FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

追加作品と雪のたより

帰宅された光藤佐さんから、
無事に着いたというメールに、
「まず雪かきをしないと家にたどり着けないです」と、
あったので「遭難しないように」とおどけてレスをしたら、
「今日荷物が着きます」というメールの画像が添付されていました。

090114_0900~0001

090111_0857~0001

う~ん・・・たしかに綺麗な雪景色です。
銀花に来てくれているときには、
「全く雪は積もっていません」と伺っていたから、
戻られた光藤さんが一番びっくりだったかも。

追加で届いたもので、
目新しいものを2種ご紹介します。

mitufuji0057.jpg
呉須赤絵飯椀 4,000円 径11cmH5cm

呉須で大胆描いた後へ、赤絵でさらに力強く絵付けをした、
なんだか元気のでそうな飯椀です。

mitufuji0058.jpg
絵唐津筒湯のみ 3,000円 径7~7.5cm H9cm

ちょっと渋いですが、
しゃっきりした鉄絵は、
渋ハデな要素がある筒湯のみです。

元々、絵が達者な光藤さんですが、
絵付けのある作品はこのところは少なかったので、
ちょっと新鮮です。
浮ついていない絵付けなので、
ハデでも渋くても、使って見たい器です。
  
               甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1265-db8ea6f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)