fc2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

遊び心の仕掛け

野波実さんは心優しい柔らかなお人柄で、
人柄のままの使い手に優しい器を作られます。
加えて遊び心満載の器作りも楽しんでいます。

21nonami_0443.jpg
野波実 白磁ネジ蓋ふりだし 小 6,000円
径 5.8cmH8cm


わかりやすい作品をご紹介します。
白磁ネジ蓋ふりだしです。
名称のとおり蓋の栓部分と本体の口内側に、
ネジが切られています。

21nonami_0445.jpg

納まっている状態だと逆さにしても、
蓋が落ちません。
蓋を取るにはネジを解くように回して、
開栓します。

21nonami_0446.jpg

たしかに蓋が落ちないというのは、
使い手に優しい納まりのデザインですが・・・。
逆に開栓に時間がかかります。
利便性だけならこの時間を不便とも感じると思います。

21nonami_0447.jpg

でも遊び心を楽しむ者には、
やられた感があって、
ニタリとしてしまうはずです。

蓋をとってそばに置いた景色には、
面白い趣が生まれ、
小さな一輪差しとして使いたくなります。

                  甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

長く愛されている定番ボウル

荒川尚也さんの澄んだ素地に魅了されて43年が過ぎました。
初めの頃は素地を生かした無地の器だけでした。
数年後に空気を閉じ込めた泡の点文が出来、
さらに数年後に発泡した泡の文様の器が作られました。

22arakawa_0001.jpg
荒川尚也 ボウル 11,000円 
径21.5cmH8.3cm


使い勝手が良く丈夫なガラス器の上、
澄んだ素地に泡文が華やかに映えて、
ファンの心をしっかり掴みました。

22arakawa_0002.jpg

ご紹介しているボウルは泡文ができ始めた頃から、
変わらず作られているロングセラーです。
何気のないフォルムは飽きがこず、
使い勝手は申し分ないのですから、
長く愛されているのは自然なことです。

22arakawa_0003.jpg

サラダボウルとして盛り鉢をして、
普段使いから少し晴れの場の器としても、
幅広く多様に使えます。

22arakawa_0004.jpg

涼しげな器だったガラスも、
空調の効いた温かい部屋の中では、
氷のような表情が冬の器として盛り映えします。

                  甘庵
       

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

一つずつとの出会い好みで

手仕事の器はよく見ると顔つきが一つずつです。
加藤財さんの急須・ポットは意図的に変えて、
一つずつの作品として作っています。

2212kato_0313.jpg
加藤財 ポット 白丸 13,200円
容積480cc


例えば棚に並んだ同じポット白丸を見比べると、
どれも美しいフォルムと隅々まで丁寧な仕上がりで、
加藤さんのポットだという特徴をもっているのですが、
それでも一つずつの個性を備えています。

2212kato_0315.jpg

銀花では選んでいただくときには、
水で注ぎ具合を試してもらっています。
掌の大きさ形が人それぞれ違うので、
注ぎ心地も人それぞれになります。

2212kato_0314.jpg

もちろん姿や土味なども好みは人それぞれです。
出会いと選択は良し悪しではなく、
自分の好みが一番の決め手になります。

2212kato_0316.jpg

甘庵はなんとなく一言の言葉をつけて、
選ぶときに気分に沿う出会いを大切にしています。
ご紹介しているポット白丸は「優雅」です。

                  甘庵
 


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

冷茶飲まない季節に大活躍冷茶器大

日差しが回復して晴れやかな荻窪です。
でもあのおかしな暑さは流石になくなり、
しっとりした空気感ですっかり晩秋になりました。

お客さまへのオヤツの時にも、
冷茶は飲まなくなりました。
温かいお茶やコーヒーが主流になっています。

でもご紹介している巳亦敬一さんの新スキ冷茶器大は、
冷茶飲む機会へってむしろ活躍する器です。
暑い時には冷たい飲み物全般を引き受けられる活躍でしたが、
もう一つの盛る器として小鉢や小ボウルとして、
抜群の使い勝手の良さを発揮します。

