fc2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ハロウインカラーの鉢

八百万の神が根底にある私たちは、
習慣を宗教がらみでも抵抗感が少なく、
四季を楽しむ行事として受け入れてきました。
それは長い歴史の中で文化の交流当初からはじまり、
近代にまで続いています。
今日のハロウインもそんな一つですね。

21kubota_1290.jpg
久保田信一 栗虎釉五寸鉢 3,300円
径15.5cmH5.5cm


取り入れた側なのに外国人が楽しみにしていたり、
ある意味不思議な現象ですが、
これが和の文化のある一面なのだと思います。

21kubota_1292.jpg

八百万の神さまがいるので、
その中に一つ二つ増えても平気な感覚なのではないかと、
甘庵は思っています。

21kubota_1291.jpg

イスラエルとハマスの悲惨な戦いも、
それぞれの一神教のもつ譲れない心根が、
弊害になっている部分が少なからずあると思います。

21kubota_1293.jpg

私たちの感覚は逆にゆるすぎる部分もあり、
世界の現実をしっかり捉えないとならないと思いながらも、
ハロウインを楽しむ姿をみていると、
平和だからこその良い点であるかもしれません。

と今日はハロウインカラーの・・・、
昔はハロウィーンと言っていたような、
まぁ〜それもどちらでも良く、
久保田信一さんの栗虎釉五寸鉢をご紹介しています。
サイズといいフォルムといい、
日常の使い勝手のよい五寸鉢です。

                 甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

予想と違う使い心地の良さ

今日ご紹介するのは鶴見宗次さんのマグカップです。
石を噛んだ荒いけどそれでいて密度の高い胎土を、
ロクロではなく手ひねりと言われる、
手で作り出していく方法です。

21turumi_0244.jpg
鶴見宗次 マグカップ 3,300円
径7.5cm8.5cm


焼き締めを基本にしているのですが、
木灰を水で解いて薄くかけています。
それを高温で焼成し冷却還元して、
素地の中の鉄分を酸化第一鉄化して、
黒い表情にしあげています。

21turumi_0246.jpg

この手ひねりのざっくりしたテクスチャーと、
黒っぽい焼き締めの印象から、
やきもの好きや多くの器の使用経験があると、
口にしたときのざらついた口あたりや、
土臭さを懸念したりしますが、
これはほぼ良い方向にですが裏切られます。

21turumi_0245.jpg

荒目のマット釉の磁器ぐらいの感触です。
施された木灰は自然釉化して、
ガラスの質感に似たカラッと焼けている素地で、
口当たりは滑らかに感じるほどで、
匂いや汚れは全く気にならない仕上がりです。

21turumi_0247.jpg

胎土に含まれた長石は溶けて、
丸くなったり溶け切って弾けているので、
手で触ると丸く角のないのがわかります。
これも焼き切っているためです。
焼きすぎて皿や鉢が下向きに置いたように、
縁がそりかえってしまう失敗があるほどです。

というわけで飲み物の味を左右せず、
コーヒーからビールまでマイカップにお勧めできます。

               甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

この皿あれば大体事足りそう

今日ご紹介するのは野波実さんの青白磁平皿です。
丈夫で使い勝手の良い七寸皿です。

22nonami_0715.jpg
野波実 青白磁平皿 6,000円
径22~22.1cm H5.6~5.7cm


程よく深さのある見込みなので、
カレーやシチューなどでも、
パスタやチャーハンや焼きぞばなどでも、
ハンバーグの野菜を添えたりと、
男飯にはこれ一枚あれば大体事足りでしまいそうです。

