FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

灯すと広がりが・・・

今日から「あかり展」がはじまりました。
銀花の照明をいつもより暗めにして、
あかりと灯すと、いつもとは違う銀花になります。

09lamp492.jpg
グーズネックスタンド 36,000円
吹きガラスシェード:巳亦敬一
銅打ち出しフランジ金物:堀内繁樹
支柱真鍮パイプ、ベースは真鍮ヘラ絞り
E17電球 最大40W


毎年開催していて、毎年その違う広がりに、
感じいり、心地の良さに浸っています。

現在届いているのは、巳亦敬一さんの吹きガラスの、
シェードが下を向いたタイプのグーズネックスタンドと、
シェードが上を向いたタイプのアッパースタンドです。
どちらも、フランジ(シェードの受け台部分)は、
金工家の堀内繁樹さんに作っていただいた銅打ち出しです。

09lamp490.jpg
アッパースタンド 35,000円
吹きガラスシェード:巳亦敬一
銅打ち出しフランジ金物:堀内繁樹
支柱真鍮パイプ、ベースは真鍮ヘラ絞り
E17電球 最大40W


これもいつものことですが、
シェードも打ち出し金物も、
あえて一つずつ、違う表徐で作っていただいているので、
同じ物が一つもないスタンドです。

台座部分は、厚さ1mmの真鍮板をヘラ絞りで加工して、
支柱は同じく真鍮の10mmのパイプで、
どちらも塗装をせず、使うことで、
深い色合いに変わって行くことを楽しむようにつくりました。
日常の使い方でしたら、錆びることはありません。

落ち着いた色合いに侘びていく金属と、
簡単に外せて器のように洗えいつも綺麗はシェードが、
明るくて、味わい深い照明器具です。

               甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1283-5dcb4e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)