FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ゆったり時が流れる器

野波実さんの作り出す器を使うと、
ゆったりした時の流れを感じとれます。

鉢や皿に料理を盛りつけて頂く食事の場面も、
小さな花器にさりげない花を生けたコーナーにも、
いつもより伸びやかな時間を過ごせる、
不思議な力を感じます。

nonami738.jpg
マット白磁ポット 8500円
径11.5cm高さ10cm

ティタイムも例外ではなく、
お茶の時間をゆったりとくつろがせてくれるのは、
一番感じ取れるかもしれません。

nonami739.jpg

のほほんとして、おおどかな表情をみせるマットのポットから、
香り高いお茶が注がれる瞬間は、
至福の時の始まりです。

nonami740.jpg
青白磁花カップ細 2700円
径9cm高さ6cm

注ぐと咲くお茶の花は、
目から心和ませてくれて、
柔らかく滑らかな口当たりは、
甘露な味わいを、優雅にが舌に落します。

お気に入りの茶葉の一杯のお茶で、
静かに流れる時を過ごせば、
満ち足りた時空で心根がほどけることでしょう。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1119-48f8a3de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)