FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

お話し会Q&A その5

今日も引き続き、手仕事の器へのQ&Aを、
ご紹介します。
Q:漆器の使い方と洗い方は?
A:やきものやガラスを基本は同じです。
漆器は木の素地に使いやすくするために、
漆をなんども塗って仕上げてあります。

oota874_20090327191643.jpg

素地が木ですから、断熱性能が良く、
暖かい料理が冷めにくい器です。
当然熱い液体にも十分耐えられる器だからこそです。

oota625.jpg

漆器は、塗装してある器です。
塗装は樹脂ですから、堅いものが苦手です。
箸の文化での器ですので、
金属のナイフやフォークやスプーンは避けましょう。
洗うときには柔らかいスポンジに中性洗剤で洗い、
良くすすぎ、水切り籠などに入れず、
タオルや柔らかいリネンで拭き上げてください。
やきものの高台などはとても堅いので、
傷が付く原因になります。

*洗うスポンジ等は、ご自分の手の甲を擦って、
痛くないようなものを使ってください。

oota853.jpg

食洗機は避けたほうが良いでしょう。
もちろん、電子レンジもオーブンも、
中身が木なのでいれないでください。

漆器の選び方の目安をいくつかあげてみます。
売り場で匂うものは避けた方が良いと思います。
漆器は塗料です。
乾いた状態で、販売しますので、
塗り立てでなければ、そんなに匂うことはありません。
作り手などがはっきりしていること、
一生懸命に作りあげても、使っている事故があるかもしれません。
(ちょっと傷つけてしまった・落としてチップしてしまった)
状況によっては、修理ができます。
もちろん、手間分の代金が必要です。
そのときに、作り手に直していただくのが一番です。
そのために作り手がわかっている出会いをしてください。
  
             甘庵

ランキングアップは皆様のクリックのおかげです。
とても励みになっています


人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1331-9ed2bd87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)