FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

凛としてます

村木律夫さんの個展が昨日から始まりました。
相変わらず、実直なつくりと、しっかり焼かれた器です。
びっちり並ぶと、日常の器なのに、凛としています。

muraki557.jpg

俗っぽい売り込みの表情がなく、
盛りつけをしたときに活きてくる仕事なので、
静かな気配につつまれています。
これが、村木さんの器独特の雰囲気です。

muraki592.jpg

ビールの縛りかすの灰など、
様々な灰で作られたシンプルな灰釉は、
きっちりを焼き切られていて、
素地と反応し、しっとりとした表情を持ち、
長く使ったときに、汚れず丈夫で、
飽きのこない器に仕上がっています。

muraki568.jpg

手にして、見て頂く時に、
器のもつリズムに共振してくるまで
すこし、ゆっくりした気持ちと、時間をください。
そうすると、村木さんの器から伝わる響きの心地よさが、
きっとおわかりいただけると思います。

*村木さんの個展の様子がご覧になれる、
HP「催し物会場と作品」の画像はアップしました。
寸法と価格も、順次アップします。

                甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1163-1c4fe77c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)