fc2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

柔らかな動きのある皿

今日ご紹介するのは荒川尚也さんのDip皿小です。
使い勝手の良い五寸皿のサイズ感です。
見込み側にリブのような段差に見える部分は、
そこから見込み内側部分が被せガラスを施してあります。

23arakawa_0412.jpg
荒川尚也 Dip皿 小 4,400円
径16.5cm~H18cm径1.7cm~2.2cm


被せた部分に点、点、点とアワが続いた線文が入っています。
これは素地に大きなノコ刃をあてて凹みを作り、
馴染んでしまわないうちに被せガラスで凹み分の空気を閉じ込めて、
連続するアワ文にしています。

23arakawa_0413.jpg

溶けたガラスを被せるときに、
あえて真円にならないように歪みやうねりをつけて、
柔らかな揺らぐような景色にしています。

23arakawa_0416.jpg

荒川さんのアワはグラス類などに見られる、
発泡させたものが多いのですが、
この皿やヨーグルトカップの、
静かなアワも甘庵は大好きです。

23arakawa_0415.jpg

柔らかな造形は湧き出す泉の情景が思い浮かびます。
荒川さんならではの澄んだ素地だからこその、
柔らかな動きのあるアワ文です。

                  甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

力強さを立体感のある文様

今日ご紹介するのは光藤佐さんの粉青掻落皿七寸です。
一旦白化粧土を全面に施して粉引皿の状態にして、
ヘラなどで素地が出るまで化粧土を掻き落として、
見込み部分に文様を描き出しています。

21mitufuji_1132.jpg
光藤佐 粉青掻落皿7寸 7,150円
径20.5cmH4cm


大胆にデフォルメした葉から新芽がでている構図は、
皿として印象強いのですが、
不思議と使い出すと料理の邪魔をせず、
むしろ盛り映えする皿に仕上がっているのは、
さすがお料理好きの光藤さんです。

21mitufuji_1134.jpg

掻き落としは絵の具で描くのとは違う表現になり、
版画に少し似ているかもしれません。
いえ、板木の状態が近いかもしれませんね。

21mitufuji_1133.jpg

絵筆で描き出したしなやかさはないのですが、
削り出す作業の音や動きを感じ取れて、
立体感と力強さを持つ文様に仕上がっています。

21mitufuji_1135.jpg

穴窯で焼かれて灰が降った釉調は、
透明釉よりも表情豊かで、
化粧土と素地も見えて、
温もりのある皿になっています。

                  甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

くつろぎの時間を豊かにするポット

今日ご紹介するのは加藤財さんのポット白瓶子です。
300ccと小ぶりなポットです。
一人紅茶を楽しむのにぴったりですが、
たっぷりお茶を飲みたい時にもおすすめです。

22kato_0388.jpg
加藤財 ポット 白瓶子 13,200円
容積300cc


ポットのイメージする形と異なる印象を持たれるかもしれませんが、
注ぎやすさや安定性などの使い勝手も良い上に、
美しい姿が魅力の加藤さんオリジナルの瓶子型です。

22kato_0389.jpg

腰が張らないフォルムから、
ポピュラーな丸型に比べると容積は少なめですが、
それ以外の点ではとても魅力のあるポットです。

22kato_0390.jpg

急須はポットはお茶や紅茶などを淹れるだけの器で、
食器とは別のジャンルになるもので、
由来は煎茶道具だったりティサロンに主役だったりと、
亭主やホストだけが扱えた、
基本は貴族的なお道具だと甘庵は思っています。

22kato_0391.jpg

そこにはゆとりのある時空が存在していました。
魅力や力のある急須やポットは、
それを使うことで自然と豊かな時空を引き寄せてくれると、
ちょっとオーバーに考えています。

加藤さんのこのポットにもそんな力があると思います。
バタバタを急いでお茶をいれるのが似合わず、
これでお茶を淹れると自然に、
ゆったりした所作になり気持ちも穏やかになっていきます。
一杯のお茶を楽しみくつろぐことで、
気持ちのなかにゆとりが生まれているはずです。

                甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

八寸皿の醍醐味はプレーン

今日ご紹介するのは小野寺友子さんの白磁八寸皿です。
純白ではなく僅かな濁りを持つ素地が生かされていて、
無地なのに景色が見えてきます。
洋皿的の良さを備えた和皿だと思います。

24onodera_0250.jpg
小野寺友子 白磁八寸皿 5,500円
径25cmH4.5cm


プレートのような平な見込みではなく、
そこそこの深みをもっています。
それでいて見込みの納まりはよく、
プレート的なしつらえも出来ます。

24onodera_0252.jpg

忙しい時には一食のレイアウトが、
これ一枚で済みそうな、
それでいてチープな気持ちにはならない、
美味しそうな盛り付けになるお助け皿です。

24onodera_0251.jpg

多彩多様な食材や料理を受け止めて、
カジュアルにも気合をいれても、
広がりを加えてくれる力のある皿です。

24onodera_0253.jpg

素地は磁器なので、
丈夫で扱いやすく、
日常使いに最適でな皿です。

               甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

吹きガラスなのに丸くない

今日ご紹介するのは巳亦敬一さんの新スキ楕円デザートカップです。
やきものの和食器では楕円の器を見かけますが、
洋食器としてのスタートのガラスの器には少ない形です。

<23mimata_0017.jpg
span style="color:#6666CC;">巳亦敬一 新スキ楕円デザートカップ 3,740円
W13cmD12cmH6cm

量産のガラス器では見かけることがありますがほぼ型ものです。
巳亦さんの楕円デザートカップは、
吹きガラスの特徴通りにまずは丸く作ってから、
楕円に歪めています。
この感覚はほぼやきものの和食器です。

23mimata_0019.jpg

実際にデザートカップなのですが、
高杯向付として料理や食材を選ばず、
美味しそうに盛り映えします。

23mimata_0018.jpg

またおすすめできる特徴として気軽に日常使いできることです。
脚のある高杯型は丈夫さと収納時の重なりが気がかりですが、
巳亦さんの納まりではしっかりした作りと安定感があり、
楕円なのに重ねると4客ぐらいまで無理なく重ねられ、
収納と出し入れが楽です。

23mimata_0020.jpg

これからの季節、先んじてガラスを使いたくなってきます。
名称通りにデザートからお料理を盛り付けて、
美味しく楽しめるガラス器です。

                     甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

灰色から緑に

今日ご紹介するのは久保田信一さんの灰釉板皿です。
面白い作り方と灰で調合した釉薬の綺麗な緑です。
燃料を燃やすことで得られた高温の窯のなかで、
灰が緑色のガラス質になります。

24kuboto_0286.jpg
久保田信一 灰釉板皿 5,280円
W23.5cmD17cmH4cm


色のなかった冬から、
緑色が萌え出してくる、
春の景色を思い浮かべました。

24kuboto_0288.jpg

皿の長手方向にうねる表情が見えますが、
これはロクロ目です。
そうなんですこの皿はロクロで挽き出されています。
「え?」と思いますよね。

24kuboto_0287.jpg

説明します。
ロクロで花入を作るときのように円筒形を作ります。
これを底が抜けた状態に切って外して、
パイプ状にします。

24kuboto_0289.jpg

これを縦に切り開いて、
皿の形に形にしたものです。
画像で上がパイプの時の上です。

こうして作られた皿に、
木灰で調合された釉薬を施して焼成しました。
木灰の中に含有されている鉄分が、
還元炎で焼成されるとこのような綺麗な緑釉になります。
自然の発色なので食材が美味しそうに映えます。

