FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

仮装する器

高い成形技術と合成樹脂で作り出された、
漆器のフェイクや、持ったときに裏切られる軽さの磁器の丼などは、
低価格で量産するための目的です。

その丸で逆の、フェイクというより、
あえて言うなら貴族の仮装舞踏会みたいな・・・。
ちょっとオーバーだけど、
武井さんは遊び心で、日常の道具を、
器に写しとって彫り上げています。

takei918.jpg

takei919.jpg
笊紋大皿 朴 拭き漆 42,000円
W42cmD39.4cmH4.5cm


ゆったりした大皿の見込み部分には、
編み上げたザルの姿を写しとった彫りが、
全面に施されています。
草花などの文様とはまた違う、
侘びた面白さが深い趣を醸し出しています。

takei970.jpg

takei007.jpg
縁縄目大皿 朴 拭き漆 29,400円
W28cmD13.5cmH2.1cm


綺麗な木目を引き立てる縁の飾りに、
縄を文様に仕立てて彫り上げています。
武井式縄文木器です!!

と、遊び心たっぷりの目で、
日常の中から取り上げ、デザインとして、
器に彫り上げるのは心豊かな分、
フェイクな器ではなく仮装する器だと思います。

             甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1203-4f3e2520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)