FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

片口鉢いろいろ

光藤佐さんが、料理も達者というお話しは、
昨年の個展の時にもご紹介しました。
その腕前や食いしん坊なところが、
器作りにしっかりと反映していて、
使いやすく盛り映えする器を作ってくれます。
今日ご紹介する片口鉢もそんな一つです。

mitufuji933.jpg
黒釉片口鉢 10,000円
黒釉片口鉢 6,500円
黒釉片口鉢 6,000円


口があることで、アンシンメトリーな形が、
客付き(正面=器の方向)出来てきて、
非対称形は温かみや近親感も持ちやすい姿の器です。

mitufuji0020.jpg

粉引片口酒注 12,000円

また、多用な器であって、
適量までは片口本来の注ぐ器としても使え、
大きさにより様々な料理が盛れて、
盛りつけた時に愛嬌のある姿に納まることなどから、
片口大好きな方、多いと思います。

今回は黒釉と粉引の片口が数種、大きさ違いで、
届いて降ります。

mitufuji022.jpg
粉引片口鉢 7,000円

柔らかで穏やかな表情の粉引片口鉢は、
使い込むことで表情がしっとり落ちついでくる、
料理を選ばず、日常の器ぴったりです。

mitufuji0019.jpg
黒釉片口鉢6.5寸 7,000円
黒釉片口鉢5.5寸 5,000円
黒釉片口鉢4.5寸 3,800円


凛とした表情をもつ黒釉の片口は、
盛りつけた料理にもメリハリを生み出す、
料理の腕前をワンランクアップに感じさせる、
お助け器です。

大まかには定番的に、光藤さんらしい形ですが、
大きさや表情はどれも一つずつの器です。
手にするのは、出会いと縁ですから、
数の多い個展のときにこそ、
お気に入りと出会えるチャンスも多いです。

                 甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1262-ace57923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)