FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

仕込みが大切

巳亦敬一さんに限らず吹きガラスの仕事は、
溶けたガラスが固まるまでの間に、
ささっとこなさないとならない技です。

mimata303.jpg

そのために、下準備と計画性が大切になってきます。
巳亦さんは不透明なガラスや、
チャーミングは文様を入れた不思議な色の器を作るために、
特に周到な仕込みをなさっています。

mimata304.jpg

お客さまには「すし職人さんたちに似ているんですよ」と、
お話しすることがあります。

mimata305.jpg

美味しいお寿司を握ってくれるために、
しっかりと下準備や仕込みをしているからこそ、
お客さまの前で、素早く握ることができるのですから。

mimata307.jpg

少しクローズアップして、じっくり味わうと、
ほら、巳亦さんの仕込みを想像できてきませんか。

               甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1083-01752c83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)