FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

秋日和

昨日は山梨都留市のもえぎさんへ、
秋色のうつわ展の飾り付けに出かけましたが、
とても秋らしい良い天気で、
気持ちの良い往復は、すっかりドライブ気分でした。

akisora001.jpg

そんな帰り道に、M市のある交差点に赤信号で止まっていると、
横断歩道を渡ろうとした、同年齢の凛とした女性が、
渡りだしたところを、少し戻り、
路肩に落ちていた空き缶を拾われました。
見れば手には、小振りはビニール袋をお持ちで、
それにさっと、回収しました。
横断歩道を渡ったあとも、歩道の吸い殻をひろっていました。
う~ん、気持ちがあっても、行動になかなか移せない自分と照らし、
心の中ですが、拍手をおくりました。

その後に、違う交差点でとまっていると、
後ろから「カランカラン」と缶をの転がる音がして、
みると小学生が石蹴りがわりか、缶を蹴っては進みを、
繰り返していました。
これは自分にも缶ではないですが、
石を蹴りながら進むということを、
あまり車の走らない、50年ぐらい前にはしてましたので、
気持ちはわかります。

でも、かの小学生は、最後の一蹴りが、
ゴール~~~と、声を掛けてあげたいくらいに、
クリーンシュートになって、あっという間に、
車道の真ん中に。
うーん。
やはり、時代がちがうので、
遊び方への躾が必要ですね。

拾えなくても、蹴らないよう・・・・いえ、
捨てないことは守っていきましょうね。

             缶庵ではなく、甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1184-397f6d85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)