FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

器とシェード

荻窪銀花でご紹介する照明器具のシェードは、
吹きガラスで、一つずつ作られているお話しをしましたが、
いつも作っていただけるのが、巳亦敬一さんと、荒川尚也さんです。

それぞれ、今年も個展を予定していて、
それも多くのファンの方が楽しみになさっています。

器が魅力的であるからこそ、
その技を使って、光を灯すことで、
ガラス本来の特性を最大限にいかせる、
シェードを作っていただいています。

09lamp566.jpg

不透明で、ガラスとしては渋目の色合いの、
巳亦さんは、器でも特徴のトンボ玉をはめ込んだ演出や、
フロスト加工をしたりと、じつに様々な表情を見せてくれます。

09lamp567.jpg

澄んだ素地に、煌めく泡が美しいガラス器を作る、
荒川さんは、光を灯すことで、特徴の泡が、
より鮮明に素地のなかで煌めき、輝き、
渓流の水しぶきや、氷の塊などを連想させてくれます。

それらを引き立て、存在としてしっかり受け止める、
金属の仕事があって、照明器具として、
美しくまとまっている仕事です。

              甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

セット

ガラスの器とガラスのシェードおそろで揃えたらおしゃれでかわゆい

  • 2009/02/16(月) 21:57:33 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1292-cbb073b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)