                  甘庵
   

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

梅薫る小路

先週降った時の雪かきが黒くなって、
建物の北側に僅かに残った小路の向かいの、
日当たりの良いお庭に白梅が咲いていました。
寄ると春の香りが漂ってきました。

21nonami_0091.jpg
野波実 青白磁小壺 2,600円
径6.5cmH7cm


梅の別名に春告草がありますが、
なんで春告花ではないのかなといつも思います。
草でなく木なら不服ながらもまだ納得できます。

21nonami_0093.jpg

それでもいち早く春に木に花をつけて、
姿も香りも心地の良く大好きな花です。
色も種類もあって楽しめますが、
一つ選ぶなら・・・白梅。
梅の実を楽しめるからです。

21nonami_0092.jpg

梅は気軽に切っても良いと言われていたので、
枝振に関わらない影のところなどをちょこっと切って、
徳利など小さめの花入にいれて、
花と香りを楽しめます。

21nonami_0094.jpg

そのイメージから今日の小さな花入をご紹介しています。
野波実さんの青白磁小壷です。
ほのかに青味がかった釉調は、
凛としながらも気張らずに、
草花を自然に受け止めて映える花入です。

                  甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

定番品価格の混在するHP

この数年の燃料や材料の高騰から、
作り手たちも価格改定をせざるおけない状況が続いています。
そのために定番品制作をしてくださっている作り手の、
荻窪銀花のHP内で定価の混在があります。

21arakawa_1196.jpg
ハイボールグラス 4.180円 (旧価格)
平均のサイズ:径7.5cmH10.3cm


荻窪銀花は入荷時の販売価格を変えないため、
在庫の価格と新しい入荷品の価格の両方が表示されます。
さらに店主甘庵の好みでマニアックな品揃えもあり、
もともと数量は少ないのですが、
ゆっくりした出会いの品物は旧旧価格という状況が。

21arakawa_1198.jpg

今年に入って荒川尚也さんの価格改定のお知らせが届いています。
荒川さんの作品は、
硅砂やソーダや石灰やなどを調合した材料を、
高温になった坩堝の中で溶かして、
オリジナルの澄んだガラス素地を作り、
この溶けたガラスを吹いて作品ができます。

21arakawa_1197.jpg

このガラス素地を作る工程だけでも、
千数百度を超える高温にする燃料が必要で、
燃料価格高騰がそのまま響いてしまいます。
どうかご理解いただきたいと思います。

21arakawa_1199.jpg

旧価格のままのコアな作品は、
これから旧旧価格になります。
荒川さんファン甘庵のずれた感覚では、
それらの中の定番品は、
新価格よりもリーズナブルととらえれば、
マニアックなファンにはある意味お得価格。
という前向き能天気な反応になってしまう甘庵です。

                   甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

このところ旧正月が身近に

今日は旧正月です。
甘庵の意識化では旧暦の正月として、
俳諧や時代小説など文学的な範囲での、
どちらかと言うと現実的でも身近でもありませんでした。
近年の中国から来日する方が増えたときに、
春節として再認識し季節感として定着しました。

17mitufuji_0465.jpg
光藤佐 色絵ぐい呑み 5,280円
径5.5cmH6.5cm


節分と立春以外にはイベントはほぼない、
地味な月というイメージでしたが、 
今年は旧正月が二月で、
カレンダーを見ると、
休日があり連休になることもあり、
バレンタインデーがあり、
そこそこ華やいでいる月になっています。

17mitufuji_0466.jpg

元々四季の変化を楽しみ、
イベント好きな文化と国民性なのでしょう。
豆撒いて食べて、
絵恵方巻き巻いて食べて、
チョコ撒いて・・・今はない義理チョコの時代ですね、
今は自分のご褒美にチョコ買って食べてだそうです。

