fc2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

可愛い姿でお茶が楽しくなる急須

今日ご紹介するのは加藤財さんの急須のなかでも人気の高い、
愛称タヌキのコロンとした横手黒丸です。
本体と蓋が連続して丸く納まり、
取っ手の握りも丸いデザインに仕上がっています。

22kato_0396.jpg
加藤財 急須 横手 黒丸 11,000円
容積270cc


形から可愛いと言われるタイプですが、
急須としての実力もハイレベルです。
財急須らしくスルスルっと注げて、
スパッとキレる心地よさは間違いありません。

22kato_0397.jpg

丸い本体部分は直径9cmほどで、
両掌に収まってしまうほどのサイズですが、
無駄のない作り込みから程よく入れて270cc入ります。
客茶碗なら三杯は十分注げます。
ゆったりしたカップ130~140cc二杯分です。

22kato_0398.jpg

何よりお茶が美味しく淹れられます。
使い慣れるほどのその喜びが増します。
これは多くの財急須ファン共通の声です。

22kato_0399.jpg

なによりも美しい姿が、
ゆったりとお茶を楽しむ時間を得られ、
心豊かにしてくれます。

               甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

肴になるガラスぐい呑み

今日ご紹介するのは巳亦敬一さんの新スキ台付ぐい呑みです。
全体的にはシンプルなフォルムの小さな器ですが、
黄金色に輝くような仕掛けや、
酒の肴になる仕掛けなど、
細部は手の込んだ仕事です。

23mimata_0013.jpg
巳亦敬一 新スキ台付ぐい呑み 3,300円
径6.5cmH8.5cm


高杯型は非日常感や晴れの器感があります。
脚や台やは制作的にも手間になったり、
転倒や破損のリスクを伴いやすいデザインですが、
巳亦さんの他のグラス類にも共通する、
美しさと丈夫さの共存するデザイン納まりのぐい呑みです。

23mimata_0015.jpg

上半分にはモールが施され中程に切り返しがあり、
下半分がアワの線文が入った塊のコーン型のカップ部分が、
ガラス塊の台部分にしっかりと差し込まれている、
2つのパーツで構成されたおしゃれなデザインですが、
使いやすく丈夫な実用食器です。

23mimata_0014.jpg

カップの下部分と台部分がガラス塊なので、
安定感もあるデザインな点も、
使いやすさに重点を置いたデザインになっています。

23mimata_0016.jpg

しっかり実用性を裏付ける納まりなのに、
スッキリしたデザインやチャーミングな表情をもっていて、
ぐい呑みとして大切な器自体の味わいが、
肴になるぐい呑みであるところも高得点です。

                 甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

使いやすい蕎麦猪口

このところ気温が上がってきて、
まだ4月とは思えない日があります。
麺好き甘庵は冷たい麺が食べたくなってきました。
そこで今日ご紹介するのは久保田信一さんの長石釉縞柄蕎麦猪口です。

21kubota_0340.jpg
久保田信一 長石釉縞柄蕎麦猪口 2,200円
平均のサイズ径8.5cmH6cm


この蕎麦猪口の一番の特徴は、
ふっくりとした口縁やぽってりと厚みのある長石釉から、
重そうに見える印象を裏切る手にしたときの軽さです。

21kubota_0342.jpg

でも口縁の厚みからの印象通りに丈夫で、
蕎麦猪口仕立てで色々使える器として、
日常でのハードな使い回し向きの仕上がりです。

21kubota_0341.jpg

外側は鉄使いの上手な久保田さんらしく、
黒茶ブルーグレーが見える細かな線文で、
見込みは無有で土と長石釉の織りなす柔らかな色合いで、
料理や飲み物を引き立てます。

21kubota_0343.jpg

程よく入れて150ccほどの容積は、
湯呑みやカップとしても使いやすく、
茶托やコースターと合わせて、
色々な飲み物を楽しめます。

                 甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

無地なのに表情豊かな平鉢

今日ご紹介するのは野波実さんの青白磁平鉢五寸です。
野波さんの器は青白磁、白磁、マット釉と基本的に、
白く無地の仕上がりですが、
蹴轆轤で挽かれてために、
どれも一つ一つが個性的で表情が豊かです。

