FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ポットもお薦め

藤田佳三さん前半が終わります。
明日のお休みをはさんで、
明後日から後半の6日間催します。
11月1日~3日の3連休も営業しております。

fujita116.jpg
安南急須(ポット)14700円 径12H12.5cm
容積600cc 単品製作在庫1客


今日はポット(急須)を2種ご紹介します。
片口や徳利などの美しい注ぐ器を作る藤田さんですが、
ポットにも藤田カラーが満載です。

fujita117.jpg

特徴をあげていくと、
まずは、力強い豊かな張りの美しいフォルム。
粘土をびっぱって作り出した持ちやすいハンドル。
しっかりた印籠(本体を蓋の飯あわせ)や、よく穿ったス(茶こしの穴)。

fujita118.jpg

こうした、造形力や密度の濃い細部の作りを、
引き立てるさせる伸びやかで気品溢れる絵柄は、
お茶の時間を、よりいっそう楽しめます。

fujita119.jpg
鉄絵急須(ポット) 10500円 径11H12.3cm
容積500cc 単品製作在庫1客


見かけだけではなく、
切れが良く、注ぎやすいのは当然の納まり。
思ったより軽いのは無駄のないロクロ仕事。
使う混むことで、侘びていく土、化粧、釉薬のは、

fujita120.jpg

ディテールやデザインの中に、
藤田流配慮の心豊かな気持ちが、
ここかしこに、ちりばめられています。

          甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1211-ffa90934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)