FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

出番の多い器

小野寺友子さんの浅鉢は、
質感やフォルムからモダンな器に見えますが、
いえいえ、実は実践で、食卓へ出番の多い器です。

onodera168.jpg

onodera209.jpg
粉引浅鉢 小 2,940円 径16H5.6cm

大小の2種あります。
小は、ハンバーグでも煮物でもサラダでも、
一人ずつとりわけて盛りつける時に手頃な大きさです。
それぞれに使い頃の大きさです。

onodera185.jpg

onodera207.jpg
粉引浅鉢 大 3,990円 径18.5H6cm

大は、カレーやシチューにも良い大きさで、
一緒盛りにも使いやすいですね

onodera208.jpg
粉引浅鉢大と小を重ねたところです。

この二つあると、色々こなせて、
使い回しが良い組み合わせの器になります。
でも、型抜きの器にはない、
暖かさや品格も備わっているので、
晴れの盛りつけも楽しめます。

               甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1220-a4445580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)