FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

爽やかな器

明日から「野波 実 心おだやかになる器 展」が、
4月10日(金)~27日(月) 荻窪銀花で催されます。
満開の桜が舞い散り、芽吹きだした柔らかな緑の季節のイメージに、
ぴったりの爽やかな器の企画展です。

nonami679_20090409092948.jpg

蹴轆轤(けろくろ)から引き出された、
柔らかな姿の白い器が並びます。
青白磁、白磁、マット白磁は、
それそれ微妙に異なる色合いや質感は、
磁器とは思えない、ぬくもりのある肌合いを持っています。

nonami628.jpg

蹴轆轤のゆったりした回転が映りこんだ、
伸びやかな指あとが、とても魅力的です。
この指あとを、消すことなく、
蹴轆轤で挽き上がったばかりの瑞々しい質感が、
そのままの残った器になっています。

nonami677_20090409093144.jpg

土を選び、釉薬を調合し、蹴轆轤で挽くことで、
野波さんの人柄を感性がそのままの活かせています。
料理が盛り映えする、使いやすい、お薦めの器です。

                    甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1342-a2ef917d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)