22nonami_0716.jpg

それでい手仕事の趣が深く、
気品も備えているので、
しっかりしたお料理を盛り付けても、
美味しそうも盛り映えします。

22nonami_0717.jpg

野波さんの器から共通して感じるのは、
蹴轆轤で挽かれたゆったりしたろくろ目で、
伸びやかなフォルムの器を手にすると、
気持ちがふわっとおおらかになっていきます。

22nonami_0718.jpg

野波さんという作り手がそういう方で、
お目にかかりお話ししていると、
気持ちが和んでゆったりしてしまいます。
やはり手仕事の器は作り手の分身なのかもしれません。

                    甘庵
 


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

秋の果物を盛りたい皿

りんご、柿、みかん、ぶどう、洋梨と、
旬の果物が美味しい季節です。
美味しさを一層引き立てるのにぴったりな、
荒川尚也さんの三角モール小鉢M浅をご紹介します。

22arakawa_0088.jpg
荒川尚也 三角モール小鉢M アワ浅 4,510円
径17cmH2.5~2.8cm


三角の底面のそれぞれの面から、
緩やかに螺旋状に伸びていくアワ文が、
太めと細めの組み合わせで、
華やかなリズム感をみせています。

22arakawa_0090.jpg

澄んだ素地に映えるアワ文がオシャレで、
皿より少し見込みに深みのある浅い小鉢で、
盛り付けた時にいい感じに収まります。

22arakawa_0089.jpg

自然に美味しそうに盛り付けられて、
アワ文で果物がより瑞々しく映え、
より味わい深く楽しめます。

22arakawa_0091.jpg

少しゆったりした盛り付けになる、
径17cmのサイズ感も程よく、
果物そのままでも組み合わでも、
料理やサラダ仕立てなどにも、
とても使いやすい浅鉢です。

             甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

スイーツに合わせてお茶を楽しむ

予報では今年は暖冬になるそうです。
冬になり出すのが遅れてその分秋の陽気が長くなるようです。
先日の書き込みで秋が短くなっていると嘆いたのですが、
今年は少し秋を長く堪能できそうです。

23kato_0062.jpg
加藤財 ポット 黒丸 14,300円
容積460ccc


と喜んだのですが、
寒いの苦手ではあるのですが、
それでも冬が短いのも、
それはそれでおかしなことだし、
きっとまたそのための弊害もでてしまうのではと、
少し複雑な気分になっています。

23kato_0064.jpg

まぁそれでも秋を楽しみましょう。
秋の味覚を味わえるスイーツの誘惑にのりましょう。
温かい飲みものが美味しく感じられる季節になったので、
紅茶や渋茶でスイーツの味わいをより広げられます。

23kato_0063.jpg

となれば美しい加藤財さんのポットで、
美味しいお茶がスルスルパッとキレて、
お茶を注ぐ楽しみも味わいたくなります。

23kato_0065.jpg

ご紹介の黒丸ポットは少しスリムな丸型です。
容積460ccと少人数で紅茶を楽しんだり、
煎茶番茶ほうじ茶をたっぷり楽しむのに、
ちょうど良いサイズだと思います。

                  甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

紅葉似合うデザートカップ

紅葉が染まり出した観光地に、
多くの外国人が訪れているの映像をみました。
北の方や高所は秋景色になっています。

荻窪界隈で紅葉を見かけるようになるのが、
12月になってからと遅くなっている気がします。
これも温暖化の表れでしょうか。

21miamata_0022.jpg
巳亦敬一 デザートカップ 蕾 R 5,060円
径11.5cmH7.8cm


ただ気持ちがついつい先走る甘庵は、
秋色が恋しく感じて、
目がいく器も秋色が多くなっています。

21miamata_0024.jpg

今日は巳亦敬一さんのデザートカップ蕾Rをご紹介します。
コーン型のカップ部分と四角いベースの、
シンプルで小ぶりなデザートカップです。

21miamata_0023.jpg

シンプルで美しい姿で、
カップ部にはトンボ玉を3カ所埋めこみ、
バナーワークで作った四角いベースが、
深みのある赤いガラスでリンクさせています。

21miamata_0025.jpg

カップ部のベージュの素地に赤い点文と、
赤く四角いベースのコントラストが、
熟す実や紅葉を連想させます。
 
                甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

味覚の秋を受けとれる鉢

昨日はまた真夏日の荻窪でしたが、
流石に週末以降は秋らしい気温に落ち着きそうです。
それでも着たり脱いだりして体温調節しないと、
1日の寒暖差についていけません。
心地が良いの体調管理に気が抜けない季節です。

22kubota_0140.jpg
久保田信一 長石釉 縞柄五寸五分鉢 3,850円
径16.8cmH6.5cm


日が落ちるのも早くなってきて、
煮物や鍋物など温かい秋の味覚を、
楽しむ夕餉になっていることでしょう。

22kubota_0141.jpg

ご紹介しているのはそんな料理にぴったりの、
久保田信一さんの長石釉縞柄五寸五分鉢です。
兜鉢仕立てで料理が盛り付けしやすく映え、
手にも持てるサイズなので鍋の取り鉢や、
丼鉢としても使える役立つ鉢です。

