FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

手あとの美しさ

鶴見さんの器の魅力をあげるなら、
まず一番にロクロを使わないで手で生み出された、
手あとの美しい形です。

09turumi773.jpg

それはとても、有機的な表情で、
ぬくもりや柔らかさを持っていると同時に、
しっかりと焼ききったやきものとしての強さやシャープさも、
兼ね備えています。

09turumi680.jpg

世の中の厳しさから、
エコや、能率が必然とされているなかで、
エコとは言い難い部分もあり、
また生産能率は高いともいえません。

09turumi666.jpg

それでも、作り出された器を気に入ってくださる方が、
求めていただき、毎日のように使われ、
飽きることなく長く身の回りで役立って、
生産能率を使う時間や回数で割れば、
消極的ながらもエコになりますし、
それよりなにより、使うことで料理が美味しく、
食卓が和み、心がほっとする器であるからこその、
数字では表れにくい、得るものがあると確信しています。

09turumi677.jpg

それはすべて、鶴見さんの人柄を写しとれる、
手でひねりだした器を、しっかりと焼ききっているからこそなのです。

                  甘庵

ブログ村はなんと1位に!!
ランキングアップは皆様のクリックのおかげです。
とても励みになります。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1320-c8216f8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)