FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

切れ抜群 2

鶴見宗次さんの片口は、
手ひねり独特の優しく暖かい姿と、
焼きし待った土肌から、
盛りつけが映えて、器ととしての人気があります。
でも、本来の目的の片口としても、
抜群の切れ味や、酒の肴になる存在感を持っているので、
左利きに方(お酒好きの意味で書きましたが、サウスポーも可)
にお薦めの片口です。

09turumi686.jpg
片口 3,150円 径10.5cm 高さ7.5cm
容積180cc


辛口甘庵(酒のほうではなく口が悪い方)が店主の荻窪銀花では、
きれ悪いと、片口型の器でも片口とは表記しません。
片口鉢(片口に姿をした鉢)としています。

09turumi684.jpg
片口 5,250円 W17cmD12cm高さ8cm
容積400cc


その点、鶴見さんのは、
盛り鉢や小鉢に使い頃の器でも片口としているのは、
どれをとっても、「すぱっ」と切れます。

09turumi737.jpg
片口 4,200円 W14cmD9.5cm高さ8.5cm
容積300cc


形大きさの好みはそれぞれですが、
やきもの好きには、片口自体が肴になり、
手酌で頂くには、実に頃合いの片口ばかりです。

             甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1309-ebf538f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)