をすすめられましたが、
急なことでなんとか入院を回避させていただき、
わがままなお願いの通院での治療をお願いして、
四日点滴を打っていただきました。

本日の聴力検査ではわずかながらも回復の様子が見られました。
2/3の方になんとかなってくれることを、
少し期待できています。

19_mimata_0001.jpg
19_mimata_0005.jpg
19_mimata_0030.jpg
17_mimata_0035.jpg

さて、巳亦敬一さんから新スキシリーズの補充が少し届きました。
早速HPを書き換えましたので、ぜひご覧ください。
一番人気のワイングラスやビールグラス大や。
デザートカップ丸平、デザート皿などが補充されました。

                   甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

重さを楽しむ器

少しでけ空が明るくなってきた荻窪です。
それもつかの間のようで、
予報では週末まで傘マークが並んでいます。
その上気温は高くなりそうです。
熱中症対策と部屋干し対策が必要な、
一週間になりそうですね。

19_arakawa_0344.jpg
荒川尚也 ナッツボールあわ 5,400円 旧価格品
径9cmH6.6cm


今日は窓際の棚が明るく、
澄んだガラスの塊に入る泡が煌いています。
荒川尚也さんのナッツボールあわです。

19_arakawa_0343.jpg

片手で酒の肴のナッツを取り出す時にも、
揺らがない安定感があります。
澄んだガラスの塊の重厚感と、
アワ文が清流や氷を連想させて、
器も目で手で楽しめる肴になります。

19_arakawa_0342.jpg

とはいえ器でありながらも、
日常食器ではなく、重さを含めて、
デザインに使い勝手を重きを置いていません。

19_arakawa_0345.jpg

それでも身近で使いたくなるオブジェ的な魅力から、
アクセサリーやキーなどを入れたり、
一輪の落ち花を行けたりと、
転用を楽しむ方もいらっしゃいます。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

ジュレのようなボール

九州地方など雨が長く降り続いていて災害が心配です。
このところの起きた災害の教訓から情報に耳を傾けて、
早い避難や対処がゆく届いてきている気がするのは、
本当に良いことだと思っています。
まだしばらくは降り続きそうなので、
あまり被害が出ないことを祈るばかりです。

荻窪も梅雨空が続いています。
朝のうちは気温が低いから我慢できますが、
日中稼働が多くなると徐々に蒸し暑さが増してきます。
エアコンでの除湿がなかったら過ごせません。

19_mimata_0372.jpg
巳亦敬一 新スキボールモール 3,024円
径10.9cmH5.8cm


お前は変温動物かと言われそうですが、
少し涼しいと温かいお茶の話で、
気温が上がると涼感のある器の話・・・と、
いうのが読者の方には見透かされていると思います。
その通りです。
今日はまるでジュレのようで涼しげで美味しそうな、
巳亦敬一さんの新スキボールモールをご紹介します。

19_mimata_0373.jpg

画像は梅雨空で照明を点しているため、
新スキシリーズならではの黄金色に煌いていて、
柑橘系のジュレか、コンソメのジュレか・・などと、
ボール自体が美味しそうになっています。

19_mimata_0374.jpg

また腰から下部分の六面モールが、
受けた光を屈折、反射させて、
綺麗な陰影を置かれた面に映し出して、
より涼感を演出しています。

19_mimata_0375.jpg

シンプルなデザインは料理からデザートまで、
汎用性が高く使い勝手良く仕上がっていて、
これからの季節には毎日のように、
食卓で活躍することでしょう。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