FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

一年ぶりの土肌

明後日3月7日(金)から鶴見宗次さんの個展が始まります。
今日は一部を飾りつけしました。
えへへへ・・・・。
なんだかにやけてしまいます。
やっぱりいいですね~。

turumi017.jpg

手ひねりで全てを作り出している鶴見さんの器は、
ろくろで引き出す肌合いとはひと味違って、
土の質感が強くて、表情豊かです。

相変わらず、ギンギンに焼いていて、
まだカラッとして質感ですが、
使うほどの、艶かしいほどに、
しっとりとしてくるのが想像できます。

turumi018.jpg

土が火と出会って、石や岩石のような、
強く、固く、丈夫な質感を表情に変わり、
自然な素材感を失うことなく、
水をくぐることで、美しい景色になっていく所は、
侘び寂びの庭園の石や、澄んだ流れに洗われる渓谷の苔むす岩に、
似ている気がします。

                    甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

お返事です

きなこさま
鶴見さんの手ひねりの肌合いは、
ロクロで引き出したとはひと味違って、
土味を濃く引きだしているので、
土もの好きには、たまらないですよね。
会期がはじまったら、HPやブログでいっぱい紹介しますね。

はぐみさん
焼きしまった黒い肌も、灰が溶けた緑釉も、
どちらも、とても奇麗なんですよ。




あったかになってきて土から芽が出るように新芽の器が生まれたね、まさに春

  • 2008/03/05(水) 17:53:15 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

こんばんは。

わーい!!
待ってたんです。鶴見さん展♪
やっぱり素敵ですね~。

またご連絡させて下さいね(^v^*)

  • 2008/03/05(水) 17:44:28 |
  • URL |
  • きなこ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1034-87bd5929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)