FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

不思議動物人形

今日で「四季をめでる人形展」も最終日になりました。
締めくくりにご紹介するのは、
不思議な動物たちです。
いそうでいないような・・・。
怪獣のような・・・。
でも憎めない、どこか愛嬌のある人形たちです。

09doll261.jpg
野波 実
青白磁動物水滴 4,000円
径6~8.5cm高さ7cm


これは水滴なので中空です。
ロクロで挽いて、本体を作り、
細かな作業で顔や手足を付けて組立てています。
それぞれに、動物の元はあるのでしょうが、
絵本のように、楽しくアレンジしているところが、
無条件に可愛い姿に出来上がっています。
ぼくには、コーラスしているように見えます。

<09doll487.jpg
灰釉動物香立て 4,800円
W15cmD5cm高さ6cm


一見怖そうな目つきの悪いこの人形は、
光藤佐さんが作ってくれました。
香立てですが・・・単純にこの姿を作りたかったのだと思います。
不思議とこの強面の怪獣のような人形は、
「きゃぁー怖い~」なんて言いながらさわる女性が多いのは、
怖い物見たさっていうだけでなく、
どこか惹きつけるものがあるのでしょう。
「魔除けにいいですよ」と、
お伝えしています。

四季のあるぼくたちの国で、
風土に合わせた、節句やお祭りを楽しむように、
手でつくられた小さな人形で、
移り変わる四季をめでるのは、
なかなか楽しものです。
                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

節分

節分の鬼も怖かわいいけど光藤さんのも怖かわいい

  • 2009/02/03(火) 20:11:54 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1281-638b8949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)