FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

モールのグラス

荒川尚也さんと初めて会ったときに、
お土産に作品をいただいた5モールグラスを、
まだ使っています。
かれこれ30年も前のことです。
今回届いた器にも、モールが健在です。

モールやモールドと言われる、
普通金属などでできた型に吹き込んで、
出来たうねりのひだを、ねじり螺旋にしたり、
垂直にしたりした、グラスやコップの装飾をモールと呼んでいます。

線の数が多ければ、繊細で細いモールになり、
少ないと、太めでのびやかなモールになります。

arakawa794.jpg
5モールグラス 2,625円
径7.5cm 高さ9.5cm

定番の5モールグラスは、5本のモール。

arakawa797.jpg
5モールフリーカップ 2520円
径8cm 高さ7.5cm

近年作の5モールフリーカップも5本のモール。

arakawa831.jpg
クースグラス 3150円
径7.2~8cm 高さ6.5~7.5cm


クースグラスは、変わらず見えますが、
ねじりがきついからで、実は4本。

ねじる角度や、器のカップ部分のフォルムでも、
違った表情を見せてくれます。

モールは液体をいれると・・・消えた見えたり、
向こう側のモールと干渉しあって見え方を歪めたり、
使うときも、なかなか楽しめます。

             甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1133-6b3f8c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)