FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

フロスト加工

今回のあかり展の巳亦さんのシェードに、
サンドブラストでフロスト加工されたタイプが届いています。

akari714.jpg

サンドブラス加工することを、
初めから計算されて、作られた色合いとはいえ、
光沢や、透明感を残したシェードとは、
また違った趣があります。

akari712.jpg
グーズネックスタンド 36000円
E17口金 最大40Wまで
ベース 径18cm高さ41cm
シェード:吹きガラス巳亦敬一
フランジ:銅打ち出し堀内繁樹
ベース:真鍮ヘラ絞り真鍮パイプ


あかりと灯したときに、
シェードの表面がマットなために、
あかりが拡散していき、目にもまぶしさが緩和されます。

akari715.jpg
アッパースタンド 35000円
E17口金 最大40Wまで
ベース 径18cm高さ52cm
シェード上まで、63cm
シェード:吹きガラス巳亦敬一
フランジ:銅打ち出し堀内繁樹
ベース:真鍮ヘラ絞り真鍮パイプ


サンドブラス加工していないシェードとの違いを、
変なたとえになりますが、
和紙を通して入る光の障子と、
ガラスを通して入るサッシのように、
光の柔らかさが違います。

akari716.jpg

優劣ではありません。
それぞれのあかりの個性を、
比べて、楽しんでいます。

              甘庵



皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村?工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

お砂糖で

作ったみたいにも見えますね。
ちょっと甘そうかも。
器選びのときに「美味しそうな器」をと、
言っている僕です、
「あかり」にも言えることかもしれませんね。

砂糖菓子

砂糖菓子のよーで淡い甘い光で素敵においしそー甘い光の部屋でまったりコーヒーのんでのんびりしたいなぁ

  • 2008/02/23(土) 18:54:21 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1027-223bf993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)