FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

アワと素地

荒川尚也さんの個展は毎年催させてもらっっていて、
ブロクがはじまってからも、
その度ごとの、熱く語ってしまっているので、
重なった内容になりますが、
今日は荒川さんの器の魅力の根源に関わるお話です。

arakawa826.jpg

荒川さんのガラスの器の特徴として、
アワが奇麗な器と認識されているかたが多いと思います。

arakawa068.jpg

その通りなのですが、
そのアワが奇麗に煌めくのは、
まずは、澄んだ素地が奇麗だからです。

現在のアワには、細かな銀河のようなタイプと、
点々とリズムが聞こえそうなアワがあります。

arakawa845.jpg

細かい泡は、デザインを計画的に素地の中に、
発泡薬品を問い込めて、高温なガラス素地で発泡させています。

arakawa844.jpg

点々のほうは、当初は刃の間の大きなのこぎりの上に、
柔らかな素地を転がして凹ませたところに、
溶けたガラスを重ねて(着せて)閉じ込めた空気の泡です。

静と動。
華やかと侘び。
加えると省く。
対局するイメージがそれぞれにわきますが、
ガラスの器として使いやすく、楽しい、
盛り映えのする器に、それぞれの個性で出来上がっているのは、
魅力的あ素地があってこそと、
そう思っています。

            甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

息づいているガラス!!

確かに言われてみると、
荒川さんの素地は、無機質なのに、
とっても美味しそうな、新鮮な感じがします。
息づいている感じがしますね。

呼吸

泡はガラスが呼吸してるみたいガラスの呼吸はとっても綺麗

  • 2008/07/13(日) 21:07:19 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1131-bc00aa3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)