FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

寄り添う内裏ひな 1

今日はもともと現代彫刻を作っていた、
道楽かん工房の真鍋芳生さんの、
張り子のおひな様をご紹介します。

おひな様に心挽かれる魅力に、
それぞれの表情や姿で仲良く寄り添うところが、
あると思います。
真鍋さんのおひな様からも、
いかにも仲むつまじい様子が伺えます。

09doll223.jpg
春待ちびな 3,990円
そっと守るように凛々しく立つお内裏様
しとやかな姿のお雛様。

09doll256.jpg
むらさきひな 4,620円
低めでゆったりした姿で、
安心や安定といったイメージが、
浮かんでくるおひな様。

09doll227.jpg
桃花ひな 6,300円
男雛女雛ともに、
桃花の衣装を纏った華やかなお雛様。

何枚も和紙を重ねて作られた張り子に、
胡分の下地を施し、和絵の具で彩られた、
真鍋さんのおひな様はどれをとっても、
ともて気品のある顔立ちをしています。

          甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

レディファースト

雛人形はお内裏様もいるのに雛人形とは女の子の桃の節句だからなんですね雛祭り

  • 2009/01/26(月) 21:36:05 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1274-dd9be412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)