FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

透明な塊感

台風13号は動きが遅いですね。
スピードが遅いし、進路の方向も変わるので、
なんだか足踏み状態に感じます。
お天気も、はっきりしなくなってきました。

ブログも足踏みしてます。
いえ、これは台風の影響ではなく、
PCではなく、ぼくのCPUのスピードが遅く・・・・。
目の前のある店の業務の処理で目一杯のためでした。

また、ご紹介しようともくろんでいた器が、
続いて売れてしまい・・・。
どうも、無い器をご紹介するのもいかがな物かと・・・。
というわけで用意しておいたネタも、
使えずに、ますますゆとりが無くなっておりました。

とはいえ、そうも間を開けては、
期待して開いてくださった方に大変もうしわけなく、
今日は頑張ります。

autumn677.jpg
大河内夏樹・デザートカップ 3300円

岐阜で彩作している大河内夏樹さんのガラスの器です。
大河内さんは、荒川尚也さんのところでも勉強したからでしょうか、
素地が白っぽく綺麗なところに共通点を感じます。

autumn681.jpg
大河内夏樹・しっぽつきグラス♀大 3100円

荒川さんはアワの使い方に定評があるように、
大河内さんは、魅力的なガラスの塊感を表現するのが、
とっても上手です。
綺麗な素地が取り込んだ光を屈折させて、
塊のガラスを煌めかせます。

autumn676.jpg
大河内夏樹・しっぽつきグラス♂大 3100円

口周りや高台部分など滑らかで丁寧な仕事も、
使いやすい器として好感が持てるガラス器です。

                 甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1175-695f6908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)