FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

自分の器

皆さんにお尋ねします。
ご飯茶碗や湯呑みや箸などは、自分の器を決めていませんか?
飯碗だけの方も、湯呑みや箸だけという方も、
全部という方もおいでになることでしょう。
でも、どれも決めていないという方は、
案外少ないのではないでしょうか。

mc08.jpg


ぼくもご飯茶碗も、箸も、湯呑みも、マグも、グラスも、お弁当箱も・・・・、
どうでもいいものまでもっとあるけど。
ともかく、こんなに自分の器を決めて使う習慣は、
世界の中では珍しようです。
もちろん、日本の“うつわ環境”が良いのだとは思うのですが、
それにまして、“うつわ好き”の人々なのでしょうね。


*前に”みんながマイボウルを持っている”でも書きました。
参考にしてください。

やきものが日本中どこでも手に入りやすく、
漆器もあったり、定住しているから管理も楽ですし、
その上、近代では、洋食や中華や、近年などはエスニックと、
料理も食材も、気が多くて、楽しんでいて、
結果、身近な“うつわ”の種類も自然に多くなる。

そんな環境でいて、しかも自分の器を子供の頃から使ってきていますから、
当然“うつわ好き”の分布確率が高くなる・・・はずなのですが・・・。
最近ちょっと怪しいかも。
“うつわ屋”の危機です。

サービス残業しての家路、
超明るいコンビニ誘われて、
ジャンクフードに季節限定弁当と清涼飲料を手に入れて、
家に戻って・・・・チーン。
そのまま食べれば“うつわ”はいらない・・ですよね。

って、何でも食べたいぼくなので、
たまにはやって見たくなるから・・・・、
気持ちはわからないわけではないのですけど。
でもでも、洗わなくでもいい軽便さもわかるけど・・・。
“うつわ”の手応えや、質感は、食べるとい嗜好の一部と言ってよいと、
そう思っているぼくには、とても寂し。
そう思う方が減ってきているのかなー。

mc14.jpg



まぁー手仕事の作り手とその制作量から考えれば、
それらを使ってくださる方の割合は、
そう多くなくでも良いのでしょうけど、
やっぱり日本人なら、飯碗と箸と湯呑みやマグぐらいは、
自分の器を持って欲しいなーと、
“うつわ屋”は思います。
            甘庵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/124-9b61e37a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)