FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

さりげなく鮮やかに

角掛政志さんはロクロで作り出した仕事は、
ロクロが達者なだけではなく、センスです。
センスが光っているからの結果です。

tunokake771.jpg
長皿 5,250円 W35cmD13cmH3.8cm

それは角掛さんの個性を器作りの中に、
スムーズに発揮されています。
タタラ作りの器には、
ロクロとはまた違った味わいを表出させています。
むしろ、角掛さんの持つ創作エネルギーは、
ロクロ挽きの器よりも、大きく放出している感があります。

tunokake770.jpg
角リム小皿 2,100円 □14cmH2cm

皿でも、花器でも、共通して感じ取れるのは、
土の持つ柔らかく伸びやな可塑性を、
フルに取り入れて、自由な表情を生み出している点でしょう。

tunokake772.jpg
正角皿 5,250円 □22.5cmH5cm

さりげなく鮮やかに作り出されていて、
角掛政志さんの感性をくみ取りやすい、
やきものになっていると思います。

                 甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1250-b560e5ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)