FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ガラスの器で注ぐ

片口やピチャーなど注ぐ器は、
注ぎ口があることで左右非対称形になって、
フォルムがちょっとユーモラスになったり、
親しみがわく形になり、
器として人気のあります。

arakawa992.jpg
カタクチ 6300円
W14cm D11.5cm 高さ8.5cm

荒川さんの注ぐ器は、
澄んだ素地に施されたアワが清涼感たっぷりで、
注ぐことが涼しげに感じるので、
夏の器として出番が高いですね。

arakawa991.jpg

冷酒、麺類のつゆ、ドレッシングなど、
きりりと冷えた液体をそそぐだけで、
ごちそうになりますね。

arakawa988.jpg
ピチャー 小 4410円
W11.5cm D7cm 高さ13cm
ピチャー 中 5880円
W14cm D8cm 高さ15.5cm
ピチャー 大 7350円
W13.5cm D9cm 高さ19cm

背の高い姿のピチャーは、
気軽なワインのデキャンタとしても、
花入れとしてもおすすめできます。

arakawa989.jpg

注ぐ液体の入ったところでは、
色が変わるだけでなく、
光の屈折が違うためにみえる、
煌めきが楽しめます。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1128-40c4940e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)