FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

乱れ編み

今年の手提げ籠に乱れ編みがきています。
乱れ編みは、規則的な編み方の多い籠のなかでは、
異色な存在感をもちます。

でも、自然界には多く存在する、
ファイバーや蔓で丈夫に立体化する方法です。
鳥の巣や繭(まゆ)などがそうですね。
それらは北京オリンピックのスタジアムや、
西新宿のコクーンタワーなどのように、
建築など様々なデザインに、
インスパイヤーされ、反映されています。
乱れ編みなどで籠にもよく使われています。

kago7406.jpg

これは山葡萄をつかって乱れ編みされた手提げ籠です。
エネルギッシュで力強い表情の籠に仕上がっています。
今回は三種類の大きさが来ています。

kago7407.jpg

アケビの乱れ編みは、伸びやかでリズミカルな表情で、
透け感があり、麻布で仕立てられた内ばりとの相性を生かした、
取り合わせを楽しめます。

同じ乱れ編みでも、アケビと山葡萄の素材や質感をいかして、
異なるそれぞれの魅力を引き出して見せてくれています。

                 甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1089-0bea67cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)