22kubota_0142.jpg

陶器の軽さを生かしつつ、
長石釉をたっぷり施していて、
丈夫で扱いやすい仕上がりです。

22kubota_0143.jpg

鉄発色のブルグレー、黒、焦茶の配色は、
どんな料理や食材も美味しそうに引き立ててくれる、
秋の食卓で活躍してくれる鉢です。

                甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

新米の香りと味と飯碗

毎年三重県のTさんが新米を送ってくれます。
年を重ねるほどに新米の香りと味を楽しめています。

21mitufuji_1140.jpg
光藤佐 白磁鎬飯碗 大 5,500円
径12.3cmH6cm


いつものマイ飯碗でも楽しんでいるのですが、
この時期の主役になっている新米を、
より楽しむために手持ちの飯碗にかえて、
気分をかえても楽しみ味わっています。

21mitufuji_1142.jpg

普段は粉引の飯碗ですが、
白磁の飯碗に変えたり、
あえて漆の椀で食べたりと、
不思議な感じですが味変します。

21mitufuji_1140.jpg

というより、
新米を味わう気持ちが高まるのか、
身構えるのか、
意識を高めるのか、
センサー感度が高くなる気がします。

21mitufuji_1143.jpg

この2週間で結果がでています。
馬ではなく甘庵が肥える季節になっています。

               甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

注ぐと花が咲くコーヒーカップ

暑くなく寒くなく秋らしい日が続きます。
カフェのテラスでのんびりお茶するのに理想的な天気です。

21nonami_0391.jpg
野波実 青白磁花コーヒーカップ 2,700円
平均のサイズ径8.5cmH7cm
程よく入れて120cc


いえカフェに出向かなくても、
おウチのベランダやテラスでも、
いえ、窓際のお部屋で窓を開けて、
それだけで爽やかな秋風を感じ取れます。

21nonami_0393.jpg

お気に入りのお茶や紅茶やコーヒーを、
お気に入りのカップの一杯で、
心和む時間になります。

21nonami_0392.jpg

ゆったり過ごす時間がなくても、
お気に入りの一杯で、
飲み干す頃にはリフレッシュ。

21nonami_0395.jpg

うつわ好きの甘庵ならば、
お気に入りのカップの一杯のコーヒーで、
充電になり切り替えになります。

22nonami_0538.jpg

ご紹介している野波さんの青白磁花コーヒーカップは、
注いだ飲み物の花が咲く仕掛けになっていて、
野波さんの遊び心で和める一杯になります。

                甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

愛想のないグラス

秋らしい澄んだ青空が気持ちいの良い荻窪です。
シンプルに気持ちまで晴れやかになります。

21arakawa_0160.jpg
荒川尚也 ハイボールグラス 4.180円 (旧価格) 
平均のサイズ:径7.3cmH9.5cm


ご紹介する荒川尚也さんのハイボールグラスも、
シンプルなフォルムと澄んだ素地で、
ガラス好きには心地の良い仕上がりです。

21arakawa_0162.jpg

底部分に少しだけ細かなモールが施されていますが、
後は愛想のないデザインです。
それでもガラス好きには心惹かれます。

21arakawa_0161.jpg

アワもモールもないそっけない素地ですが、
よくみると息を吹きこみ膨らませていったときの、
伸びていくさまが想像できる揺らぎが見えます。

21arakawa_0163.jpg

溶けたガラスを竿に巻き取り、
息を吹き込み膨らんでいく、
制作工程の動きが見えて嬉しくなります。
やきもののロクロ目から動きを感じ取れるように、
ワクワクしてしまう器好きの反応です。

まぁ、かなりレアでコアな受け止め方だとは、
思っております。
でもご紹介したくなります。

                甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

茶の味を引き出す急須

朝から冷たい雨で時折雨足が強くなる荻窪で、
今ひとつ活動的にはなれず、
スロースタートという感じの日曜です。
でも明日からはまた秋晴れが続いて、
気持ちの良い天気になりそうです。