17mitufuji_0467.jpg

それでもバレンタインデーの機会を生かした、
本命チョコや本命プレゼントはあるのでしょう。
器屋としては本命うつわを贈っていただけたら、
嬉しいなと。

17mitufuji_0468b.jpg

光藤佐さんの可愛いぐい呑みをご紹介しています。
ハート型で楽しいデザインと春らしい色合いが、
バレンタインデーのイメージに重なります。

                  甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

花粉症とお気に入りの急須

晴れていても春の空らしく、
柔らかい青色の荻窪です。
水分が多いのもあるのでしょうが、
スギ花粉などが舞っていることも一因なのかと。
多くの人がこの先数ヶ月悩ませれる季節ですね。

22kato_0443.jpg
加藤財 急須 横手 白丸 11,000円(旧価格)
容積220cc


甘庵も二十歳過ぎごろから症状が出ていました。
まだ花粉症がやっと認知されたころでした。
それもあってお医者さんにいくこともなく、
当然ながら市販の薬もなく、
仕事中にはいつも手元にティッシュの箱をおいていました。

22kato_0444.jpg

それから半世紀たった今は、
不思議なくらいに楽になっています。
たまに鼻がむずむずすることがありますが、
鼻水や目の痒みなどはほぼなくなりました。

22kato_0445.jpg

これは加齢のせいなのかわかりませんが、
マスクなしでも花の香りを楽しめる、
大好きな春の散策ができます。
ともかく楽になったのは大歓迎の状況です。

22kato_0446.jpg

花粉症で苦しんでいたときに、
甘庵だけなのかもしれませんが、
煎茶を飲むと一時的に鼻の通りが良くなり、
お気に入りの急須で渋茶を味わうひとときは、
花粉症へのストレス緩和になりました。

                   甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

吹きガラスですが六角形のグラス

今日ご紹介するのは巳亦敬一さんの新スキ台付六角グラスです。
吹きガラスで作っていますが回転体ではありません。
名前の通りの六角柱のカップ部に塊の台がついています。

21mimata_0156.jpg
巳亦敬一 新スキ六角台付グラス 3,740円
対角7.5cmH14cm 程よく入れて200cc


吹きガラスは溶けたガラスをパイプに巻き取って、
息で膨らましたり、
やきものがロクロの回転で形を作るように、
横軸の反転する回転で形を作るので、
普通のグラスや食器は回転体です。

21mimata_0159.jpg

このグラスは息を吹き込んで膨らますときに、
六角形の型の中で膨らまして六角形のカップを作ります。

21mimata_0157.jpg

ただ巳亦さんなので工程の途中に、
点線上に凹みを作って被せガラスを施して、
空気の泡の文様を作りこんだり、
口縁部分にモールを施したりしています。

21mimata_0158.jpg

六角形を作る金属の型に触れた面が、
回転体のつるんとした表面とは違った、
鱗状のテクスチャーを持ち、
六角の角や台の部分などで、
光の反射や屈折が生まれて、
黄金色の輝きを増しています。

また氷をいれた飲み物のときに、
角のある内側に触れて軽やかに響き、
冷たい飲み物の楽しみが増えます。

               甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

雪兎が映えそうな皿

今日の荻窪は昼過ぎから降っていた雨になりました。
明日の朝まで降るところもありそうで、
通勤時に足元悪くて怪我する方や、
交通機関の乱れが心配です。
東京近郊の高速道路は先んじとの処置なのか、
通行止めになりました。

24kubota_0281.jpg
久保田信一 黒釉盛り皿  7,700円
径25cmH4cm


と大人の頭では考えるのですが、
子供並みの気持ちの部分があって、
白化粧の街並みが見られるかもと、
少しワクワクもしています。

24kubota_0283.jpg

雪が降った日は、
食料品の販売店などと違って、
荻窪銀花は開店休業状態になります。
窓から外の景色を眺める時間が長くなります。

24kubota_0282.jpg

午後になると元気な小学生の声が聞こえてくるのではないかな。
雪があるとやっぱり少しテンション上がるのがと思います。
すごく気持ちがわかります。

24kubota_0284.jpg

街路樹の低い植え込みなどに積もった雪に、
触れたり集めたり・・・固めて雪玉にしたり。
白髪頭でも同じ衝動が起きてしまいます。

せめてもう少し大人風情にして、
雪兎を作ってみるとか。
ご紹介している久保田信一さんの黒釉盛皿は、
きっと雪兎が映えだろうな〜。

                甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

立春吉でも十分

今年は暖冬のようですが、
気温に波があり寒暖差も大きく、
年を重ねてきていると油断ならない天候です。
立春の今日は気温の波が下がっています。
明日の荻窪の天気予報には雪マークが見えます。

