FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

普段の焼き締め

鶴見宗次さんの荻窪銀花での企画展は、
今日までです。

turumi813.jpg

釉薬がかかっていない、焼き締めの表情は、
使いなれていない方には、
使い勝手に不安があったり、想像がつきにくいかもしれませんが、
力強く、温かみののある土肌の鶴見さんの器は、
ともかく、料理が盛り映えして、使いやすい器です。

turumi809.jpg

多目的な白い器で、取り回しすることに抵抗のない世代の方には、
特に、使ってもらいたい器です。

turumi768.jpg

きっと、目から鱗のような体験をなさること請け合います。
白い磁器やせっ器の器には、決してない、
手にした喜びや、使う楽しみを体験させてくれるはずです。

turumi802.jpg

焼き締めは伝統的なやきものですが、
鶴見さんの器は、今に生きるぼくらの暮らしの中から、
生まれた器なので、食卓にのるあらゆる料理と、
とっても仲良くなれます。
 
             甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1049-780a2573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)