冷房や暖房に頼らず、
窓を開けて外気を取り入れて過ごせる、
春秋の季節感を楽しめる期間が短くなっています。
なのでなるべく秋を感じて過ごしたいなと。
ついつい週間天気予報を見てしまします。

23kato_0163.jpg
加藤財 急須 色 14,300円
容積190ccc


ただ秋雨の静かな1日も良いものなのかもしれません。
これも季節感として楽しむべきなのでしょう。
そう思い直して濃いめの煎茶を、
少しだけ湯の温度を上げて淹れてみます。

23kato_0165.jpg

マーケティングとしての品揃えで、
本当は季節感とは言えないけど、
ついつい栗の字にやられて買ってしまった、
小分けにパックされて今時の天津甘栗を、
今日のお茶のお供にします。

23kato_0164.jpg

今時のツイーツに比べると、
ほんのり甘い栗と、
渋めのお茶で少しシャキッとしました。

23kato_0166.jpg

こんな時には小ぶりの急須で、
茶葉の量を気持ち多めにして、
少し長めに茶葉の開くのを待ってから、
きっちり縛り出すように注ぎ、
いただく濃いめのお茶が美味しいです。

さぁ〜今日も淡々と日常を過ごすことにします。

                   甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

使いかた明記のカップ

今日は巳亦敬一さんの新スキアイスカップをご紹介します。
小鉢やボールなどやタンプラーなどだと、
盛り付けるものや飲み物は人によって、
色々と浮かぶと思いますが、
アイスパックとあるとほとんどの人が、
アイスクリームをイメージすると思います。

<21mimata_0112.jpg
span style="color:#6666CC;">巳亦敬一 新スキアイスカップ 3,520円
径9.5cmH9cm 程よく入れて130cc満水で250cc
近年は使い方を自由に楽しむめる器が人気です。
多目的多様性が好まれます。
その意味でも器のネーミングは、
イメージの広がりがあるものが多くなりました。

21mimata_0113.jpg

その逆をいくアイスカップの名称は、
巳亦さんの思いれなのかもと、
ビールがお好きというイメージがあるのですが、
アイスクリームも大好物だったりするのかも?
と、面白がった妄想を広げていました。

21mimata_0114.jpg

飲み物に使う方も多いのでサイトにも表示のように、
程よく入れて130cc満水で250ccです。
液体に使うときなら130ccですが、
アイスなのですからたとえばチョコサンデーなら、
器から盛り上がって盛り付けが嬉しいです。

21mimata_0115.jpg

となれば250ccプラスの容量になります。
市販のラクトアイスの大きいのが売りの、
⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎スーパーカップあたりで200ccですから、
(さっき食べた空の容器で測りました)
チョコやフルーツトッピングをしても、
このカップなら程よい盛り付けなるかも。

と巳亦さんはアイス好き人間かも。
と上の計測できたことでもご推察した方多いかもですが、
アイス好き人間甘庵の妄想推理でした。

                  甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

荻窪は過ごしやすい秋日和が続いています。

美味しい妄想うが止まらない皿
朝晩は涼しさを感じて温かいものが好ましくなりました。
装いの食べ物の器もです。
今日は久保田信一さんの温かみのある釉調の、
栗虎釉四寸五分皿をご紹介します。