22nonami_0711.jpg
野波実 青白磁平皿 6,000円
径21.7~21.8cm H5.1~5.3cm


おみくじでもそうなのですが、
多くを望まないようになってきています。
立春大吉とは唱えず、
立春吉で十分です。

22nonami_0712.jpg

平穏であれば、
普通の中に楽しみを見つけられます。
天候により豊作豊漁もあれば、
不作不良もあります。

22nonami_0713.jpg


消費側としては豊作豊漁が、
概ね求めやすい価格になり、
なにより美味しくと感じます。
豊作豊漁の吉のおすすわけいただければ、
幸いと言うところです。

22nonami_0714.jpg

ご紹介している野波実さんの青白磁平皿に、
美味しさを倍増して楽しめる皿です。
豊漁豊作の恵みをいっぱい盛り付けて、
吉も倍増の吉吉に仕上がります。

              甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

鬼は外 福は内

今日は節分です。
明日は立春で暦では春ですが、
また寒くなり雨や雪になって行きそうです。

22arakawa_0531.jpg
荒川尚也 アワ皿 中 7,040円 (旧価格)
平均のサイズ:径23.5cmH1.8cm


豆まきの習慣は減っているそうですね。
子供の頃は日暮ごろから、
あちらこちらで「鬼は外 福は内」と、
元気な掛け声が聞こえてものですが、
聞かなくなりました。

22arakawa_0533.jpg
日差しが暖かい節分で酢〆のイワシが食べたくなりました

甘庵の豆まきの記憶も随分前になります。
お寺などで華やかな春の行事としてはいいのですが、
家庭ではまいた豆まめの後始末など、
問題点が多く嫌厭されてしまいますね。

22arakawa_0532.jpg
盛り付けるにはこの皿が美味しそう

反面「恵方巻き」は広まっていますね。
東京育ちなのか甘庵には、
大人になってから知った習慣です。
コンビニの幟がこの時期の季節感になって久しいです。

22arakawa_0534.jpg

華やかで春らしく、
何より食べる楽しみがあるからですね。
先にはスイーツまで見かけます。
思い煩うことを外へ、
楽しく美味しいものをおなか=内へ。
気持ちが楽しいことはそれ自体がもう「福」。
そんな気持ちで受け取っています。

鬼は外 福は内

                甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

新葉が出てくるの図案

今日ご紹介するのは光藤佐さんの粉青掻落皿六寸です。
名称の通りに全体に白化粧土を施して、
書き落とすことで文様を浮かび上がらせています。

21mitufuji_0360.jpg
粉青掻落皿6寸 6,160円
径18cmH4cm


旧葉の間に新葉が出てくる図案です。
小学校の理科でならった対生という葉のつき方のようです。
新たに生えてくるエネルギーを感じる、
希望を感じ取れるデザインです。

21mitufuji_0362.jpg

人生のなかでも、
歴史の流れの中でも、
大小さまざまな障害に出会うことがあります。
辛さや悲しみを抱えながらも、
その度ごとに前向きに、希望をもって、
進み歩まないとなりません。

21mitufuji_0361.jpg

年明けの震災から一月が過ぎ、
明日は節分です。
暦の上では新しい年になります。

21mitufuji_0363.jpg

応援する気持ちも前向きに仕切り直して、
良い年になっていくことを、
願うばかりです。

                   甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。