FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

万能器片口

片口は液体やつかみにくいものを移し替える器ですが、
左右非対称な姿に惹かれる和の美意識が、
ぼくらのDNAにあるようで、人気の高い器です。

野波実さんも、蹴轆轤で挽いた柔らかなフォルムをいかした、
魅力的で使いやすい片口を大小作ってくれています。

09nonami093.jpg
大きさも形も釉薬もそれぞれの片口です


09nonami095.jpg
マット白磁片口小鉢鉢 2,000円
径10.5cm高さ4.5cm

ちょっと取り鉢、ちょっと小付け、ちょっとドレッシング・・・と、
何かと使いやすい大きさで片口なので、
用途もいろいろ使えます。


09nonami094.jpg
白磁片口小皿 1,800円
径9.5~10cm高さ3cm

珍味をもるにも、薬味やつけダレにもよさそうですね。


09nonami018.jpg
奥:白磁片口鉢 4,000円
径13.5cm高さ6.5cm
手前:青白磁片口鉢 4,000円
径14cm高さ6.5cm

酒を注ぐも良し、肴を盛るも良し・・・。
煮物もサラダも・・・。

09nonami020.jpg
奥:白磁片口鉢 6,000円
径17.5cm高さ8.5cm
手前:青白磁片口鉢 5,000円
径1 6cm高さ7cm

このぐらいの大きさでもしっかり注げます。
たっぷり入るので3~5人家族なら、
一緒盛りに良い大きさです。

09nonami021.jpg
マット白磁片口鉢 5,000円
径16.5cm高さ6.9cm

マット白磁は、艶が少し消えているのですが、
使い込むとしっとり艶やかになっています。

片口は注いでも盛っても使える万能器です。
磁器は、匂いや汚れのしみこみもないので、
少々乱暴な使い回しをしても、気になりません。
伸びやなロクロ目が綺麗な野波さんの片口は、
使いやすく、便利な上、温かみがあって飽きのこない器です。

                甘庵
ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1346-f44755df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)