18kubota_0233.jpg
久保田信一 栗虎釉四寸五分皿 2,200円
径13.5cmH2.5cm


久保田さんがお得意な鉄で発色させる釉薬で、
黒茶から黄色までの発色がポップな皿で、
和の惣菜からスイーツまでが楽しめます。

18kubota_0235.jpg

鉄分の濃淡で黒茶から薄黄までが、
釉薬が溶け出したときに流れ溶け合う、
動きのある文様です。

18kubota_0234.jpg

食いしん坊の甘庵の妄想が走りだします。
瓜の中に大葉を巻いた唐辛子がはいる、
鉄砲付けの浅漬けの緑が絶対映えそう。

181kubota_0236.jpg

栗蒸し羊羹もいい。
羊羹ならびで芋羊羹も似合うはず。
関連ないですがお赤飯も美味しそう。

不思議ながらで不思議な色合いですが、
美味しそうな連想が止まりません。
もっと不思議にどんな料理もスイーツも、
美味しそうに盛り映えする四寸五分皿です。

                甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

歪ませひょうげた鉢

やきものでは蹴轆轤挽きして柔らかいうちに、
歪ませる少し野趣な味わいを出す手法があります。

21mitufuji_0277.jpg
光藤佐 粉引片口鉢7寸 11,000円
W21cmD19.7cmH8.2cm


回転体としてできあがった美しさを、
あえて破綻させるためひょうげた感じや、
柔らかさや動きを連想させます。

21mitufuji_0281.jpg

ただやりすぎ感があると、
下品な表情になったり、
泥臭しすぎるデザインにもなりかねません。

21mitufuji_0278.jpg

直に手で造形するために、
手あとが残った姿になるからこそ、
作り手のセンスや技量がはっきりとしてしまいます。

21mitufuji_0280.jpg

ご紹介している光藤佐さんの粉引片口鉢七寸も、
蹴轆轤挽きのあとに縁から口をつまみだし、
その際に内側に押し込むことで、
口の左右の方向に広げ歪めています。
逆の方向の口の方へ伸ばすほうが多いのですが、
その辺りも光藤さんの造形美を感じとれます。

穴窯でしっかり焼かれ自然釉がかかり、
見込みには重ね焼きの目あとや御本の発色と、
使い込むのが楽しみな窯変も見られます。

               甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

聞き慣れない手付碗≒マグカップですが

今日の荻窪は朝からしとしと降る肌寒い天気です。
温かい飲み物が心和む季節を感じています。
自然とカップや湯呑みの選択が大きいものになります。

21nonami_0474.jpg
野波実 青白磁手付碗 3,500円
平均のサイズ径11.3cmH6.6cm
程よく入れて210cc


今日ご紹介するのは野波実さんの白磁手付碗です。
「手付碗」は聞き慣れない響きですね。
野波さん独特の器への思いがネーミングにでています。

21nonami_0476.jpg

普通にいえばマグカップですし、
そういっても良いのですが、
少しだけ作り手としての思いれがあるのが、
マグカップというイメージだけの使い方にならないでほしい。
ということだと甘庵は解釈しています。

21nonami_0475.jpg

つまり、小鉢や小ぶりの碗を持つ時に、
手があると便利と思われる方へ、
小鉢や小ぶりな碗として使っていただけたらと。
そういう優しい気持ちからのネーミングなんです。
そこが野波さんの人柄です。

21nonami_0477.jpg

確かに年を重ねてきた甘庵は、
ハンドルで持って食べて見ると、
なかなか便利に思う時があります。

寒いくなって指が荒れて小鉢を持ったり、
指にバターが付いてしまって滑るときなど、
ハンドルで持つと楽ちんです。
で、違うタイミングではカフェオレやココアも飲む。
そんな、優しい思いの手付碗です。

                甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

思い入れのグラス

甘庵が毎日手にする器がいくつかあります。
飯碗、湯呑み、マグカップ、マイグラスなど。
どれも長く使ったいますが、
中でもマイグラスになっている、
荒川尚也さんの5モールグラスは、
43年目になろうとしています。

221arakawa_0208.jpg
荒川尚也 5モールグラス 3,300円
平均のサイズ:径6.5cmH 8.5cm


今と手元で使っている5モールグラスは5客ほどあるのですが、
途中で補充したりしているので、
少しずつサイズが違ったりします。
その中の一つが一番長く使っているマイグラスです。

221arakawa_0210.jpg

荒川さんと出会って初めて手に入れたグラスです。
5客とも初期のものなのでフォルムやサイズは今よりも、
少し大きく太くいい意味で手仕事感あります。

221arakawa_0209.jpg

さらにマイグラスは素地の改良前で、
素地が今より少し透明度がなかったり、
モールが強すぎて底が汚れやすかったりと、
欠点もあるのですが、
でもこれが甘庵には手に馴染む。
いや初恋の出会いのように過大評価なのでしょう。
思い入れが強いだけなのでしょうが、
それでもこのグラスが落ち着きます。

221arakawa_0211.jpg

その後マイナーチェンジや改良を経て、
今の5モールグラスになっています。
そこには荒川さんのグラス一号モデルに込めた思いが、
面々と引き継がれていることは間違いありません。
だからこそのロングヒットセラーのグラスです。

