FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

スタッキングと入れ子

長いと思っていましたが、
光藤佐さんの個展の会期も明日1/17(土)6時までとなりました。
気になられていながらも、来店頂いていない方は、
巡回展に合わせてアイテムも補充したので、
是非ご覧になってください。

今日のお話しのテーマは「器の収納」に関わるお話し。
器のなかでも、身近で使う器は、日々の出し入れします。
食器棚の大きさには限界があるのですから、
うつわ好きとして、収納性能は大きな課題です。

どんなに魅力的でも、場所をとる器には苦労します。
晴れの器の「向付」などであれば、まだしも我慢できるのですが、
お気に入りで、ついつい使ってしまう日常の器であれば、
収納のしやすさは、器選びの大切なポイントです。

日本では奇数が好まれたため5客を、
洋の器としてなら6客を、
揃える方が多かった時代もありますが、
近年は、自分たちのためにこそ、
お気に入りを使ってくださるお客さまが多くなって、
家族数・・・それも核家族になっているので、
揃えたい器でも2ないし3客というお客さまが平均になりました。

それは無駄なスペースもとりたくないという、
心持ちも大きな要素だと思います。
そこで器として大切な要素が、
スタッキング=積み重ねです。

このお話するのに光藤さんの器はいい画像を提供してくれます。

mitufuji0060.jpg

どうです。
きちんと無駄なく納まり良く重ねられます。
背の高いちょっと重なりそうもないようなカップでもこの通りです。
mitufuji0063.jpg


もう一つ。
器でも、とりあえず一つ欲しい。
大きさ違いがあると便利。
一人暮らしだから一客ずつ。
などと言うときに収納には、入れ子が便利。
鉢でも、

mitufuji0061.jpg

片口でも、
mitufuji0062.jpg

皿でも、
mitufuji0059.jpg

お気に入りの器を上手に使い暮らす工夫に、
スタッキングと入れ子は有効な収納の知恵になります。

                 甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1267-c176565d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)