FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

自分の器1 

ぼくが自分の器をはじめに持ったのは、
きっと飯碗だったと思う。
たぶん瀬戸物屋さんといわれたお店で、
たくさん並んでいた、子供用の茶碗の中から母が選んだのだと思う。
動物やヒコーキの可愛い絵があったように記憶しています。

皆さんも日本人は大なり小なりこんな始まりで、
自分の器を持ち始めたと思います。
ぼくの子供の時から半世紀が経った今も、
素材や形が違ってもその習慣は、
まだまだ、残っていると思います。
そのためか、成長しても、暮らしを変えても、
独立しても、きっと自分の器を持ち続ける方が多いと思います。

mc93.jpg


その中でもやはり自分の器の王様は飯碗ではないかな。
パンやパスタやうどんやそばやシリアルなど、
主食というか、炭水化物はいろいろあるけど、
やっぱり日本人の大多数の方がご飯が中心でしょう。
となればやはり飯碗。
それも自分の飯碗。
当然、子供の頃から培った好みがはっきりしてきて、
自分で選択が出来るようになればなおのこと、
より自分の好みが出来ることでしょう。
大きさからはじまり、形、素材感、色、口当たり、手に持った感触や重さなど、
まさに千差万別。

mc05.jpg


先に書いた瀬戸物屋さんの瀬戸物の茶碗は、
明治に入って鉄道の普及と重なるようにして、
日本中に広がったいき、
多くの人々が憧れだった、やきもの(半磁器や磁器)の茶碗で、
ご飯を食べれるようになったそうです。
それまでは、簡単な漆塗りか、
木地のままが中心の椀で食べていたそうです。
当然使うことで、染みて汚れていくのですから、
いつまでも変わらない白い飯碗は、
憧れだったのでしょう。
灯心の明かりが、ランプになり、ガス灯になり、
電球に変わっていく暮らしの中の明るさと平行するように、
明るく華やかで、変わらない“うつわ”へ、
気持ちは移行していったのでしょう。

mc01.jpg


暮らしや好みや嗜好で選択の幅の広い、
今のぼくらには想像できませんね。
染め付け、白磁、粉引き、赤絵、刷毛目、絞り手などなど手法も多様。
磁器や陶器や漆器と素材も様々。
形も大きささも、約束もなく自由に選べます。

味覚の秋中でも、新米の美味しい季節になりました。
さて、あなたはどんな飯碗で新米を食べますか?
                 甘庵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/126-387d1d3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)