                  甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

秋を和めるポット

極端な天気で急に涼しくなりました。
朝夕は寒いくらいになって、
少し前までの麦茶をぶ飲みから、
番茶やほうじ茶がおいしくなり、
温かい飲み物で和めるようになっています。

23kato_0108.jpg
加藤財  ポット 白丸 14,300円
容積500ccc


今日はたっぷりの番茶やほうじ茶を楽しみたい、
加藤財さんのポット白丸をご紹介します。

23kato_0110.jpg

曲面が美しいフォルム。
隅々まで繊細な仕事。
スルスルスパッと切れる心地よさ。
丁寧な「す」(茶漉し部分)作り。
そしてお茶が美味しは、
財急須・ポットの共通仕様です。

23kato_0109.jpg

細部のデザインが甘庵好みです。
蓋と本体の際は少し立ち上がりがあります。
もちろん蓋と本体に無駄な隙間はありません。
ひけらかさない摘みのデザイン。
素地に胡麻文が数ヶ所見られます。
甘庵には色白の完全無垢よりも馴染みます。

23kato_0111.jpg

容積は500ccほど。
100cc前後の客茶碗ならば五杯。
一合前後でほぼ三杯。
食後にたっぷり飲むのにちょうど良いサイズです。

秋を味覚と美しいポットで入れた番茶ほうじ茶で和めます。

                     甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

やわらかな色合いのまま使い手に優しいガラス小鉢

今日ご紹介するのは、
見た目はオーソドックスながら美しいフォルムで、
期待通りに使いがったと盛り映えのする、
巳亦敬一さんの台付鉢色模様Rです。

21miamata_0030.jpg
巳亦敬一 台付鉢色模様 R 4,180円
径12.5cmH5.2cm


強い主張は受けませんが、
手間をかけた丁寧な仕事で作られていて、
使い出すとじわじわとその魅力を感じて、
愛用の小鉢になる方が多いのが、
巳亦さんのガラス器の味わいです。

21miamata_0032.jpg

スキガラスとスキガラスの間に、
仕込んでおいた色ネタを挟み込み、
ベージュのベースをつくり、
やはり作っておいたトンボ玉を、
4ヶ所に差し込み。
スキガラスのパーツを縦に埋め込み、
ベージュ色の素地が薄くなって、
素地に縦縞模様を作り出しています。

21miamata_0031.jpg

サイズ的には使いやすい四寸小鉢です。
不透明なことや高台もあって、
やきもので馴染んでいる小鉢の形です。

21miamata_0033.jpg

使い方としてもガラス器のイメージのデザートだけではなく、
繊細で優雅な盛り付けや、
色鮮やかな盛り付けなど、
お料理の味を盛り立ててくれる器です。

                  甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

発送料金変更のお知らせ

荻窪銀花で承るWEB注文やお買い物の発送を、
ゆうパックを利用させています。
2023年10月1日をもって料金の変更がありましたので、
荻窪銀花から発送の料金も変更させていただきます。
ご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

                 甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

窓を開け秋の気配を感じる

はっきりしない天気の荻窪ですが、
エアコンを止め窓を開けて扇風機やサーキュレーターで、
過ごせてじんわり秋を感じています。

豪雨災害や真夏日が多かったり、
記録的なという響きが当たり前の気象状況で、
お気の毒な被害をうけてしまった方はもちろん、
それ以外の多くの人も暮らしかたや食べ物などで、
気候変動の厳しさを感じいると思います。

18kubota_0237.jpg
久保田信一 栗虎釉三寸五分小鉢 2,200円
径11.3cmH3cm


ぼくらにできることは限られていると思いますが、
無理のない範囲で積み重ねていることを意識して、
暮らすことが大切になってますね。

18kubota_0239.jpg

ご来店をご予約で承っている荻窪銀花は、
ご来店予定は入っていない時には、
エアコン設定、照明点灯などを最小限にしたり、
この夏中はカーテンをしめて日照を抑えたりと、
見てくれはしょぼいのですが、
細かな努力を心がけてきました。

18kubota_0238.jpg

その意味でも今日は窓を開けて、
短く少なくなっている中間期の秋の気配を、
心地よく感じています。

18kubota_0239.jpg

という気持ちもあって、
秋色の釉調をもつ久保田信一さんの、
栗虎釉三寸五分皿をご紹介しています。
秋の美味しそうな味わいを持つ小皿です。

                甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