FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

あかりにも侘び寂

「銀花」で扱う器は手仕事の器ばかりで、
陶器やせっ器も多く、使うことで侘びていく楽しさを、
ご理解いただくけるよう、また理解を広げて行きたいと思っています。

akari590.jpg
銅打ち出しのフランジは槌目も一つずつ違います

あかり展でご紹介する照明器具は、
シェードの部分は、吹きガラスが多いのは、
明るく使っていただくのに、
汚れなども洗いやすく、材質としても、
退色や変色もなく、長く可愛がって頂けるために、
選んでいます。

akari592.jpg
支柱は真鍮パイプを曲げ加工して、
ベースは真鍮をヘラ絞りで作り出しています


一方のベースやフレームには、
堅牢さから、金属を選び、
さらに、メッキや塗装をしない仕上げ、
あるいは、錆び付けして仕上げで、
ちょうど、陶器やせっ器が使うことで、
侘びて行くように、可愛がって頂ければと、
思って選択しています。

akari593.jpg
「銀花」の備品のスタンドはオーナーがさぼり屋なので
設置数年で早くもアンティークのよう


特にオリジナルのスタンドは、
ベースと支柱が真鍮、
ガラスを押さえるフランジが打ち出しの銅で、
使うことで、アンティークや骨董品の様な、
風情に変わって行きます。

akari594.jpg
今年のは鏡面で周りが映り込みんでいますが
これはまったく写りません!!って侘びてる・・・錆?
いや曇っているだけです


真鍮色がお好みのかたは、ちょっと面倒ですが、
無垢なので金属磨きや銀磨きで、
こまめに磨いていただければ、
いつまでも、おニューでぴかぴかに保てます。
akari595.jpg
渋いのもきらびやかなのもそれぞれに素敵でしょ

光沢も、侘び寂も、それぞれの好みで楽しんでいただける、
「銀花」オリジナルのスタンドです。

                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村?工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

侘び寂は

心にゆとりや煌めきがあるからこそ、
その美しさを楽しめるのでしょう。
器同様に、金属も時の流れの中で、
侘びていく表情を楽しめるのも、
同じように受け止める心持ちなのだと思います。
まぁ~「銀花」のお客さまには、
賛同していただけるお客さまが多いという、
もくろみで・・・はい、作っています。

いい感じ!

私はピカピカよりも、数年たって黒っぽい色になった方が好きです。
アンティークが好きというわけではないのですが、やっぱり、人間と同じに年月を経ていろんな味わいが現われてきた方が素敵に感じます。

  • 2008/02/19(火) 18:45:34 |
  • URL |
  • チョコまま #-
  • [ 編集]

いえいえ

そうおしゃらずに、
キャピキャピ・・・といわなくても、
キラキラしていてくださいませ。

人として

はぐみも素敵に寂たいものです

  • 2008/02/19(火) 18:02:29 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1019-7f9f5d86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)