FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

やきものの使い方 3

その1でお話したように、
やきものは水との相性がよく、
使う前に、水や湯につけて湿らせることで、
汚れや匂いがつきにくくなります。
また、器の表情をしっとりさせて盛りつけるのは、
和の美意識として育まれてきた感性です。

spring864.jpg

ここで、水が乾くことで起きるアクシデントについて、
お話しておきたいと思います。

鉢などの、花や葉を添えて、
飾っておくだけで、空間に潤いを感じます。
ただ乾燥には気をつけてください。

口が窄まっている花器とは違って、
鉢などを水盤のように見立てて水をはると、
乾燥で水が減り、塩素が器につくことが、
あるので気をつけてください。

spring853.jpg
水道水には、消毒のための塩素が溶かされていますが、
水道法にかなった塩素は、
ほとんど飽和状態の濃度です。
塩素は水には溶けにくく、
すぐに結晶化して、器の表面に付着します。
これが落ちません。
水に溶けにくいくらいですから、
洗ってもこすっても、なかなか頑固で、
削るとるようにしたり、強引にこすれば、
器の表面に傷がついてしまったりしますので、
要注意です。

理屈上は、酢酸では溶けるようですが・・・。
手間がかかりますよ~。
そうならないのが一番。
これから気温が上がると、
すぐに、器に内側に、カリカリになった塩素の輪が、
浮かび上がります。
そうなる前に、こまめに(毎日ならまず確かです)水を取り替えるのが、
何よりの解決法です。

              甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1056-a9c2f15d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)