FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

抜群の使い勝手

抜群の使い勝手
角掛政志さんの皿鉢は、
和の要素が強く感じられる器ですが、
これがどうして洋でも中華でエスニックでも、
なんでもござれ。

tunokake777.jpg
粉引鉢 4515円 径14.3cmH3.5cm

適度な深さは、汁やスープがあっても使いやすく、
見込みの底部分が、ゆったり平らなので、
具材の納まりがよく盛りつけがとってもしやすいんです。

tunokake782.jpg
片口鉢 4,200円 径20cmH5cm

tunokake780.jpg
粉引片口鉢 4,515円 径18cmH6cm

そして、盛り映えがします。
幅広い料理をしっかり受け止め包み込み、
存在感が有りながらも、品がある表情で、
料理をより美味しそうに演出してくれます。

tunokake808.jpg
鉢 5,250円 径26cmH5cm

しっかり焼けているので、丈夫な上に、
粉引でも灰釉でも、染みたり匂いが付くことがなく、
洗うのも気が楽です。

と、言うことなしの使い勝手が良いといえる器です。

                   甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

年末年始

クリスマスのローストビーフもお正月のおせち料理も盛り甲斐がありそーですね

  • 2008/12/18(木) 23:44:52 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1249-02afb0ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)