21mimata_0116.jpg
巳亦敬一 新スキ冷茶器大 3,080円
径9cmH8cm 程よく入れて180cc


被せガラス部分にモールが施され、
素地の厚みの変化やうねりが、
光を屈折し反射して黄金色の輝きを見せてくれます。

21mimata_0117.jpg

モールは外から触れば凹凸のある線文様ですが、
内側を指でなぞると凹凸がほぼなく滑らかです。
中にお料理やデザートが入って時に、
箸先やスプーンの先が引っかかるず、
スムーズに掴み掬うことができます。

21mimata_0118.jpg

モールの凹凸が手に持ちやすく、
冷茶器ならではの口当たりの良さで、
器を手に持って食べる時や、
口につけて食べる時にも、
フルに性能を発揮します。

21mimata_0119.jpg

お手元にある陶磁器やガラスの四〜五寸皿を、
受け皿として取り合わせたり、
大きめの茶托やコースターなどと組み合わせると、
少し贅沢な装いになって楽しめます。

               甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

オヤツで気分が盛り上る皿

朝から冷たい雨の荻窪です。
日差しもないので肌寒く、
気持ちも沈みそうな天気です。
午後には回復してくるという予報に期待しちゃいます。

こういう時には熱々のコーヒーと、
常備している好物の板チョコで、
テンションを上げることに。

パッケージを剥いてそのままでなく、
うつわ屋としてはお気に入りの小皿に、
盛り付けて・・・置くだけですが。

それに気温が低くなってくると、
パキッと割る時に意外と破片がでます。
そこで五寸以上のサイズの皿を使います。

22kubota_0562.jpg
久保田信一 長石釉鉄流描五寸皿 2,530円
径14.8cmH3cm


これで飛び出た破片も飛び散ることなく回収できます。
一粒なりとも見逃さずいただきます。

22kubota_0560.jpg

ご紹介している久保田信一さんの長石釉鉄流描五寸皿は、
板チョコ好きとしておすすめですね。
切り分けた1/3か1/2が程よいサイズです。

22kubota_0561.jpg

盛り付けた板チョコの色合いが映えるだけでなく、
そばにあることになる板チョコを包む包装が、
贔屓のメーカーがどこでも、
焦茶でも、赤でも、ブルーでも、
いい感じで引き立ててくれます。

22kubota_0563.jpg

つまりこの鉄発色の皿は、
様々な色合いや食材が、
美味しそうに盛り映えするからです。
ということは普通のイメージではない板チョコでなくても、
ケーキでも饅頭でもということです。

                甘庵
 
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

白くないけど白磁そばちょこ

この数日の荻窪は秋らしい季節を感じています。
ただ窓から見えるい街路樹の銀杏は緑葉のままで、
黄葉はもう少し先になりそうです。

21mitufuji_0356.jpg
光藤佐 白磁そばちょこ 大 3,520円
径8.5cmH6.5cm 程よく入れて150cc


今日ご紹介するのは白くない白磁そばちょこです。
光藤佐さんの穴窯で焼かれた器で、
薪の灰が降りかかって自然釉になり、
淡い緑や黄色がかって釉調になっています。

21mitufuji_0358.jpg

口縁に鉄巻きが釉に溶け出して、
茶や黄色のなだれも見せ、
灰が多くかかったところには禾目も見え、
一つずつ少しずつ違う窯変の景色を見られます。

21mitufuji_0357.jpg

程よくいれて容積150ccほどのサイズで、
そばちょこはもちろんですが、
小鉢としても使い勝手の良く、
湯呑みやカップとしても楽しめます。

21mitufuji_0359.jpg

白磁の丈夫な硬さや、
匂いうつりしにくい使いやすさなど、
身の回りで活躍してくれるそばちょこです。

                甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

一つだけの歪みの小飯碗

今朝の荻窪は台風が近づいているような天気です。
湿って暖かく強い南風が吹いていました。
午後には雨は上がって気温も27℃まで上がる予報です。
11月とは思えない連日真夏日が続いています。

半袖基本の過ごし方をしているせいか、
気持ちもゆるくなっている気がします。
そんな怠け者甘庵の気持ちが惹かれたのが、
野波実さんの際白磁飯椀小です。

22nonami_0723.jpg
野波実 青白磁飯碗 小 2000円
径10.6~10.7cm H5~5.2cm


両掌の中にすっぽり収まるほどの、
小ぶりなサイズの飯椀です。
野波さんの蹴轆轤で一個挽きらしい、
ゆるやかに歪んでいる姿です。
同じようなサイズのものがあっても、
どれも一つずつの顔つきの飯椀です。

