FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

削り出した箸

武井順一さんの仕事に共通しているのは、
木を削り出す楽しさが滲み出していることです。
この箸も例外ではありません。

sajihashi446.jpg
武井順一 タモ箸 長 2620円
長さ24cm


小刀を手に入れた少年が、
適当な木っ端を、何を作ると言うことなく、
ただ削るのが楽しいという図を、
イメージできる男性諸君にはいることでしょう。
もちろん、ぼく自身がイメージどころか、
いまだにやりかねないところがあります。

sajihashi447.jpg
武井順一 タモ箸 短 2620円
長さ21.5cm


武井さんの仕事には、
そんな気配をいつも感じるのですが、
定番の箸はまさに、そのものです。
箸は、遊びや冒険的なデザインの余地は少ないのですが、
武井さんらしさをきちんと表現されています。

sajihashi468.jpg

つかみやすいように、丁寧にまとめた箸先と、
持つ部分は刃の後を程よく残して、
滑らず握りやすく仕上げてあります。
いずれも、使いやすさを念頭に置いた仕事です。

堅く粘りと艶のある素材感を出した箸先と、
津から強い杢目を活かした持つ分と、
タモ材特性もしっかり活かしてもいます。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。



テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1159-cb04c73a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)