FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

村木律夫さんは

夏休み明けの企画は、
浜松で作陶している、村木律夫さんの個展です。
村木さんについては、前回の個展の時にも、
ブログでその人柄についてお話ししまたが、
やはり今回もお話しさせてください。

muraki496.jpg

変わることのない作陶への真摯な姿勢には、頭が下がります。
ともかく真面目で実直な村木さんの人柄そのものが、
器の隅々まで染みこんでいます。
どの器の表情も、きちんとかちっとしています。
それなのに控えめで、盛りつけたときに映える、
しっとりとした器に仕上がっています。

muraki499.jpg

そのために、理解されにくいときもままあるように感じます。
手仕事と感じない方。
個性を読み取れない方。
地味に感じる方。

muraki498.jpg

でも、一つずつ手にとって、じっくり見てもらえば、
きっとその良さが見えてきます。
ほんとうは、使っていただくのが一番なんですけど・・・・。
使っていただければ、その良さがじわじわと伝わってくるはずです。
その点は、甘庵が保証いたします。

               甘庵

村木律夫 何気なく美しい器 展
8月29日(金)~9月9日(火)
9/3(水)はお休みです
実直で何気ない姿の器から使うほどに滲み出る魅力は、
村木さんに逢うとすぐに納得がいきます。
細やかな始末やディテールは、
穏やかな微笑みの中に見え隠れする仕事への
厳し姿勢から生まれます。


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1162-b38379e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)