22nonami_0719.jpg
野波実 青白磁平鉢 3,500円
左:径15.2~15.6cm H4.9~5.1cm
右:径15.4~15.7cm H4.6~4.9cm


この平鉢も一見は同じようですが、
よう見てみると兄弟ぐらいの差が見えてきます。
腰から口への丸みや広がり、
リズミカルな作りが感じられる切り高台も、
それぞれが自己主張しています。

22nonami_0722.jpg

足があって動き出しそうなユーモラスなイメージや、
儀式的な器なども連想できる切り高台は、
歴史的には古くからある形ですが、
多くに方には馴染みが少ないと思いますが、
実はとても実用的です。

22nonami_0720.jpg

このサイズの小鉢は、
洗って水切りカゴなどに置くとき、
小ぶりなこともあり下の方になって、
水が切れにくかったり乾きにくくなります。

22nonami_0721.jpg

特に高台内が湿っていたりしますが、
この切り高台は水がたまらずに、
流れていくデザインなので、
このちょっとしたストレスがありません
とても実用的なデザインの高台です。

特に野波さんの切り高台は、
五箇所の切り欠きがあって、
花弁のようで表情豊かな仕上がりです。

               甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

ご馳走になるガラス鉢

今日ご紹介するのは荒川尚也さんの三角モール鉢ストライプです。
線状の細かなアワが見込み中心から
口縁まで、渦を巻くように広がっている、
ゆったりした動きのあるアワ文様の鉢です。

22arakawa_0005.jpg
荒川尚也 三角モール鉢 ストライプ  14,300円
径23cmH6.1cm


春の野菜を楽しむサラダボウルや、
果物を盛り込むコンポートなど、
すこしリッチ感のある器としての使い方が似合いそうです。

22arakawa_0006.jpg

ただ出番のないときにしまっておくのは勿体無い鉢です。
美しいフォルムとアワ文様から、
器自体を美味しそうなオブジェとして、
置いておくだけで心豊かになってきます。

22arakawa_0005.jpg

三角モールのシリーズは、
金型に吹き込んで形を映し取った、
高台部分がシュッとしまった姿で、
美しさに加えて個の存在感を生み出していて、
器でありながら作品としても眺められます。

22arakawa_0008.jpg

とは言いながらも、
荒川さんの器は使っているときが一段と輝きます。
これから気温が上がってくる季節には、
水をはって一輪の花や一枝の葉を投げ入れて、
爽やかな演出を楽しむのも一つの使い方としてオススメです。

                   甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

薪窯ならではの景色を楽しめる小皿

今日ご紹介するのは光藤佐さんの白磁皿四寸です。
一枚ずつ釉調や顔つきが違い、
小さな皿なのに存在感があります。

21mitufuji_0302.jpg
光藤佐 白磁皿 4寸 2,640円
径12cmH2.5cm


単房の穴窯で焼かれていて、
白磁釉に薪の灰が降って、
自然釉のように青味がかった釉調になっています。

21mitufuji_0304.jpg

重ね焼しているために見込みや高台畳付きには、
骨董などで見かける四つのメアトが見られます。
使いこむことで侘び色になって行き、
器の景色が育って行きます。

21mitufuji_0303.jpg

裏を返すと土見せ部分に、
緋色の発色がみられるのも、
薪窯の恩恵の景色です。

21mitufuji_0305.jpg

小さめに仕立てられた高台が、
緊張感のあえる姿にしていて、
この小皿に気品を生み出しています。

             甘庵 
 


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

見かけよりもいっぱい入る急須

今日ご紹介するのは加藤財さんの急須後手黒丸です。
掌に収まるコロンとした感じが心地よい、
径が約8.5cmの丸い急須です。

23kato_0167.jpg
加藤財 急須後手 黒 12,100円
容積240ccc


野球ボールが7.3cmほど、
ソフトボールで9cmほどなので、
手の中に収まるサイズ感です。

23kato_0169.jpg

荻窪銀花では器を選ばれるときに、
お使いになるときに近い状況でと努めています。
テーブルに置いてお座りいただき眺め手にとって、
目線や掌を試していただくようにしています。

