FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

苦み走った良い・・・

思えば藤田佳三さんとは、
紅顔の美青年の時よりお付き合いいただいおります。
その藤田さんも今や、すっかり大人の男。
いえ、品格溢れる紳士となり、
酸いも甘いも噛み分けた・・・と思う・・・たぶん。
な~、苦み走った作り手となり・・・。

いえ、ご本人の風貌は、
ぼくの親しみを込めた戯れ口です。

fujita031.jpg
絵刷毛目楕円皿大 4935円 W28D13.5H3.6cm

本当の渋みが増したのは、
久々に作ってくれた刷毛目の器のシリーズ。
赤絵や安南に比べて、
地味に映りがちな器なために、
器好きなかた、器フェチなかたでないと、
なかなか手にとってくださいませんが、
荻窪銀花はどうも、オーナーがちょと変わっているらしく・・・。
ああ、ぼくでした。
そう、そのためにか、お客様は良識と美意識のレベルが高く、
一見より、使ったとき、料理を盛りつけたときに料理も器も映える、
器を良く理解いただいていて、
それなりに、橋渡しさせていただいております。

fujita029.jpg
絵刷毛目4.5寸鉢 2835円 径13.3H4cm

画像で見ているのでは、
この手の器の良さは伝わりにくく、
手のとって見るのがより、
器の表情や質感をくみ取りやすいのですが、
何より、「器は使ってなんぼ=藤田語録1」の器は、
使うことでこそ、本当の魅力を感じとっていただけます。

fujita030.jpg
絵刷毛目楕円皿小 3150円 W23D10.5H2.7cm

甘庵としては、一番お薦めの器です。
是非使って見て頂きたいと思います。

             甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1208-2b5cf016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)