FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

男の器

光藤佐さんの個展も最終日となりました。
今日は酒器のお話しをさせて頂きます。
前々から酒器は上手かった光藤さんですが、
このところは一段と良い仕上がりを見せています。
技術的なこともですが、遊びゴコロというか、心意気というか、
趣の深い、酒を楽しみたくなる逸品ぞろいです。

小さな器に、時間と手間を掛けて、
作り出されたぐい呑みや酒器は、
価格にも反映するので、
ある意味無駄ではあるのかもしれませんが、
その当たりを嗜好として楽しめるのが、
男のたしなみ、男の器なのではと、
思ってみたいものです。

mitufuji939.jpg

貫入が美しいぐい呑みや片口は、
使いこむことでより深い味わいが滲む酒器に、
育てていくことを楽しめます。

mitufuji941.jpg

白磁や黒釉は一見変化のないように感じますが、
実は、思いのほか変わるもので、
肌合いがしっとりとしてきて、
手に馴染んで来るものです。

あまり合理的ではない嗜好なところが、
酒器の楽しみとなるので、
基本は独りよがりの自己中の楽しみというところですが、
人様には迷惑をかけませんので、
男の楽しみとして、ご理解ください。

               甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

雪の季節ですね

この間の寒波では結構降ったところが・・・Tさんとこもかな。
今年も頑張って良い器をご紹介していきますので、
よろしくご贔屓にお願いいたします。
          


好きな物に出会うと、極寒の冬を一瞬忘れちゃいます。(遅くなりましたが)本年も、楽しませて頂きますね♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1268-462f2349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)