23kato_0168.jpg

このときに急須や片口など注ぐ器は、
メジャーカップに入れた水を器に入れていただき、
注ぎ心地やキレを試していただいています。

23kato_0170.jpg

基本的に注ぐ器はキレが良いものを置いていて、
その点は納得していただくのですが、
加藤さんの急須やポットの場合は、
容積で驚かれる方が多くいらっしゃいます。

この急須でも程よくいれてクラシカルなティカップで二杯分です。
個人経営のカフェでお一人さまの紅茶ポットとして、
同じようなタイプの急須が使われていたことをお話しすると、
実感として納得していただけます。

隅々まで比較的に薄造りなのと、
無駄のない作りから見かけ以上の容積があります。
黒の丸型は特に凝縮感があるので、
いっそうそのように感じられると思います。

美しい姿と性能で、
煎茶を美味しく淹れられ、
味わうことを楽しめる急須です。

               甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

複雑に混ざり合った黒の皿

今日ご紹介するのは小野寺友子さんの黒マット七寸皿です。
黒く艶消しの釉調は見込みにはカセた部分や金属の結晶化など、
複雑な色合いが見えます。

24onodera_0735.jpg
小野寺友子 黒マット七寸皿 4,400円
径20.5cmH3.5cm


灰調合なのかケイ酸が引き起こす禾目と同じような効果が、
出ていると甘庵は想像しています。
さらに素地も炻器土や磁器土や陶器土も入っていそうで、
色々な土で調合しているのもみて取れます。

24onodera_0736.jpg

そう大きな皿ではないのですが、
複雑な釉調や素地の組み合わせで、
多彩な表情が見て取れる皿です。

24onodera_0738.jpg

個性的が強い皿のように見えるかもしれませんが、
基本は艶のおさえた黒い皿なので、
盛り映えする使いやすさは、
とても素直で日常的に扱いやすい皿です。

24onodera_0739.jpg

しっかり焼けていて丈夫で、
料理や食材を選ばず、
美味しそうに盛り映えする七寸皿です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

名称はそばちょこですが・・・

今日ご紹介するのは巳亦敬一さんの新スキ六角そばちょこです。
そばちょこと言われないと小ぶりのグラスだと思う姿です。
サイズやフォルムは確かにそばちょです。

23mimata_0033.jpg
巳亦敬一 新スキ六角そばちょこ 3,300円
対角8.4cmH6.6cm 程よく入れて140cc


ただ名前のように腰部分を六角に仕立ててあります。
そのために小ぶりのグラスの雰囲気を醸し出していて、
酒類が似合いそうです。

21mimata_0154.jpg

濃い酒をストレートで煽ったり、
冷酒をぐびっととか、
甘庵には男臭い映像が浮かんできます。

23mimata_0035.jpg

酒類だけではなく多目的多用途に使える器で、
その意味でも現代的なそばちょこなのですが、
切り立った口縁のそばちょこよりも、
口縁のディテールとして繊細な仕事が、
完全に飲むための滑らかな口当たりに仕上がっています。

23mimata_0034.jpg

実際美味しい口当たりで飲み物全般に使えます。
小ぶりなグラスなので冷茶や麦茶を茶托に乗せてしつらえると、
美味しそうに潤えるいっぱいになります。

23mimata_0036.jpg

しかも手に持ちやすいデザインなので、
お料理からデザートまでを受け止めて、
小鉢や小付やカップとしても大活躍します。

                甘庵 
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

桜色のスイーツにぴったりの小皿

今日の荻窪は昼過ぎまで雨風が強く、
ソメイヨシノの木の下は散った花びらの絨毯になり、
近くの壁や車も花びらのドット模様になっていました。
遅めだった桜花も終わりそうですが、
若葉がぐんぐん出てきていて、
この後は爽やかな風にそよぐ葉桜を楽しめます。

21kubota_1342.jpg
久保田信一 灰釉二彩(白土)小皿 2,640円
径15.5cmH3.5cm


まだ見頃の枝垂れ桜はもう少し大丈夫そうですし、
八重桜も咲き出していました。
この季節は次々を花が咲き出して華やかでいいですね。

21kubota_1344.jpg

春の食べものや季節を装ったスイーツも華やかですね。
桜だけにしても桜鯛、桜鱒、桜エビとこの季節の旬のものや、
桜餅、桜湯など古典的なものから、
この季節の限定をうたった桜にちなんだスイーツが、
ケーキ屋さんやカフェをにぎやかにしています。

