FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

冷たいものよりお茶

八月も今日で終わりですね。
八月後半、ちょうど荻窪銀花の夏休みあたりから、
とっても涼しい毎日。
しかもこのところの数日は、毎日豪雨や雷の連続。
それまで、麦茶などの冷たいものを、
口にしていましたが、元々暖かい飲料を好むぼくは、
すっかりコーヒーとお茶に逆戻り。

そんなイメージもあって今日は、
会期中の村木さんの作品のなかから、
湯呑み茶碗の一部をご紹介します。

muraki543.jpg
左:チョーク描丸湯呑み 3000円
φ7.7cmH8cm
右:チョーク描マット釉湯呑み 4000円
φ7.7cmH8cm

村木さんお得意のチョーク描の湯呑みです。
少しまっとな釉調とあって、
柔らかで長閑な気配は、
のんびりお茶の時間を演出してくれそうです。

muraki542.jpg
左:白釉面取り湯呑み 7000円
φ7.5cmH8cm
右:白地黒魚文湯呑み 4000円
φ7.7cmH7.7cm

左は緩やかに面取りされて、
気品が漂う湯呑みで、画像では伝わりにくいでしょうが、
手にすると、価格をなっと魚文シリーズです。
ちょっとユーモラスな魚が、
碗の中を優雅に泳いでおります。


muraki541.jpg
鉄刷毛目カップ 3500円
φ8cmH9cm
鉄刷毛目湯呑み 3500円
φ7.6cmH8cm

コップも、湯呑みも同じように作られていて、
ざっくりした質感を出すように調整した素地の表面を、
削り出すことで、滑りにくい外側に、
勢いのある鉄絵が力強い表情に仕上がっています。

世界の中では珍しい自分の器を持つぼくたちにとって、
湯呑みはその一つですよね。
自分の手を好みに合った湯呑みを欲しいものです。
今回も村木さんは、色々な種類を作ってくれました。
きっと気になる湯呑みに出会えますよ。

              甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

湯のみ

おとなかわいい感じです

  • 2008/08/31(日) 22:00:26 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1164-f42068cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)