FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

クルミとウォールナット

武井順一さんが、よく彫り出す文様に、
薊文(あざみ・もん)があります。
生まれ育った軽井沢高原できっとよく目にしていたのでしょう。
今にもちくちくしそうな元気な薊が、
生き生きと彫られています。

それなのに、器として使うときに、
決して邪魔にはなりません。
器に四季や自然を写し取り、
暮らしに広がりを持たせるのは、
心豊かな生き方があってこそ生まれ、
様式や文様となります。

身近で使う器にこそ、
手間を加えて刻み込み彫りあげた文様が、
食べるという毎日の行動を、
単なるエネルギー補給ではない、
和み、心にも糧となる時空を与えてくれます。

takei940.jpg
薊紋六角皿  クルミ 拭き漆  12,600円
径16.8cmH1.8cm


菓子皿や取り皿に程よい大きさの、
クルミ材の六角皿には、
一葉一輪の薊が高原の小径からトリミングされ、
今にもそよぐ風に揺れそうです。

takei941.jpg
薊紋皿 ウォールナット 拭き漆   14,700円
W27.3cmD18cmH2cm


楕円に木取られたウォールナット材の皿には、
デフォルメされた薊が、縁に動きのある文様に仕上がっています。
盛りつけられたときに、料理が映えて、
広がりを生みだす、デザインです。

和のクルミと洋のウォールナットは、
同じといっても良い材種でありながらも、
育つ環境で木肌も、質感も異なります。
武井さんが、それぞれの木と会話して、
特徴や気配を上手く活かして、
それぞれの皿が生まれて来たと、
ぼくは、感じとれました。

           甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1198-f67beecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)