FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

決算市の逸品3

昨日は、バタバタしているうちに、
一日が終わってしまい。
記事を書けませんでした。
ごめんなさい。

HPは、入れ変わった商品の差し替えなど少し出来たのですが、
追いつかなかったりして・・・。
がんばらないと。

さて、今日は渋めですが、
使うとすごく良い、おすすめの皿を2つご紹介します。

kesan152.jpg

藤田佳三 刷毛目8寸皿 定価6000円→4500円になります。
径24cmH4.5cm の大きさは、
一枚あると何かと使い勝手の良い皿です。
縁に白化粧土を刷毛で引いた「刷毛目」と言われる方法です。
地味に感じる方も多いとおもわれるでしょうが、
これが・・・・盛りつけると、いいんです。
どちゃ~んとたっぷりもいいけど、
少しゆとりをもって、3カ所か5カ所に、
いろいろなお料理を盛ったりすると、
豊かな気持ちでいただけますよ。

kesan151.jpg

小野寺友子 刷毛目8寸皿 定価5000円→3750円とお得です。
たっぷりな 径25cmH4.5cmです。
この皿も刷毛目の皿です。
粉引といっても良いほど、ほぼ隙間なく、
化粧土で覆われています。
伝統的手法ながらも、どこかモダンで、
皿というより、プレートと言った方がぴったりかもしれません。
でも、陶器で化粧土が施してあるので、
使うことで、侘びていく変化を楽しめる器です。
こちらも、何を盛りつけても、
お料理を引き立てて、美味しく楽しめる、
飽きのこない皿です。

                甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

おはよーございます

一品でも五品でもおいしく盛ってくれる包容力のある逸品ですね

  • 2008/04/22(火) 06:10:04 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1065-8b2ebe96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)