22nonami_0724.jpg

このゆるい歪みが心和めてます。
ロクロを引いた後に意図的に歪めた楕円とは、
違う規則性のない歪みで、
円形や正方形とは違う、
自然物に近い完成形を感じます。

22nonami_0725.jpg

強いていうなら石ころや、
過度な手入れされていない果物や野菜のような、
程よい歪みです。

22nonami_0726.jpg

コンピューターを使ったグラフィックやデザイン、
型で整形した食器にはない、
温もりのある歪みのほうが、
自然と感じて心地のよい甘庵です。

                 甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

美味しそうなボウル

今年の夏には「観測記録始まって以来・・・」や、
「⚪︎月としては」などの枕詞がつく天気の情報を、
何度も耳にしましたが、
秋になっても同じようです。
今日も半袖を基本ですごし、
朝夕薄手のものを羽織ることで、
調節している感じです。

めちゃくちゃ暑かったときや、
極寒という天気よりは、
楽にすごせるのですが、
さてこれもまた農作物や観光など、
狂わせることにならないとよいのですが。

22arakawa_0075.jpg
荒川尚也 ボウル 小 4,400円
径12.5cmH6.5cm


とまた冷たい麦茶を飲みながらの書き込んでいる甘庵は、
頭の片隅に冷たいデザートがよぎっています。
となればこの器を使いたい。
荒川尚也さんのボウル小です。

22arakawa_0077.jpg

黒蜜たっぷりの豆寒が似合いそう。
バニラアイスに蜂蜜をたらして・・・。
コーヒーゼリーを大盛りでも。

22arakawa_0076.jpg

いえ、野菜サラダも似合います。
かぼちゃサラダもポテサラも。
コールスローもいいですね。

22arakawa_0083.jpg

と、食欲増進妄想が止まらなくなる、
このボールそのものが美味しそうな、
荒川尚也さんのボウル小です。

               甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

少しだけ自己主張のある財急須

今日ご紹介するのは加藤財さんの急須後手黒長丸です。
少しへそ曲がりな甘庵は個性のある器に惹かれます。
財急須らしさの丸みがあるのですが、
一番人気の丸とは少し違うフォルムです。

22kato_0426.jpg
加藤財 急須 後手 黒長丸 11,000円
容積250cc


財急須はよくみればどれも一つずつです。
それでいてどれも財急須としての顔を持ちます。
この急須もほぼ丸型なのですが、
少しだけ縦長の姿をしています。
そこに惹かれます。

22kato_0427.jpg

どこかクラシカルな風情をもち、
凛とした佇まいのフォルムは、
上品で格調高く感じます。

22kato_0428.jpg

摘みも大人し目にまとまり、
蓋と本体との際の納まりかたも、
自然体で落ち着きがあります。

22kato_0429.jpg

少しだけ高さのあるデザインは、
コントロールしやすい注ぎ心地で、
するするスパッとが一層際立ちます。
少しだけ自己主張を感じる財急須です。

               甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

華やかでエレガントなミニなデザートカップ

今日ご紹介するのは巳亦敬一さんのデザートカップミニです。
新スキシリーズの特徴の黄金色の輝きが、
小さな器のなかで煌めいています。

21mimata_0137.jpg
巳亦敬一 新スキデザートカップミニ 3,410円
径8.5cmH7cm


巳亦さんのワイングラスやビールグラスを同様なつくりで、
カップとステムとベースがありますが、
作り方としてはカップ部を伸ばしたステムを、
台の中に差しこんであるため、
優雅なフォルムですが実用的な丈夫さを備えています。

21mimata_0138.jpg

カップ部に向かい合わせの二方向から、
溶けて動きのある被せガラスを施し、
その部分にはモールも施されています。

21mimata_0139.jpg

この重なりの厚みとモールに、
受けた光が屈折反射して黄金色に輝きます。
ガラス素地の色ではなく、
置かれた光の反射なので、
電球色だと特に深みのある濃い黄金色になります。

21mimata_0140.jpg

小ぶりですが華やかでエレガントな佇まいで、
一口デザートを盛り付けたり、
前菜を盛り付けたり、
酒盗を盛り付けたりが似合う器です。

                 甘庵
 


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