21kubota_1343.jpg

男子(爺さん)でもちょっと心惹かれるのですから、
それは女子にとっては目でも楽しめて、
心ワクワクしてしまうことでしょう。

21kubota_1345.jpg

そんなスイーツが似合いそうな小皿をご紹介しています。
久保田信一さんの灰釉二彩(白土)小皿です。
鉄発色で濃淡の緑のグラデーションが萌える春の色合いで、
桜色のスイーツを引き立てること間違いありません。

                     甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

マルチというのがピッタリな鉢

今日ご紹介するのは野波実さんの青白磁中鉢です。
煮物などを一緒盛りする鉢、
ゆったりと麺類を楽しむ丼、
季節の野菜のサラダボールと、
自由な使い方ができるマルチな鉢です。

21nonami_0419.jpg
野波実 青白磁中鉢 5,000円
径19cmH7.3cm


蹴轆轤で挽かれた優しい丸みと、
浅い作りの高台と無駄のない厚みで、
器の高さをほぼ同じ見込みの深さで、
ボリュームのわりにいっぱい入る、
使いやすさでもおすすめ。

21nonami_0421.jpg

淡い青味がかった青白磁は、
清潔感がありながらも無機質ではなく、
ロクロ目と相まって温かみのある表情が、
色々な料理や食材が美味しそうに盛り映えします。

21nonami_0420.jpg

径19cmH7.3cmは使いごろのサイズ感で、
使って洗ってはまた使うという、
ハードユーズのローテーションになりそうです。

21nonami_0422.jpg

多様に使えて使い勝手が良い、
普段使いの器としてマルチに活躍する鉢です。

               甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

「ばじょうはい」の響きが肴になる

今日ご紹介するのは荒川尚也さんの馬上盃です。
「馬上杯とは、手で支える高台部分が長い杯のこと。
馬上において杯を交わす騎馬民族によっても
たらされたものと考えられています」と、
東博の由緒ある青磁の馬上杯に説明されています。

22arakawa_0078.jpg
荒川尚也 馬上盃 4,620円
径7cmH10.6~11.4cm
程よくいれて100cc


まだ若かった甘庵がそんないわれの馬上杯を知った時、
「騎馬民族」や「馬上」のワードから、
ロマンや長い時間の流れから連想や妄想が広がり、
ワクワクした記憶があります。

22arakawa_0080.jpg

そんな気持ちが歳と共になだらかにはなったものの、
「ばじょうはい」の響きや姿から、
酒の肴に程よいワクワク感は残っていて、
一味美味しくなる気がします。

22arakawa_0079.jpg

荒川さんの馬上盃は見かけよくいれても、
100ccほどあるので、
年を重ねた甘庵には冷酒よりも、
ワインやビールでも良いくらいの分量です。

22arakawa_0082.jpg

また澄んだ冷酒で見える景色とは違う、
赤や黄金色を楽しむのも、
時の流れと感じて楽しんでいます。

                甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

緊張感のある造形

今日ご紹介するのは光藤佐さんの粉青総刷毛目舟形鉢6.5寸です。
ロクロで挽いた円形を歪めて楕円にした後に、
手前と奥に切り込みをいれて舟形にしています。

21mitufuji_0274.jpg
光藤佐 粉青総刷毛目舟形鉢6.5寸 7,150円
W20cmD15cmH7cm


ロクロ挽きで整った丸さに手をくわえると、
緩みがちな緊張感がこの鉢に関しては増しています。
ディテールが繊細とかではなく、
イメージとしてシャープな緊張感が漂っています。

21mitufuji_0275.jpg

それはこの鉢の気品を生み出してもいます。
粉引が持つ個性としては親しみや温もり感があり、
ほっくりした器になるのを狙った仕事が多いのですが、
この鉢にも温もりは存在しつつも、
どこか凛とした気位の高ささえ感じます。

21mitufuji_0273.jpg

それはまた存在感にもつながっていて、
測ってみれば6.5寸鉢ながらも、
サイズ以上のボリュームを感じてしまいます。

21mitufuji_0276.jpg

刷毛で施した白化粧も、
浸けて施す粉引とは違う表情を生み出し、
動きのある刷毛目が作ったヒマが、
景色が育っていくを楽しみにできます。

               甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